読谷村で垣間見れた2ステップマーケティング

ビジネスはすべからく、社会貢献(or人助け)であるべし!

 

立志財団沖縄志部では、そのように考え、

沖縄で起業したい方を応援しております。

 

私たちがすべての答えを持ち得ているのではなく、

折に触れ縁に触れ、学びや気づきを頂きながら、

ご縁のある方々と起業家として成長していきたいと

考えております。

 

私事ではありますが、先日、読谷村の座喜味城跡

お邪魔しました。

 

ライトアップを見たかったからです。

こんな感じ(↓↓↓)でした。

 

 

 

座喜味城は、

「築城家として名高い護佐丸が築いた先進的な建築技術と、

見事な曲線が美しい『続日本100名城』に選ばれた世界遺産」

と謳われています。

 

 

世界遺産だから、入場料が必要かな、と思っていってみると、

なんと、無料で入れます。

 

そして、それはライトアップの時も同じです。

 

観光する側からすると、ありがたいお話ですが、

ビジネスという観点で考えると、「?」となります。

 

何の意味があるの?

 

いかがでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

 

以下、記載するのは、あくまで分析と推察でして、

読谷村の方に裏どりをしたわけではありませんので、

「一つの意見」と言う形でお読みください。

 

普通に考えたら、世界遺産だから、

入場料を請求してもよさそうなものを。

 

更に、費用をかけて、ライトアップまでして。

 

一体、なぜでしょうか?

 

 

 

 

これは、

「2ステップマーケティング」

であり、

「フロントエンド・バックエンド」

の考え方を知っていると、よく理解できます。

 

フロントエンドは、集客用商品。

バックエンドは、本命商品。

 

フロントエンドは、集客が主となるため、

利益は(場合によっては)度外視になることすら、あります。

 

バックエンドは、利益が主となりますゆえ、

単価が高額です。

 

そこで、

先のフロントエンドで集客できたお客様に集中的に

販売していくものです。

 

 

上記の座喜味城のことに当てはめると、

「無料で入れる世界遺産」

「無料のライトアップ」

は、フロントエンドです。

 

無料だから、多くの方来やすいです。

そして、一度来た人を、見込み客と考えているようです。

 

※「読谷村=自治体」であるため、

本記事で言うところの「見込み客」とは、

「読谷村で消費をする人」となります。

 

実際、こんなキャンペーン(↓↓↓)もありました。

 

dav

 

インスタにハッシュタグをつけて投稿すると、

プレゼントが頂けるというキャンペーンです。

 

この「インスタ+ハッシュタグ」は、

今のご時世ですと、とても強力です。

 

「インスタ+ハッシュタグ」は、

投稿する方は無料で投稿でき、

その結果、自尊心を満たすことができます。

 

投稿される読谷村さんから言うと、

お客様が、誰に言われることもなく、

広告を出してくれているということになります。

 

 

読谷村さんは、リゾートホテルも多く抱える

観光地。

 

プロ野球のキャンプなども行われます。

 

しかも、日本で最大人口の村だそうです。

 

 

そんな、ポテンシャルのある読谷村さんの

2ステップマーケティング(と思われる取り組み)を

ご紹介しました。

 

 

今回の内容がお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も読んでくれて、ありがとうございました。