商品の魅力を台無しにする商品説明

いい商品であることは間違いなのに、

なぜか、力説しても、

その良さが伝わらないのか・・・・・

 

そんなお悩みありませんか?

 

理由はいくつかあると思うのですが、

ひょっとしたら、

その良さを正しく伝えられていないのでは?

と感じることがあります。

 

と言いますのも、先日、

こんなことがあったからです。

 

沖縄は言わずと知れた車社会です。

 

ですから、当然、車に乗る機会も、

他府県よりも多いです。

 

そうすると、

当然、車のトラブルも多いようです。

 

パンクも多いようで、

レッカー移動を生業にされている

ある方は、

「日に10回以上のレッカー移動がある」

とのことでした。

 

それくらいパンクが多い車社会ですが、

実は、調べてみると、

パンクに強いタイヤがあるそうです。

 

その名も

「ランフラットタイヤ」。

 

パンクして空気が抜けても

一定距離を一定速度で走行できるよう

設計されているタイヤだそうです。

 

これ、すごくないですか?

 

あるタイヤ屋さんで、

パンク修理をしてもらっているときに、

この情報を仕入れました。

 

すごいので、欲しくなり、

どんなものか、商品説明をしてもらうことに

しました。

 

ところが、この商品説明が、もったいない。

 

結論から申しますと、

その商品説明を聞いて、ガッカリして、

買うのを辞めてしまいました。

 

商品説明を求められている場合、

商品の性能の説明をしてほしい時と、

商品の使い勝手を教えてほしい時があります。

 

前者を特徴、

後者をベネフィット

と言ったりします。

 

商品の説明を求められたとき、

相手の方が知りたいのは、

どんなことなのか、

具体的にしてから、説明しないと、

 

言葉巧みに自分は説明しているつもりでも、

的外れな説明になってしまっている場合

あります。

 

例えば、

「性能について?」

「導入事例?」

「どれくらいパンクしても走れるか?」

「なぜ、パンクしても走れるか?」

「通常のパンクとの相違点?」

など、具体的に質問内容を捉えてから、

ご回答いただくと、

よりお客様の求める答えになることでしょう。

 

 

最後に、

少しだけ立志財団沖縄志部からの

お知らせをして、

今日の内容をまとめます。

 

 

【お知らせ】

立志財団沖縄志部は、

沖縄で起業する人、

経営を頑張っている人、

キャリアを考えている人の応援をしております。

コチラからコンテンツをご紹介しております。

→ https://risshi.or.jp/okinawa/

 

また、多くのコンテンツが

オンライン化されています。

沖縄にいながら、オンライン対象のコンテンツは、

全国のものをご利用いただけます。

→ https://risshi.or.jp/katsudo/

 

 

====================

【今日のまとめ】

商品の説明は、

お客様が「本当に聞きたいこと」を

説明することが大切です。

「具体的に、何について聞きたいか」を

理解してから、説明に入りましょう。

===================

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

【コロナのため、中止】起業副業勉強会(理想のお客様の見つけ方)【4月25日】

(ご案内/4月16日現在)

このご案内を開いていただき、

ありがとうございます。

 

コロナの影響を鑑みて、

中止としたいと思います。

 

ご興味を持って下さった方、

ありがとうございます。

 

なお、16日までにお申し込みいただいた方には、

別途メールにて個別で、代替案をご連絡しております。

 

ご確認のほど、お願いいたします。

 

コロナが落ち着いたとき、改めて、

ご案内いたします。

 

また、皆様と一緒にビジネスを学ぶことができる日を

楽しみにしております。

 

くれぐれも、ご自愛くださいませ。

=============================

コンビニの100円の水を、

10,000円で買ってくださるお客様が

いらしたら、

あなたは、どう思いますか?

 

 

そのお客様が、

あなたの商品を喜んでいたら、

そのお客様は、あなたにとって、

「理想のお客様」

と言えるのではないでしょうか?

 

「理想のお客様」

を見つけることは、

あなたの起業・副業の成功を決める

要素の一つと言えます。

 

今回のテーマは、

「理想のお客様の見つけ方」

についてです。

 

 

起業や副業の方法を勉強したい!

ここ沖縄で起業や副業をしたい!

 

そうお考えの方から、

よくお伺いするお悩みがあります。

 

◆起業・副業の方法がわからない

◆起業・副業をどこで学べばいいか、わからない

◆一緒に学ぶ仲間が欲しい

 

それを解決するための勉強会を設けました。

 

下記の内容にご興味ありましたら、

ご参加ください。

 

定員がありますので、

ご興味ありましたら、お早めにお申し込み下さい。

 

 

【概要】

起業・副業を学ぶ勉強会@那覇

 

【目的】

起業や副業の方法を体系的に学びます。

・法的な手続きの内容よりも、

「ビジネスの創り方」

「経営者としてやっていく方法」

など、方法論をメインで学びます。

 

【こんな方にオススメ】

◆起業・副業にご興味ある会社員や公務員の方

◆給料以外の収入を得たい会社員や公務員の方

◆好きなことで感謝されて、収入を得たい方

◆何か自分でやってみたい方

◆起業や副業の方法を知りたい方

◆起業や副業の仲間が欲しい方

 

【今回の内容】

「売れる商品・サービス」の創り方

・具体的には、「コアコンセプト」について、

学びます。

・今回は「コアコンセプト」の構成要素である

「誰に」(=理想のお客様)を集中的に学びます。

 

あなたの起業・副業を実現する方法は、

「立志マーケティングマップ」

にまとめられております。

 

この勉強会は、

このマーケティングマップに沿って、

進めております。

 

シリーズものとなっております。

(赤字が今回の内容です)

1:コアコンセプト(誰に/理想のお客様)

2:コアコンセプト(何を/提供する価値)

3:コアコンセプト(USP/あなたが選ばれる理由)

4:セールス(コピー/一瞬でお客様を惹きつける方法)

5:セールス(プレゼン/あなたの価値の伝え方)

6:マーケティング(磁石のようにお客様を集める方法)

7:財務(開業資金を算出して、集める方法を考える)

8:財務(運転資金を算出して、集める方法を考える)

9:実現する方法

 

※内容は予告なく変更される可能性があります。

ご了承下さい。

 

※「立志財団 沖縄志部」の勉強会に

ご参加が初めての方は、

入門編として、

まずコチラ(↓)のご参加をされることを

オススメします。

 

◆はじめての起業・副業 成功の秘訣セミナー

4月4日(土)13:00~15:00 @那覇市古島

 

 

【日時】

2020年4月25日(土)

13:00~15:00

 

【場所】

リンクライフ

https://www.spacemarket.com/spaces/wbhyxnex_gx1dybt

住所 :那覇市銘苅1-19-33
アクセス :沖縄都市モノレール古島駅から徒歩1分
(西口からアクロス古島方面に歩いてすぐ)

 

【費用】

3,000円

・立志財団の会員様は、無料です。

 

 

【持ち物】

筆記用具

ノート

費用

名刺などがあれば、お持ちいただいても構いません。

 

 

【お申込み】

コチラから、お申込み下さい。

https://www.kokuchpro.com/event/e876592aa43e935803e77e1a2c8bbcb0/

 

 

【FAQ】

Q1:

起業に興味ありますが、

まだ起業していませんが、

参加しても大丈夫でしょうか?

A1:

はい。問題ありません。

大歓迎です。

 

Q2:

起業に興味ありますが、

ビジネスアイディアがまだ

ありませんが、大丈夫でしょうか?

A2:

はい。見つけるためのワークもあります。

ぜひ、これをきっかけに、

あなたのビジネスアイディアを見つけてください。

 

Q3:

主催は?

A3:

立志財団沖縄志部です。

「起業家教育で人々を幸せに」

を実現するための財団法人の沖縄志部です。

コチラ(↓)から、サイトに入れます。

https://risshi.or.jp/

また、こちらのサイトでも、

情報発信をしております。

http://risshi.or.jp/mission/category/podcast/

 

Q4:

立志財団沖縄志部の実績は?

A4:

毎週日曜日に、エフエム那覇様で、

ラジオ番組を持たせてもらっております。

◆ラジオ起業塾

沖縄で起業したい人を応援します「坂本憲彦のラジオ起業塾」

他にも、大手書店様でのトークイベントなども、

ご縁を頂いております。

 

Q5:

参加申し込みをした後、

急用で行けなくなるかもしれません。

キャンセル料は発生しますか?

A5:

いいえ。発生いたしません。

 

その他、ご不明な点がありましたら、

メールにて、ご連絡ください。

okinawa@risshi.or.jp

 

 

 

会場で、お会いできることを楽しみにしております。

起業家ルーキーでも、ベテランを差し置いて、お客様に選ばれる方法とは

起業、副業したとき、

沖縄に多くいるライバル達と、

価格競争に巻き込まれたどうしよう・・・

 

 

そのように心配されて、

起業や副業に二の足を踏む方は、

少なくないようです。

 

そんなご心配があっても、

解決できる方法が、「USPを創ること」です。

 

それを、桜坂市民大学様の

「はじめての起業・副業 成功の秘訣セミナー」

でご紹介しております。

 

今までの記事は、こんな感じ(↓)でした。

①なぜあのお店だけ、日差しの強い暑い日にも関わらず、行列ができるのか?

②お客様の選ばれる理由の創り方

③あなたの過去に、ライバルとの差別化のヒントがある

④平凡でも、オンリーワンのUSPを創れる方法

 

今回は、USPの創り方の最後を、

ご紹介します。

 

それは、

「あなたの想い」

です。

 

USPとは、ライバルとの差別化が目的で、

数多くのライバルたちの中から、

あなたが指名買いされる理由です。

 

こんな経験、ありませんか?

 

同じ商品を扱う同じ会社の営業部に、

ベテランの先輩と、

新米のあなたの二人がいました。

 

同じ商品を同じ金額で買うのであれば、

ベテランの先輩から購入した方が、

お客様にとってはメリットが多いです。

 

それでも、新米のあなたが選ばれることもあるのです。

 

それは、新米でもあなたの想いに共感して、

応援や期待を込めて、

あなたを選ぶパターンです。

 

もちろん、

「金儲けて遊びたいです」とか、

「ビッグになりたいです」とか、

「勝ち組になりたいです」とかでは、

想いと言えども、共感を得にくいです。

 

そうではなくて、例えば、

「弊社の商品で、この沖縄をこうしたい!」とか、

「弊社のサービスで、沖縄の現状を良くしたい!」とか、

そんな感じの想いが共感を呼びます。

 

これと同じことが、

あなたのはじめての起業でも、起こります。

 

あなたは起業家としてはルーキーかもしれませんが、

お客様に選ばれるための想いをお持ちだと思います。

 

お客様は、あなたと一緒に成長したいという想いで、

あなたを指名買いします。

 

ぜひ、あなたがビジネスに込めている想いを

お客様に伝えてください。

 

今回の内容が、

あなたが選ばれる未来に貢献したらうれしいです。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

平凡でも、オンリーワンのUSPを創れる方法

ライバルだらけの中でも、あなたが

地元お客様から指名買いされる方法とは?

 

 

そのカギは、USPと言われます。

USPについては、コチラでご紹介しております。

A:USPとは

B:USPの創り方①(〇〇専門)

C:USPの創り方②(圧倒的な実績)

 

今回は、「USPの創り方③」です。

 

上記の3記事をご覧頂いた方は、

こう(↓)思うかもしれません。

 

「専門と言えるほどの、エッジがない」

「圧倒的な実績なんて、自分にはない」

 

本当を言うと、そんなこと(特に上記)は、

ないのですが、

 

そう思ってしまうのは、

仕方のないことかもしれません。

 

そんなときでも可能な「USPの創り方」をご紹介します。

 

それは、「掛け合わせ」です。

 

例えば、

あなたが自動車の運転が好きだから、

これから、沖縄でタクシーを始めるとします。

 

普通にビジネスをするだけですと、

数多くのライバル達に埋もれてしまい、

なかなか期待通りの成果を出すことは

できません。

 

そこで、

「観光案内」

を取り入れて、

海外からの観光客の需要を取り入れるとします。

 

確かに、

普通のタクシーと比べると、

いくらか、専門性が出てきて、

観光客からは選ばれる可能性が出てきます。

 

ですが、

観光案内ができるタクシードライバーは、

決してあなた一人だけではありません。

 

そうすると、

「観光案内ができる」ライバル達との差がつきません。

 

そこで、

「海外からの観光客」の方に対して、

「相手の方の母国語で会話ができる」

と言うことを、掛け合わせてみてはいかがでしょうか?

 

そこまでできる観光タクシーがなければ、

あなた一人の差別化となり、一人勝ちとなります。

 

※もちろん、仮定の話です。

これから、通訳ツールが日常化されると、

これが通用しなくなる可能性が高いです。

あくまで、「考え方の例」としてご理解下さい。

 

そもそも、この考え方は、USPの創り方の一つです。

 

「専門化と言われても・・・」

「圧倒的実績と言われても・・・」

「平凡なスキルと実績しかない」

という場合でも、

それらを掛け合わせることで、

オンリーワンのUSPを創れるという事例です。

 

大事なのは、

「掛け合わせる要因一つ一つは、

 ナンバーワンでなくていい」

と言うことです。

 

・運転技術 ⇒ 安全運転であればOK

・観光案内 ⇒ お客様が満足する場所を知っていればOK

・通訳技能 ⇒ 会話ができればOK

 

平均くらいであったとしても、

掛け合わせることでオンリーワンが創れます。

 

是非、この考え方を活用して、

沖縄のお客様で、あなたの目の前に行列ができるよう、

ビジネスを楽しんでください。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

あなたの過去に、ライバルとの差別化のヒントがある

供給多寡の中、

あなたが沖縄のお客様に選ばれるために、

必要なもの。

 

 

それがUSP(Unique Selling Proposition)です。

独自の売り

差別化、

などと同じ意味です。

 

その創り方をご紹介しております。

 

前回は、

「〇〇専門にする」

ということを、ご紹介しました。

 

今回は、

「圧倒的な実績」

をご紹介します。

 

あなたの過去を振り返ってみてください。

 

あなたのビジネスに関連することで、

・何かの大会で賞を頂いた

・誰よりも長く経験している

・多くのお客様から感謝されている

・地域で唯一のライセンスを持っている

など、他の方がマネできないもの、ありませんか?

 

それは、そのまま、

あなたのUSPとなり得ます。

 

他のライバル達が持っていない実績、それは、

お客様があなたを選びたくなる理由です。

 

あなたの過去の努力が最大限に報われるときと言っても、

いいのかもしれませんね。

 

ただ1点、ご注意ください。

 

あなたの実績が、

お客様にとって「すごいな」「信頼に値するな」と

感じることでなければなりません。

 

ご注意下さい。

 

 

今回の内容が、

あなたを指名買いするお客様で行列ができる未来創りに

役立ちましたら幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

お客様に選ばれる理由の創り方

選ばれるための理由を、

どうやったら、創れますか?

 

 

選ばれる理由は、

USPとか、

差別化とか、

独自の売りとか、

言われます。

 

その創り方ですが、代表例をご紹介します。

 

【〇〇専門】

とする。

 

 

例えば・・・

 

今、カウンセラーと呼ばれる方は、

数多くいらっしゃるそうです。

 

弁護士さんや行政書士さんと同じように、

供給が増えたため、

需要とのバランスが崩れているそうです。

 

いわゆる供給多寡です。

 

ですから、普通にカウンセラーを名乗っても、

クライアントは集まらないようです。

 

そんな中、

信頼あるカウンセラーとして、

多くのクライアントの方々から

ご依頼が集まるカウンセラーさんがいます。

 

三木ヒロシさんです。

 

三木さんは、カウンセラーですが、

「パニック障害の専門」

のカウンセラーさんとして、

ご活躍されています。

 

「〇〇専門」とすることで、

〇〇以外の方は、

お客様にならなくなるのではないですか?

 

そのように思われる方がいらっしゃいます。

 

それについては、以下のことを、

ご理解下さい。

 

1:対象を絞っても、一定以上の需要がある対象に対して、「〇〇専門」とする

 

逆に言うと、

「〇〇専門」とすることで、この世で3人しかお客様がいなくなり、それだけでは食べていけない、

というような選び方は、ビジネスとしては、正しくない可能性が高いです。

 

2:「〇〇専門」と名乗るだけではなく、何をしたら、「〇〇専門」と名乗れるかを明確にする

 

上記の三木さんの例で申しますと、

「パニック障害専門」と名乗るために、

「往診もします」とメニューに加えたそうです。

 

リサーチをすると、パニック障害を扱うカウンセラーは、何人もいらしたそうですが、すべて来院を前提としていたそうです。

 

ところが、パニック障害の方は、家から出ることが困難だったりすることが多いようです。

 

と言うことは、他の方が誰一人やっていなくても、パニック障害のクライアント様の為にできることとして、往診もメニューに加えたそうです。

 

「〇〇専門」を名乗るとは、そのようなことなのです。

 

その三木さんの詳しいお話は、

コチラ(↓)から、聞くことができます。

 

【ポッドキャスト】

「第28回 意外に見落としがちなリサーチの盲点」

 

 

今回の内容が、あなたの起業、副業の成功のお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

なぜあのお店だけ、日差しの強い暑い日にも関わらず、行列ができるのか?

沖縄で起業、副業を成功させるうえで、

これがあったら、成功確率がとても高まる!

 

 

その一つが、USPです。

 

 

USPとは、「Unique Selling Proposition」の略で、

「独自の売り」

「独自性」

「差別化」

「数あるライバルたちの中から、お客様があなたを指名する理由」

などと言われます。

 

市場には商品があふれているというのは、

今に始まったことではありません。

 

この成熟市場の中で選ばれるためには、

価格を安くするだけではありません。

 

価格以外に、価値を感じて頂けることがあれば、

そこに魅力を感じて、指名買いしていただけます。

 

 

那覇市で顕著なのは、

近年増えたラーメン屋さんがあります。

 

ドラッグストアと一緒に、

ここ数年で一気に増えたのですが、

正客は、海外からの観光客の方々です。

 

それらの方の需要を見込んで、

出店が増えました。

 

そのラーメン屋さんは、

どのお店も、繁盛していて満席なのですが、

あるお店だけは、行列ができていたりします。

 

どのお店も押しなべておいしく、

どのお店も価格もだいたい同じ。

店舗の雰囲気もきれいさも接客も甲乙つけがたい。

 

そんな中で、行列ができるのはなぜか?

夏の暑い日の昼の日最中にも関わらず、です。

 

 

この答えがUSPです。

 

このUSPは、人為的に創り上げることができます。

 

第3回の講義では、

このUSPの創り方がテーマです。

 

この内容を通して、

あなたの沖縄での起業、副業が成功しましたら、

幸いです。

 

なお、上記のラーメン屋さんの答えは、

「海外のアーティストが、

SNSで紹介したことがきっかけで話題になった」

ことらしいです。

(お聞したお話です)

 

どうせ沖縄にいって、

沖縄独自(or日本独自)のおいしいものを食べるなら・・・

 

この「どうせ食べるなら」と言う感情があるために、

数あるお店の中でも、

「せっかくならば、あの人が行ったお店にしよう」

となりやすいようです。

 

上記のUSPは、人為的に創ったものではなく、

ある意味、そのアーティストさんのご厚意によるものですが、

(もちろん、そのお店で満足されたからだと思います)

USPは待つものではなく、創り上げるものです。

 

 

この講義を通して、一緒に創り上げていきましょう。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

内容をご紹介します【桜坂市民大学】【57期】第3回/全5回

沖縄で起業したい方を応援します!

 

桜坂市民大学様で、ご縁をいただいております

「はじめての起業・副業 成功の秘訣講座」

 

全5回のうちの3回目の内容をご紹介します。

①なぜあのお店だけ、日差しの強い暑い日にも関わらず、行列ができるのか?

②お客様の選ばれる理由の創り方

③あなたの過去に、ライバルとの差別化のヒントがある

④平凡でも、オンリーワンのUSPを創れる方法

⑤起業家ルーキーでも、ベテランを差し置いて、お客様に選ばれる方法とは

 

沖縄でのあなたの起業・副業の成功を応援しております。

那覇市での買い物で見つけた、すごい差別化!

上の写真は、

沖縄県のある優良大手小売店さんで

買い物したときについてきた段ボールです。

 

これ、何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

正解は、コチラ(↓)です。

 

 

上から見ると、こんな感じ(↓)です。

 

 

瓶の飲料を買ったときに、

持ち運びの時に割れないような工夫です。

 

これはお店の方が下さいました。

 

これ、すごくないですか?

2つの意味で。

 

1つは、顧客心理の中でも、

なかなか表に出にくいものを、

的確にとらえています。

 

今回で言いますと、

買い物客の

「瓶を割ってしまうかも」

と思う不安を払拭しています。

 

あなたの近くのスーパーや

小売店では、

そんな不安に対して、

何かしてくれていますか?

 

あったとしても、

決して多くはないのではないでしょうか?

 

顧客の不安の中でも、

なかなか売り手にはわかりにくいものを

的確にとらえて対応している点が、

1つ目の「すごい点」です。

 

もう一つは、

これによって、他店との差別化を

なしている点です。

 

感情価値と言う言葉がありますが、

商品の価値(実質価値と言います)は、

いいものを安くすることで、

他社との差別化になりますが、

 

小売店などでは特に、

商品そのもので大きな差が付くことは難しく、

そうなると金額勝負の価格競争になりがちです。

 

もちろん、小売店もスーパーも、

それを覚悟しての、ビジネスなのですが、

 

このようにちょっとした、

感情に訴えるものがあれば、

それは、大きな差につながります。

 

これ、何がすごいかと言うと、

商品や金額によらないところ(気遣い)で

差がついています。

 

気遣いは、気持ちがあればできることで、

ほぼ無料です。

 

かかったとしても大して、費用が発生していません。

 

しかし、この感情価値が与える効果は、

それこそ、お金で買えないものになりえます。

 

 

那覇市での買い物で、

こんな気づきがありましたので、

今回はご紹介いたしました。

 

あなたのビジネスのお役に立ちましたら、

幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

【57期】はじめての起業・副業 成功の秘訣講座(第2回②)

「お金を出してでも、欲しい!!」

あなたの商品に対して、そう思う方が、お客様です。

 

 

では、

「お金を出してでも、欲しい!」

と思うのは、どんな方でしょうか?

 

 

例えば、コンビニで売っているペットボトルの水。

 

500mlで、100円くらいですが、

これを買う方は、100円の価値を感じています。

 

では、その水に対して、100円以上の価値を感じる方は、

どんな方でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極論言いますと、砂漠でのどの渇きに苦しんでいる方であれば、

ペットボトルの水を、10,000円出してでも、欲しいと思うでしょう。

 

それが、100円で買うことができるということを知っていてもです。

 

上記はもちろん、極論ですが、

あなたの商品の価値を感じて下さるお客様と言うのは、

上記のように、砂漠で水を求めるような感じの方です。

 

「あったら、いいな」

「あったら、便利だな」

「それ、いいね」

あなたの商品は、間違いなくいい商品ですので、

そのように思うでしょう。

 

しかし、優先順位は人それぞれ異なります。

 

ゆとりがあれば、と言う方もいれば、

そのうち、と言う方もいれば、

「今すぐ!」という方もいます。

 

その優先度が高い方がどんな方で、

どこにいるのか。

 

それを知ることが、

あなたのお客様を知ることです。

 

 

あなたの価値を理解してくださる方を

探してください。

 

あなたの起業・副業の成功を祈念しております。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。