読谷村で垣間見れた2ステップマーケティング

ビジネスはすべからく、社会貢献(or人助け)であるべし!

 

立志財団沖縄志部では、そのように考え、

沖縄で起業したい方を応援しております。

 

私たちがすべての答えを持ち得ているのではなく、

折に触れ縁に触れ、学びや気づきを頂きながら、

ご縁のある方々と起業家として成長していきたいと

考えております。

 

私事ではありますが、先日、読谷村の座喜味城跡

お邪魔しました。

 

ライトアップを見たかったからです。

こんな感じ(↓↓↓)でした。

 

 

 

座喜味城は、

「築城家として名高い護佐丸が築いた先進的な建築技術と、

見事な曲線が美しい『続日本100名城』に選ばれた世界遺産」

と謳われています。

 

 

世界遺産だから、入場料が必要かな、と思っていってみると、

なんと、無料で入れます。

 

そして、それはライトアップの時も同じです。

 

観光する側からすると、ありがたいお話ですが、

ビジネスという観点で考えると、「?」となります。

 

何の意味があるの?

 

いかがでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

 

以下、記載するのは、あくまで分析と推察でして、

読谷村の方に裏どりをしたわけではありませんので、

「一つの意見」と言う形でお読みください。

 

普通に考えたら、世界遺産だから、

入場料を請求してもよさそうなものを。

 

更に、費用をかけて、ライトアップまでして。

 

一体、なぜでしょうか?

 

 

 

 

これは、

「2ステップマーケティング」

であり、

「フロントエンド・バックエンド」

の考え方を知っていると、よく理解できます。

 

フロントエンドは、集客用商品。

バックエンドは、本命商品。

 

フロントエンドは、集客が主となるため、

利益は(場合によっては)度外視になることすら、あります。

 

バックエンドは、利益が主となりますゆえ、

単価が高額です。

 

そこで、

先のフロントエンドで集客できたお客様に集中的に

販売していくものです。

 

 

上記の座喜味城のことに当てはめると、

「無料で入れる世界遺産」

「無料のライトアップ」

は、フロントエンドです。

 

無料だから、多くの方来やすいです。

そして、一度来た人を、見込み客と考えているようです。

 

※「読谷村=自治体」であるため、

本記事で言うところの「見込み客」とは、

「読谷村で消費をする人」となります。

 

実際、こんなキャンペーン(↓↓↓)もありました。

 

dav

 

インスタにハッシュタグをつけて投稿すると、

プレゼントが頂けるというキャンペーンです。

 

この「インスタ+ハッシュタグ」は、

今のご時世ですと、とても強力です。

 

「インスタ+ハッシュタグ」は、

投稿する方は無料で投稿でき、

その結果、自尊心を満たすことができます。

 

投稿される読谷村さんから言うと、

お客様が、誰に言われることもなく、

広告を出してくれているということになります。

 

 

読谷村さんは、リゾートホテルも多く抱える

観光地。

 

プロ野球のキャンプなども行われます。

 

しかも、日本で最大人口の村だそうです。

 

 

そんな、ポテンシャルのある読谷村さんの

2ステップマーケティング(と思われる取り組み)を

ご紹介しました。

 

 

今回の内容がお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も読んでくれて、ありがとうございました。

営業偏差値30からの営業力向上講座

営業力をつけたい起業家のみならず、

すべてのセールスパーソンにお届けします!

 

 

=============================

あるところに、二人のセールスパーソンがいました。
この二人は、卒業した大学も、年齢も、見た目も、
入社した会社も、扱う商材も全く同じでした。

そんな二人にたった1つの違うことがありました。

それは、一人は、とても売れているトップセールスで、
楽しく仕事をしている毎日。
もう一人は、毎月ノルマ未達で叱責と失笑で苦しい思いの毎日。

二人のセールスパーソンとしての毎日を変えたものは、
一体、何なのでしょうか?

=============================

突然ですが、セールスパーソンとして、
毎日、真剣に仕事に向き合っているあなたに質問します。

次のことに心当たりはありませんか?

□ 毎月のノルマを達成できずに、困っている。
  ノルマ未達で、上司にいつも月末に怒鳴られてる
  また、後から入った後輩にも営業成績で抜かれてしまい
  冷笑されている。

□ 上司や先輩に営業のやり方を尋ねても、
  「気持ちの問題」
  「何が何でも売ってやるという気持ち」
  など、精神論で返されてしまい、身も蓋もない。

□ 人見知りの自分には、営業という仕事は
  向いていないとしか思えない。

□ 「営業=芸能リポーター並みの図々しさ」が必要としか
  思えず、正直、心苦しい。

□ このままではダメだと思い、本やセミナーで学んでも、
  まったく成長している感じがしない

□ 営業は断られることから避けられないとは
  わかっているが、そろそろ、気持ちが折れそう

□ 経験が大切と言われるが、いつまで経っても
  一向に営業の力が向上する気配が見えない。

□ 朝早くから夜遅くまで働き、しかも、
  休日も返上しているが、
  それでも、営業成績が伸び悩んでしまっている。

□ たまたま、何かの拍子で、いい成績のときもあるが、
  それを継続することができない

□ お客様との信頼関係が大切と言われるが、
  その信頼関係の作ろうとしても、足元見られることが多い

もし、『Yes』が3つ以上あるのであれば
このご案内は、まさに、あなたのためのページです。

もう5分ほど、このご案内にお付き合いください。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

【いくら営業の仕事をしていても、上手くなることはない!?】

一生懸命やり続けていても、実は、それだけでは、営業の
スキルや能力が向上するということはありません。

ひいては、営業成績が上がるわけではありません。

経験は不要だとは言いませんが、
大切なのは、正しいやり方を知った上で、
経験と努力を積み重ねることが大切です。

職場の上司や先輩は、
ある程度のアドバイスはくれますが、
それらは、
「自分だけの成功体験であり、他の人には通じない」
「精神論で、再現性がない」
ということが多く、あなたが同じことをやろうとしても、
なかなかできなかったり、
実行できたとしても、同じ成果が出なかったりしませんか?

その人独自のやり方に価値が全くないとは言いませんが、
あなたは、あなたが成果を出せるやり方を
あなた自身で見つけて身につけなければなりません。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

【営業の成績を上げる、正しい営業のやり方とは】

営業とは、口八丁手八丁で、お客様から
お金を奪い取るという行為では、決してありません。

また、精神的に図太い人が、断られながらも
それを気にせずに突き進むような行動でもありません。

生まれつきのセンスだけで成果が決まるものでは、
決してありません。

今からあなたが、そのやり方さえしっかり身に着ければ、
周囲が驚くほどの成果を、毎月上げ続けることができます

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

【その方法を知ると、あなたには、こんないいことがあります】

□ 毎月、ノルマ以上の営業成績を上げ続けることができます。

□ その方法は、他の誰かが与えるのではなく、
あなた自身が考えて、自分で導くことができるようになります。

□ あなたの後輩にも、そのやり方を教えてあげることで、
あなたの後輩が、あなたの最大の良きライバルになります。

□ お客様に感謝されながら、コンスタントに、
売り上げを作ることができるようになります。

□ あなたは、限られた時間で、最大の成果を出すことができ、
オンオフの両方を楽しく充実して過ごせます。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

【あなたが真剣に、営業力の向上を考え、
自己研鑽や自己投資の重要性をご理解いただいているのなら、
敬意を示し、この講座をご提供します】

営業偏差値30からの営業力向上講座

詳しくは、コチラから、お申込みください。

⇒ https://www.facebook.com/events/503395533567398/

 

 

 

この企画が、あなたの起業や営業の成功のお役に立ちましたら、

幸いです。

コレを忘れたらどれだけいい商品でも売れない!?

セールスのあるべきスタンスを忘れない上で、

売上を上げるために、

 

まず、

取り組むことがあります。

 

 

それは、

「営業偏差値30からのセールス術 入門編」

ともいうべき、基礎的なものです。

 

 

意外に知られていないことなのですが、

顧客心理について、知ることがまず大切です。

 

 

「人間は感情の動物」です。

 

感情の動物であるというのは、

行動のすべてに感情が先立つということです。

 

更に、理性やロジックで考えたうえでの行動であっても、

その理性やロジックの前に、感情が存在しているのです。

 

 

このことを踏まえた上で、

顧客心理を見ていきましょう。

 

 

よくセールスを教えたコンテンツで紹介されているのが

AIDMA(アイドマ)

QUEST(クエスト)

PASONA(パソナ)

というような、公式です。

 

どれも、汎用性が高く、多数の実績を出している公式です。

 

お客様に購入して頂くまでの心理動線を前提に、

いかにその動線を、購入まで進んでいただくか

という設計がなされています。

 

これらの共通点を見てみると、おおむね、

下記の通りになっています。

 

1:あなたの商品を知らない 

2:存在を知るが、さほどほしいとは思わない

3:欲しいと思うが、失敗したくないので、比較検討する

4:買ってもいいと思う

5:買う

 

リピート商品がある場合や、

紹介入手などの場合は、

この後に続くプロセスがありますが、

 

基礎としては、まずはここまで知っておけばいいでしょう。

 

 

注意点は、「1」の状態のお客様が、

一足飛びに「5」になることはありません。

 

必ず、1→2→3→4→5の順番で進むのです。

 

 

これを踏まえた上で、

セールス活動とは、具体的に何をすることか

考えてみますと、

 

「1」の状態の人を「2」に、

「2」の状態の人を「3」に、

順番に進ませて、最終的に「5」まで導くのです。

 

当然、各段階で、心理状態が異なりますので、

その心理状態に合わせたセールス活動になります。

 

 

少し例を挙げます。

 

よく「安くしておきますから買いませんか」

と声をかけてくる販売員さんがいますが、

 

声をかける相手が「3」「4」なら効果がありますが、

「1」「2」の相手には、意味がありません。

 

それどころか、

「鬱陶しい」

「押し付けられる」

などなど、セールスを行う人に対してのよくない先入観を持ちます。

 

 

世間的に

「セールスパーソン」

というイメージが、

 

「自分のノルマという都合を押し付ける人」

「断ってもグイグイくる、しつこい人」

「気持ちが傷ついている人にさえ、マイクを突きつける芸能レポーター並みに、図々しい人」

というイメージがありますが、

 

それは、そんなことに起因しているのかもしれません。

 

 

この例からもわかるように、

相手の心理状態に適したセールス活動が必要です。

 

 

===============================

 

今日のまとめ

・セールスは、お客様の心理状態に即して行うもの。

 

 その心理状態には合わない活動をすると、

 お客様は買わなくなります。

 

==============================

 

人間関係を作るのに大切なもの

11月から12月にかけては、

沖縄県那覇市では、

心なしか、結婚式が多いようでして、

夜の国際通りには、二次会三次会帰りの

正装の若い男女が多いように思います。

 

気候は、今時分の気候だと、

意外にちょうどいいのかもしれませんね。

 

さて、伴侶は、

家族の中で唯一、

血のつながっていない肉身であり、

自分で選べる肉身です。

 

もともとは、

赤の他人同士だった二人が、

何の縁でか、

出会って、家族となるのは、

本当に不思議なことだと思います。

 

というのも、

いきなり、出会った二人が結婚するのではなく、

婚約までにも、色々なプロセスがあるわけです。

 

逆に、正しいプロセス(=手順)を踏まず、

いきなり

「結婚してください」

と言っても、

 

それは、100%失敗します。

 

今のご時世、下手すると、

変質者として扱われます。

 

しかし、同じ人が、

正しいプロセスを踏むことで

プロポーズが受け入れられます。

 

これは、

誰もがよくわかることですし、

 

人間関係すべてにおいて、

同じなのです。

 

ビジネスでも、起業でも、

あなたがお客様にいきなり

「買ってください」

と言っても、

それは、難しい場合が多いです。

 

日常生活用品ではなく、

嗜好品などであれば、

それはなおさらです。

 

正しいプロセスとは、

「セールスフロー」

と言われますが、

 

セールスフローが正しければ、

それだけで売り上げは大きく変わります。

 

ぜひ、あなたの最高の商品を

お客様に正しく届けられるような

セールスフローを構築してください。

 

 

今回の内容が、

あなたのビジネスの成功のお役に立ちましたら、

幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。