読谷村で垣間見れた2ステップマーケティング

ビジネスはすべからく、社会貢献(or人助け)であるべし!

 

立志財団沖縄志部では、そのように考え、

沖縄で起業したい方を応援しております。

 

私たちがすべての答えを持ち得ているのではなく、

折に触れ縁に触れ、学びや気づきを頂きながら、

ご縁のある方々と起業家として成長していきたいと

考えております。

 

私事ではありますが、先日、読谷村の座喜味城跡

お邪魔しました。

 

ライトアップを見たかったからです。

こんな感じ(↓↓↓)でした。

 

 

 

座喜味城は、

「築城家として名高い護佐丸が築いた先進的な建築技術と、

見事な曲線が美しい『続日本100名城』に選ばれた世界遺産」

と謳われています。

 

 

世界遺産だから、入場料が必要かな、と思っていってみると、

なんと、無料で入れます。

 

そして、それはライトアップの時も同じです。

 

観光する側からすると、ありがたいお話ですが、

ビジネスという観点で考えると、「?」となります。

 

何の意味があるの?

 

いかがでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

 

以下、記載するのは、あくまで分析と推察でして、

読谷村の方に裏どりをしたわけではありませんので、

「一つの意見」と言う形でお読みください。

 

普通に考えたら、世界遺産だから、

入場料を請求してもよさそうなものを。

 

更に、費用をかけて、ライトアップまでして。

 

一体、なぜでしょうか?

 

 

 

 

これは、

「2ステップマーケティング」

であり、

「フロントエンド・バックエンド」

の考え方を知っていると、よく理解できます。

 

フロントエンドは、集客用商品。

バックエンドは、本命商品。

 

フロントエンドは、集客が主となるため、

利益は(場合によっては)度外視になることすら、あります。

 

バックエンドは、利益が主となりますゆえ、

単価が高額です。

 

そこで、

先のフロントエンドで集客できたお客様に集中的に

販売していくものです。

 

 

上記の座喜味城のことに当てはめると、

「無料で入れる世界遺産」

「無料のライトアップ」

は、フロントエンドです。

 

無料だから、多くの方来やすいです。

そして、一度来た人を、見込み客と考えているようです。

 

※「読谷村=自治体」であるため、

本記事で言うところの「見込み客」とは、

「読谷村で消費をする人」となります。

 

実際、こんなキャンペーン(↓↓↓)もありました。

 

dav

 

インスタにハッシュタグをつけて投稿すると、

プレゼントが頂けるというキャンペーンです。

 

この「インスタ+ハッシュタグ」は、

今のご時世ですと、とても強力です。

 

「インスタ+ハッシュタグ」は、

投稿する方は無料で投稿でき、

その結果、自尊心を満たすことができます。

 

投稿される読谷村さんから言うと、

お客様が、誰に言われることもなく、

広告を出してくれているということになります。

 

 

読谷村さんは、リゾートホテルも多く抱える

観光地。

 

プロ野球のキャンプなども行われます。

 

しかも、日本で最大人口の村だそうです。

 

 

そんな、ポテンシャルのある読谷村さんの

2ステップマーケティング(と思われる取り組み)を

ご紹介しました。

 

 

今回の内容がお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も読んでくれて、ありがとうございました。

【起業勉強会報告】見通しとすとできない集客のコツ!!

見落とすとできない集客のコツ!!

 

 

今回の勉強会の内容でした。

簡単にご紹介いたします。

 

 

どれだけ、

いい商品であって、

優れたサービスであっても、

こだわり抜いたものであっても、

お客様のためを思ったものであっても、

 

お客様に届かなければ、

この世に存在しないことと、

残念ながら、同じになります。

 

 

ですから、

あなたの商品・サービスは、

お客様に届けなければなりません。

 

 

そのために最低限必要なことを、

6つにまとめて、ご紹介している

起業勉強会の5回目の開催報告です。

 

 

【テーマ】

集客

 

シリーズで全6回です。

1st  ⇒ 自分軸(10月)

2nd ⇒ リサーチ(11月)

3rd ⇒ コアコンセプト1回目(12月)

4th ⇒ コアコンセプト2回目(1月)

5th ⇒ マーケティング(2月)★今回★

6th ⇒ セールス(3月)

 

 

【内容】

ビジネスを魚釣りに例えると、

 

魚を釣るスキルがセールス

魚群の上に船をつけることがマーケティング

となります。

 

どれだけ優れた釣りの腕前があっても、

魚群なき場所では、腕を発揮できません。

 

同じように、

あなたの商品やサービスも、

お客様のいるところに持っていかないと、

残念ながら、その良さは、発揮されません。

 

集客で分かりやすいのは

広告ですが、

 

広告は

「媒体(メディア)」

「内容(クリエイティブ)」

の2つから構成されます。

 

この2つが、

正しいものであれば、

あなたのビジネスは

集客ができるようになります。

 

まちがっても、

「SNSがいい」

「最近では特にインスタ」

みたいな、

メディアありきではなく、

集客できるのに最適な

メディアを選び、

その中に

最適な内容を盛り込むという順番を

間違えてはいけません。

 

集客と言っても、

他のセールスプロセスと

独立したものではなく、

「コアコンセプト」

を前提に作り進めていくことが

大切です。

 

それが、

見落とすとできない集客のコツです。

 

 

今回は、

参加者の方のビジネスに沿って、

具体的な集客案を、

コアコンセプトを確認しながら

作成しました。

 

 

次回は、

「セールス」

です。

 

 

次回は、3月24日(日)9:00~12:00@てぃるるです。

 

詳細は別途。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

開発秘話を持つ起業家にオススメ

あなたの商品やサービスの魅力を伝えて、

お客様に

「欲しいな」

と思って頂く方法、ご存じですか?

 

 

 

起業家にとって、その方法は、

売上を左右するほどのものなのですが、

 

 

例えば、こんな方法があります・・・・・

 

 

 

 

あるバーでは、

メニューにパスタが並んでいます。

 

 

 

その理由を尋ねると・・・

 

 

 

「自分が、パスタが好きで、

 お酒と一緒に、おいしいパスタが楽しめるお店を

 創るのが夢でした。

 

 以前、勉強のために働いていたバーでも、

 フードメニューの一つに、

 パスタはあったのですが、

 

 レトルトのもので、

 それをお客様に出すのには、

 納得していませんでした。

 

 そこで、イタリアンレストランで

 修行のために働きました。

 

 そこで自分が納得できるパスタを創ることが

 できるようになったので、

 このお店を創って、

 フードメニューにパスタを入れているんです」

 

 

これは、開発秘話にあたりますが、

このお店の方の想いが伝わる話です。

 

 

あなたの商品やサービスは、

どのような経緯でできたものでしょうか?

 

 

メニューにパスタを載せているだけよりも、

この開発秘話を添える方が、

より魅力が伝わります。

 

 

あなたが起業した際に、

その開発秘話をお持ちであれば、

お客様に伝えてみてください。

 

 

お客様にとって、

「これ、いいな」

「欲しいな」

と感じていただけるものになります。

 

 

あなたが起業家として

成功するために、

是非、役立ててください。

 

 

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

 

沖縄で起業家が成功する学びを与えてくれる「夢のかけはしリレーマラソン&ウォーク」

沖縄県はイベントが多いのですが、

これらが、

沖縄県の起業家の成功に

アドバイスをくれること

があります。

 

 

 

例えば・・・

 

 

2018年3月18日(日)、

沖縄県浦添市の西海岸道路が開通しました。

 

これによって、

58号線の混雑を解消されることが期待されています。

 

これに先駆けて、3月11日(日)に、

「夢のかけはし リレーマラソン&ウォーク」

が行われました。

 

コチラですね。

⇒ https://kakehashi.okinawa.link/

 

カーミージー(空寿崎)を中心に、

この機会を逃したら

歩くことができない道を

歩く(OR走る)イベントです。

 

この時のキャッチフレーズが

いいですよね。

 

「開通前だからこそ出きる

 最初で最後のイベント!」

 

実際、多くの方が、参加されました。

 

 

実際の参加者は、わかりませんが、

売上だけ見ても・・・

 

・リレーマラソン @10,000-×400チーム = 4,000,000-

・ウォーク4KM  @500×2,000人 = 1,000,000-

・ウォーク7km  @500×1,000人 = 500,000-

・合計 5,500,000-

と想定されます。

 

 

道の上を歩くだけ(OR走るだけ)の

イベントであって、

原価もさほどかかっておりません。

 

粗利率は相当高いと思われます。

 

参加費用が高額ではないのに、

これだけの売上が立つのは、

マーケティング的な観点では、

学びが多くあります。

 

 

その一つを挙げると、

「限定性」

「希少性」

が挙げられます。

 

 

人間の心理に

「この機を逃すと、

 チャンスは二度とない」

ということに、

惹かれてしまう

 

ということがあります。

 

 

起業家として、ここ沖縄で

より効率的に売り上げを上げる場合、

この人間心理を理解しておくと有利です。

 

 

あなたの商材やサービスで、

この

「このチャンスを逃すと

 チャンスは二度とない」

ということを活用できることは

ありませんか?

 

 

お客様の購買意欲を高めることができれば、

もっとあなたのビジネスを楽しめるかも

しれませんね。

 

 

先の例を単純計算すると、

「粗利5,500,000-」

は、会社員の年収に匹敵します。

 

 

あなたが、ここ沖縄で

起業で成功できることを応援しております。

 

今日も最後まで読んでくれまして、

ありがとうございました。