【本当の自分を生きる自分発掘家】一蓮 真音


消防を5年間勤めたのちに、青年海外協力隊としてジャマイカへ。
帰国後、本当にやりたいこと・使命を生きたいと上京し、完全歩合制の営業を始める。

26歳の時、1人目のメンターの言葉が強烈に心に刺さり、謎の涙が止まらず、その瞬間から現実が大きく変わるのを体験。

2人目のメンターに師事している時、起業しようとするが、やる気は満々なのに何故か体が動かず、激しく抵抗しているのを体験。

その時、1人目のメンターの時の謎の涙を思い出し、

「感情がこの現実のキーだ!

感情を創る思い込みを変えないといけない」

と明確に細胞レベルで悟る。

それから、思い込みを変えるためにヒプノセラピーやインナーチャイルド療法、タッピングなど、世に出ているあらゆる方法を試すが、どれもうまくいかない日々が3年間続く。

途方に暮れていた時に、4人目のメンターと出逢わせていただき、毎日頭が割れるほどの涙の連続で、現実がどんどん変わっていく。

現在は、過去の自分のような、生きづらくて内心は苦しくてたまらず、本当の自分を生きたい方に向けて情報を発信しています。 

 
【真志命】 存在するだけで価値があることを本気の生き様で示す 

【HP】 命を生きる