Uber Eatsが初上陸した沖縄のビジネスの今後を考えよう!

Uber Eats 、沖縄初上陸!

 

2020年8月25日予定でしたが、

台風の為、延期となり、26日の繰り越しスタートとなりました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

Uber Eatsは、宅配サービスです。

 

特筆すべきは、

各店舗の従業員が配達をするのではなく、

配達の仕事をしたい人が、その仕事を請け負うというものです。

 

アプリを通じて、

「配達してほしい人(お客様)」

「宅配で料理を提供したい人(お店)」

「配達の仕事をしたい人(配達人)」

をマッチングさせるという点が、

斬新です。

 

もともとは、アメリカのタクシー配車サービスの

Uberから始まったそうですが、

 

その応用で、今や、市場に歓迎される

サービスの一つとまで、Uber Eatsは

認知されるようになりました。

 

さて、この記事を読んで、

沖縄で起業したい!

経営を頑張っている!

ビジネスでもっと成果を出したい!

という、あなたは、

どのように感じましたか?

 

感じ方は、人それぞれでもちろんOKです。

決まった正解というものもありません。

 

一つの参考として、今回ご紹介しますと、

「初上陸」

と言う記事は、

「市場軸」

の勉強になる

と言うことを、知っていただくと、

あなたのビジネスのお役に立つかもしれません。

 

「市場軸」とは、

「自分軸」に対する言葉で、

 

「やりたいこと」

「自分の才能」

「自分にできること」

「自分軸」

であるのに対して、

 

「市場軸」

は、

「今のトレンド」

「儲かりそう」

「流行りそう」

という、お客様目線のことです。

 

この2軸には優劣はなく、

「自分軸」「市場軸」の交わるところで、

ビジネスをするのが、

成功の鉄則です。

 

と言うことは、

「自分軸」だけでは、どれだけ、あなたが

「いいものだ」と思っていても、

悪い表現で言えば、独り善がりとみなされかねないのです。

 

「いいものだ」と思う気持ちは、

あなたのビジネスの成功には不可欠ですが、

そこに

「市場軸」

というアクセントを掛け合わせることで、

はじめて、ヒットするビジネスとなります。

 

と言うことは、

ある程度の「市場軸」の勉強は必要です。

 

その一環として、今回の記事は、

とても勉強になります。

 

「初上陸」

と言うことは、

「内地や海外では、それ相応の高い評価を得ているサービス」

「高い評価の理由は何だろう?」

「従来のサービスとの違いは何だろう?」

「このサービスの特徴は、他のビジネスにも活用されていないか?」

「自分のビジネスにも、活用できないか?」

という観点で見ると、

新しい学びや気づきがあります。

 

一例を挙げますと、

「手軽にお金を稼ぎたい人が沢山して、

 その方々のリソースを活用すると、

 もっとビジネスが加速できそう」

とか、

「アマゾンプライムとUber Eatsがあれば、

 休日は自宅から出なくて済みそう。

 と言うことは、

 ”敢えて自宅から出る”サービスを提供するか、

 ”ますます自宅から出なくても楽しめるサービス”を

 提供するか、考えてみよう」

とか、ご自分のビジネスの次の手立てを

具体的に考えるヒントやきっかけになります。

 

このような「初上陸」という記事は、

「市場軸」の勉強という点で、

とても参考になります。

 

ぜひ、あなたのビジネスの発展にお役立て下さい。

 

今日も、ここまで読んでくれて、

ありがとうございます。

 

最後に、この記事をアップした当日現在の、

立志財団からのご案内を、

ご紹介させてください。

 

★ーーーーーーーーーーー
立志財団イベントスケジュール
ーーーーーーーーーーー★

●8月28日(金)19:00-22:00
お金の増やし方と守り方をゲームで楽しく学ぶ【マネープランナー講座】
詳細・お申し込み:https://mail.omc9.com/l/02g0cm/ZFAFKobQ/

●●●
すべてのイベントスケジュールはこちらから確認できます。
→ https://mail.omc9.com/l/02g0cm/2JKAXCqW/
●●●

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

沖縄のビアフェスが、起業家のアイディアを育てる理由とは?

沖縄で起業をするのに、アイディアがない。

 

そうお悩みの方がいらっしゃるかもしれませんが、

諦めることはありません。

 

今の沖縄は、ある意味、

アイディアの宝庫、

なのかもしれませんので。。。。。

 

と言いますのも・・・・・

 

 

たとえば、最近(2019年6月25日現在)、

ビアフェスが流行っていませんか?

 

沖縄の代名詞であるオリオンビールさんも、

別ブランドを発表したり、

クラフトビールや、オリオンビール以外の

ビール会社さんが、

イベントをるようになったり、

それ以外にも、ビール以外のお酒のイベントも増えてきます。

 

この世のすべてには、

「すべての結果には必ず原因がある」

と言われます。

 

上記の例で申しますと、

ビアフェスが増えている(=結果)には、

必ず原因(=理由企業の狙い)があります。

 

この企業の狙いを考えることが、

今の沖縄ではしやすいのです。

 

目の前のビジネスの動き(=結果)には、

必ず原因(=理由=企業の狙い)があります。

 

それを考えようとすることが、

インプットにつながり、

あなたのアウトプット(=アイディアが沸く)ことに

つながります。

 

大きく動く、この2019年に沖縄にいることを

感謝しながら、

起業家として、成長なされることを、

心から祈念しております。

公設市場の閉店は、沖縄の起業家にとって、アイディアの宝庫!?

沖縄の起業家が、今ほど、

アイディアが沸きやすいタイミングは、

なかなかないかもしれません。

 

 

と、言いますのも・・・

 

 

牧志公設市場が、2019年6月16日をもって、

一時閉店となりました。

 

新しい市場を建設するためです。

 

昔からの市場を愛していた人たちにとっては、

喪失感を感じるかもしれません。

 

一方で、見方を変えると、

新しい歴史の始まりに立ち会えているともいえます。

 

今から未来の沖縄県や那覇市を創っていく私たちにとって、

大切なのは、

古きものに感謝しながら、

よりよい未来を創るために、今、何ができるかを

考えることではないでしょうか?

 

換言すると、

 

ここ沖縄の起業家にとって、

ビジネスを通して、

新しい未来を創り、

地域貢献ができるようになるチャンスです。

 

この時代の変わり目を活用できるのは、

起業家にとって、とても恵まれたことです。

 

立ち会いたくても、立ち会えない人がいます。

 

ですが、今、沖縄県や那覇市にいるのであれば、

リアルタイムで、その時代の変化を目の当たりにできます。

 

とても恵まれていることですよね。

 

ですから、このチャンスの最中に、

起業家として成長することが、

アナタも、お客様も、地域社会も幸せになります。

 

牧志公設市場の建て替えを例にとると、

こんなことが想定できます(※)

 

※あくまで想定ですので、確約ではありません。

最終的にあなたが採用するかどうかは、自己判断でお願いします。

 

【例1】物流の変化

セブンイレブンさんの台頭や、パルコさんのオープンで、

ただでさえ、物流は変わります。

どのように変わるのか、だけではなく、

この変化のために生じた新しい課題は?

という観点で、歴史の移り変わりを見ると、

ビジネスアイディアのヒントを多く得られます。

 

【例2】建設・建築・工事業界の変化

ただでさえ、人出不足の中、新しいホテルが

たくさん建てられています。

更に、そこに、大きな工事が発生します。

その業界や、業界周辺に、大きな変化と、

それに伴う課題の発生が想像できます。

その解決に対して、あなたが貢献できるのであれば、

そのアイディアは、大きな社会貢献になります。

 

【例3】観光客の変化

牧志公設市場は地域の方だけでなく、

観光客の皆さんにとっても、観光地として、

大きな存在感でした。

ですから、観光という観点ですと、

戦力ダウンですね。

しかし、だからこそ!

あなたが、新しい価値を、観光客の皆さんに

提供できるチャンスでもあります。

 

 

上記は、2019年6月20日現在の例であり、

その通りになるかどうかは、わかりません。

そこは、未来予想ということで、ご理解ください。

 

ただ、

この歴史の変わる瞬間が、

起業家としてのあなたのアイディアの宝庫である

あなたが理解することで、

 

沖縄で成功する起業家になれることでしょう!

 

あなたの沖縄での成功を祈念しております。

 

 

 

 

サンエーパルコさんが、沖縄にもたらすものは? 起業家にとってアイディアが沸くチャンスの到来!?

沖縄で起業をしたい方にとって、

2019年6月27日は、

沖縄の動きをウォッチしたい一日かもしれません。

 

 

ご存知の通り、サンエーパルコさんのオープン日。

 

 

今から、その日の渋滞が心配されています。

 

テナントにも、

沖縄初上陸の店舗もあり、

私たちに新しい価値が提供されます。

 

 

サンエーメインプレイスさんがオープンする前も、

おそらく、同じようなワクワク感が

那覇市を中心とした沖縄全体に

あったのではないでしょうか?

 

もともと、何もなかった新都心の土地に、

サンエーメインプレイスさんができ、

その周辺に人が住み、

会社ができて、

その人たちを相手にするお店ができました。

 

 

サンエーメインプレイスさんができたときの

前後の変化を知ることができなかった人でも、

今回は、同じような変化を間近に見ることが

できます。

 

 

その変化の中に生じるものは、

起業家としてのあなたには、

ビジネスアイディアが沸くチャンスかもしれません。

 

 

このオープンは、

生涯に経験できる人は、

決して多くはありません。

 

 

ぜひ、この時期に、

起業家のあなたの活動を加速させる

いいタイミングにしてください。

 

セブンイレブンさんの来沖がもたらすのは、ビジネスチャンス!? 起業家が成功するための未来予想!?

沖縄の新しい動きは、起業家にとって、

ビジネスチャンスとアイディアをもたらす

可能性が大いにあります。

 

 

新しい動きと言うと、例えば・・・・・

 

 

セブンイレブンさんの来沖。

7月11日に一斉オープン。

それから、250~300店舗まで増やすということです。

 

 

アナタは、このことを、どう考えますか?

 

 

起業家という観点で考えると、

新しい需要が生まれる所に、

ビジネスチャンスやアイディアの

ヒントがあります。

 

 

まず、今現在、

沖縄県にコンビニが500~600店舗、

すでに存在しています。

 

ローソンさんや

ファミリーマートさんですね。

 

コンビニは日本全国に、

約50,000~60,000店舗と言われています。

 

そして、沖縄県は、

100,000人に対して、約40店舗弱と言われます。

 

店舗数そのものは、30番目くらい。

(最大数は、東京の約7,500店舗)

 

100,000人に対してのコンビニ数は、

最下位から数えた方が早い順位です。

(1位は、北海道で、約57店舗くらい)

 

 

そう考えると、

後発ながら沖縄にも可能性を感じて、

出店をするセブンイレブンさんの判断は、

「なるほど~」

と感じます。

 

 

ただ、沖縄特有の事情を考えると、

「土地がそれほど余っていない」

「高齢者が多い」

「自動車社会」

「働き手が圧倒的に少ない」

「台風によるインフラへのダメージ」

「オーバーツーリズム」

と言うような課題が、

コンビニ市場の共通の悩みとなる可能性は

感じられます。

 

 

オープン前の6月19日現在でも、

そのようなことが「想定」できます。

 

 

更に、実際にオープンすると、

新しい需要や課題が出てくることも

容易に想像できます。

 

 

このセブンイレブンさんの台頭は、

新しいお店がオープンする

と言うワクワク感だけでなく、

 

ビジネスパーソンや起業家にとって、

他府県では経験できない学びを

与えてくれます。

 

そして、

起業家としてのアイディアが沸くチャンス

与えてくれます。

 

 

変わりつつある沖縄での、

起業家として、ぜひ、チャンスをつかんでください。

 

あなたのご活躍を祈念しております。

 

 

※ご注意ください。

上記は2019年6月19日現在の情報です。

また未来予想は、あくまで「予想」です。

予想通りの未来になるかどうかは、

読者様ご自身のご判断でお願いいたします。

沖縄で起業する人にとっては、2019年はチャンス!!

2019年は、沖縄で起業したい人にとっては、

非常にチャンス。

それは、アイディアが沸きやすい時期だから。

と言いますのも、2019年は、沖縄が大きく変わるからです。

 

 

たとえば・・・・・

 

 

サンエーパルコさんが、6月下旬オープン。

その中にも、沖縄初上陸のお店が入ります。

そして、セブンイレブンさんがオープン。

ホテルもたくさん作られます。

 

 

今までの世の中と変わることが多い時には、

そこには、ビジネスチャンスが多数、発生します。

 

それは、新しい需要が生まれるからです。

 

 

新しく沖縄に進出する企業さんにとって、

どんな課題や悩みが発生しそうか?

 

 

自由に発想してみるだけでも、

アイディアは多数、発生します。

 

そんなときには、誰よりも早く、そのアイディアを

実現しようとすることが、

起業の成功の一助になります。

 

他の都道府県では、経験できない激動の渦中に、

今年の沖縄はあります。

 

ここ沖縄で起業する起業家にとっては、

アイディアの宝庫。

 

ぜひ、このチャンスを楽しみながら、

沖縄での起業を成功させたいですね。