あなたの起業を成功に導く、正しい企画の立て方

起業や副業だけでなく、ビジネス全般において、

企画を正しくたてることが成功のカギを握ります。

 

そんな大切な企画の立て方、あなたはご存知でしょうか?

 

「企画」と言う言葉は知っていても、

その作り方を正しく知ることは、あまりないかもしれません。

 

そこで、今回の記事では、

「ビジネスを成功に導く、正しい企画の立て方」

をご紹介します。

 

まず、企画というのは、

ビジネスの設計図にあたるとご理解下さい。

 

正しい設計図がなければ、

どれだけ一生懸命、時間と労力をつぎ込んでも、

望むべき結果は絶対に出ません。

 

では、どうやったら、その企画を正しくたてられるのか?

 

インスピレーションやひらめき、

思い付き、天才的な発想を否定はしませんが、

ここでは、誰でもできるやり方をご紹介します。

 

次の3つのことを、

「明確にして」

「整合性を整えて」

「修正を繰り返す」

ということが、正しい企画作りとなります。

 

その「3つ」とは、

「A:誰に」

「B:何を」

「C:USP」

という3点です。

 

それぞれの詳細は別途ご紹介します。

ここでは紙幅の関係で、概要をご紹介します。

 

「A:誰に」は、お客様(の悩み)です。

あなたの商品・サービスに対して、

「お金を出してでも欲しい!」

と感じるのは、どんな方でしょうか?

どんなにいい商品・サービスでも、

全人類には、なかなか売れません。

あなたの商品・サービスの価値が本当にわかる方だけに、

専念した方が、望ましい結果をもたらします。

 

「B:何を」は、あなたの商品・サービスです。

あなたがお客様に提供する価値は、

一体なんでしょうか?

灯台下暗し、と言いますが、

あなたの商品やサービスの良さを、

実はあなたが過小評価していることは

たぶんにあります。

 

「C:USP」

Unique Selling Propositionの略です。

独自の売りとか、お客様に選ばれる理由とかです。

あなたのビジネスは残念ながら、ライバルがいます。

そのライバルと比べられたときに、あなたが選ばれる理由です。

 

この3つを、

「明確にして」

「整合性を整えて」

「修正を繰り返す」

ということが、

正しい企画作りとなります。

 

なお、この、

あなたのビジネスを成功に導く正しい企画のことを、

立志財団では、「コアコンセプト」と呼んでいます。

 

これは、

記憶喪失になっても忘れてはいけないほど、

ビジネスの成功には不可欠な大切なものと言われます。

 

ですので、この財団の記事では、

「コアコンセプト」という言葉が沢山出てきます。

 

是非、正しい企画の立て方を知って、

あなたのビジネスを成功に導いてください。

 

立志財団では、あなたのビジネスの成功を

応援しております。

 

最後に、この記事をアップする日(2020年8月6日現在)の、

立志財団からのお知らせをご紹介させてください。

 

下記が、あなたのビジネスのお役に立ちましたら、

うれしく思います。

 

★ーーーーーーーーーーー
立志財団イベントスケジュール
ーーーーーーーーーーー★

●8月17日(月)19:00-22:00
志ある起業家のビジネス実践会【立志実践会】
詳細・お申し込み:https://mail.omc9.com/l/02g0cm/VnMttoXP/

●8月21日(金)19:00-22:00
あなたの起業の答えを見つける!【立志実践会 品川アイデア志部】
詳細・お申し込み:https://mail.omc9.com/l/02g0cm/Se2Wcr3A/

●8月28日(金)19:00-22:00
お金の増やし方と守り方をゲームで楽しく学ぶ【マネープランナー講座】
詳細・お申し込み:https://mail.omc9.com/l/02g0cm/ZFAFKobQ/

●●●
すべてのイベントスケジュールはこちらから確認できます。
→ https://mail.omc9.com/l/02g0cm/2JKAXCqW/
●●●

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。