沖縄でやりたいことで起業するためのヒント(1)

「成功する起業のポイントは、

 やりたいことをビジネスにすること」

 

 

簡単に申しますと、

私たち立志財団でお伝えしていることは、

そのようなことなのです。

 

 

ただ、そうは言われても、

その「やりたいこと」がわからない

ということは、実は少なくありません。

 

 

「やりたくないこと」は

割とスラスラ出てくるのですが、

「やりたいこと」は、

なかなか出てこないようですね。

 

 

そこで、考えるヒントを、今回はご紹介します。

(あくまでヒントの一つでして、他にも手段はあります。

相性のいいものを採用してください)

 

 

坂本憲彦先生は

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中で、

このように書かれております。

 

 

===============================

(P.39)

あなたが小さい頃に夢中だったものを思い出してみてください。

できれば小学校低学年くらいまでに経験したことが

望ましいです。

===============================

 

子供のころに夢中になったことや

ついついやっていたことは、

あなたが起業をするときの「やりたいこと」のダイヤの原石です。

 

 

ただ、少し補足が必要です。

 

 

というのも、それだけ幼い時分ですと、

夢中になっていたものは・・・

 

例えば、

男性なら、ヒーローごっこ、だったり、

女性なら、おままごと、だったり。

 

 

それがそのまま、ビジネスになるかというと、

ちょっと難しいかもしれませんね。

 

 

形に捕らわれてしまうと、

ヒーローごっこに夢中になっていた男性の場合、

選択肢は、

「警官」

「警備員」

「自衛隊員」

「武術の先生」

「格闘家」

とかになってしまいます。

 

 

もちろん、それでもいいのですが、

誰でもなれるわけではありません。

 

 

それよりも、もう少し、視野を広げることが

大切になります。

 

 

ヒーローごっこに夢中だった時に

・演じるのが好きだった(だから役者になる)

・ルールを作るのが好きだった(だから管理関係の仕事に就く)

・話を作ることが好きだった(だから作家になる)

・弱い人を守ることが好きだった(だから弁護士になる)

などなど、

おなじ、ヒーローごっこであっても、

それに夢中になっていたのはなぜか、

ということをもう少し掘り下げると、

夢中になっていた理由がもっと明確になります。

 

 

ここまで読まれたあなたは、すでにお気づきかもしれませんが、

ビジネスを継続させてゆくためには、

その根幹に「楽しい!」という気持ちがないと

うまく行きませんし、お客様を笑顔にすることもできません。

 

 

是非、あなたの中に眠っている

「やりたいこと」を再発見して、

あなたのビジネスの礎を作ってください。

 

 

今回の内容が、お役に立ちましたら幸いです。

 

 

あなたの起業の成功を応援しております。

 

 

今回も、ここまで読んでくださいまして

ありがとうございました。

経験者であっても起業で失敗してしまう理由

10,000人以上もの起業家育成の経験があるから、

坂本先生は、ビジネスでの大きな失敗って

ないですよね?

 

 

と思われる方がいるそうです。

 

 

 

確かに、そう思うのも、無理がないような

実績をお持ちなのですが、

ご本人は、

「失敗してますよ」

と言われます。

 

 

以前、英語教育の事業を始められたことがあったそうです。

 

 

市場の規模も申し分なく、

当時、一緒にやっていた方もその分野で力を発揮できる方。

坂本先生自身も、起業家としてキャリアを踏んでいる。

 

 

それなのに、

なぜ、うまくいかなかったのでしょうか・・・?

 

 

運が悪かった?

強烈な競合が現れた?

内部に裏切り者がいた?

 

 

色々な原因を想像しますが、

坂本憲彦先生は、その著書

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中では、次のように言われております。

 

============================

(P.35)

 

私自身が「英語」という商品に、

まったく興味を持てていなかったのです。

============================

 

 

「そんなこと!?」

と思われる方、いらっしゃるかもしれませんが、

 

 

そんなこと一つで、

どんな経験者であっても、

伸び盛りの市場であっても、

うまくいかなくなるのです。

 

 

2018年現在の沖縄県で申しますと、

魅力的なビジネスの市場は、

少なからず存在していると見ております。

 

 

例えば・・・

 

 

増え続ける海外からの観光客にむけてのレンタカー事業

 

オシャレカフェ

 

IT誘致をしている施設を利用してのIT関連

 

押しなべて人材不足なので、人材派遣

 

AIやITなどで、人の仕事を代行できる仕組みやロボットなど

 

(思いつきなので、その旨、ご了承ください。。。。。。)

 

などなど。

 

 

人口が140万人しかいないから、今からの参入は・・・

ということは、ないと見ております。

 

 

要は気持ち次第なのですが、

それは還元すると

「自分が興味ないこと、気乗りしないことは

 伸びている市場ですら、成功しない」

ということを意味しております。

 

 

あなたの起業に、この内容がお役に立ちましたら幸いです。

 

あなたの起業を応援しております。

 

 

今日も最後まで読んでくださいまして、

ありがとうございました。

 

 

商品の良さを伝える秘訣とは

せっかくの商品の良さを、

もっとお客様に知ってほしい!!

 

 

良識的な起業家であれば、

誰もがもれなく持っている感情であり、

多くの起業家を悩ませるカベでもあります。

 

あなたも同じように、その壁に悩んでいるのであれば、

今回の内容はお役に立つことでしょう。

 

 

 

ところで・・・

 

 

 

伊平屋島って、ご存知ですか?

 

 

沖縄県には有人離島が49あります。

その中で最北端が、伊平屋島です。

 

名護市の運天港から、フェリーで80分程度の場所になります。

 

この記事のトップ画像、

実は、伊平屋島の写真です。

 

 

「商品の良さを伝える」

ということと、伊平屋島、

どんな関係があるのかと申しますと・・・・・

 

 

 

世界中の塩の味を確かめて、

「ここ伊平屋島で作る塩が、とりわけ一番!!」

と太鼓判を押した、塩職人さんがいらっしゃいます。

 

その方は、世界各地の塩を

実際に現地に行って確かめた結果、

「伊平屋島の海水で作る塩がいい!!」

と心が定まり、

結果、伊平屋島に移り住んで、

塩を作って販売をしていらっしゃいます。

 

しかも、ただおいしいだけでなく、

ミネラルも豊富で、

なおかつ、島豆腐や、

その他沖縄の郷土料理との相性は抜群。

 

 

そんな塩を作ることができるのは、

地形的な条件から、

もっとも最適な海水を汲むことができる伊平屋島なのだそうです。

 

 

もし、あなたが、

料理が好きでしたら、この塩に興味が沸きませんか?

 

もし、あなたが、

健康に関心があれば、この塩の栄養について、

もっと知りたいと思いませんか?

 

そして、もしあなたが、

何かをネット販売してみたいとお思いであれば、

この塩は、その商材として、可能性を感じませんか?

 

商品の良さを伝えるための手段は、

色々とありますが、

ゴールとしているのは、

【相手の方が欲しくなる】

という点です。

 

 

①あったら、今よりももっといい生活になりそう

②オンリーワンである(他では買えない)

③世界中を回った職人お墨付き(権威)

④地形的な条件がそれを可能にしている

などなどが、

そのように感じさせたのではないでしょうか?

 

 

上記のような表現内容を

「ベネフィット」・・・・・   ①

「USP(独自のウリ)」・・・②③④

などと言われます。

 

 

純粋に

「おいしいんです!!」

「健康にいいんです!!」

でも、もちろんいいのですが、

 

それに加えて、

「ベネフィット」

「USP」

という表現内容になるような表現方法が

有効です。

 

 

この表現方法については、

別の機会に詳細をご案内いたしますが、

本記事では、

「商品の良さを伝えるためには

 相応のテクニックが必要」

という点をまずは、知ってください。

 

その具体的な手法については、

本ブログで、少しずつご紹介していきます。

 

 

この内容があなたのお役に立ちましたら幸いです。

 

あなたの起業を応援しております。

 

今回も最後までご覧くださいまして

ありがとうございました。

 

 

見込み客発見に絶対必須なものとは

起業をして、まず最初の苦労するのが、

「集客」(=見込み客発見)

と言われます。

 

もともと基盤があった上での起業でない限りは、

すべからく、このカベにぶち当たります。

 

どれだけ優れた商品やサービスがあっても、

その存在を、お客様が知ることがなければ、

この世に存在していないのと同じです。

 

ところが、その「集客」がなかなか

うまくいかない。

 

それは、沖縄県だけの特別な現状ではなく、

日本全国の起業家たちの共通の悩みなのです。

 

「集客」については、

「欲しがるお客様に情報を届ける」のが鉄則ですが、

具体例の一つとして、

コチラ(↓)をご案内いたします。

 

なぜ2月の沖縄はサービスパーソンの力量が試されるのか?

 

どのようなことかと申しますと・・・

 

この記事で例として挙げているのは、

簡素に申しますと、次の通りです。

 

「毎年2月は、プロ野球のキャンプを見るくるファンが多い。

 雨の日はキャンプが中止になるが、その時に急遽、

 観光に出かける宿泊客様に、”混まずに楽しめる場所”を

 ご案内すると、お客様からの評価が高くなる」

というものです。

 

 

この事象そのものというよりも、

次の点に着目してみてください。

 

 

A:時期が決まっている ⇒ 毎年2月

 

B:ホテル業の方に共通の関心事 ⇒ 宿泊客様に満足いただける場所を紹介

 

 

 

 

ということは・・・

 

 

想像してみてください。

 

 

あなたが新しく始めるビジネスが、

このホテル業界の方々にとって、

お役に立つものだとしたら・・・・・

 

 

 

 

 

「見込み」と判断できるお客様が、

明確になります。

 

 

 

あなたがこれから始めるビジネスが、

どのようなお客様にお役に立てるのか

具体的に考える。

 

あなたはすでに、いろいろと

想像を巡らせているかもしれません。

 

その際、この視点を外さないことが

必須ですが、

これができていれば、

大きな失敗なく、うまくいくはずです。

 

 

今回の内容がお役に立ちましたら、幸いです。

 

あなたの起業の成功を応援します。

 

本日も最後までご覧くださいまして、

ありがとうございました。

なぜ2月の沖縄はサービスパーソンの力量が試されるのか?

「風が吹けば桶屋が儲かる」

ということわざがあります。

 

一見、因果関係がなさそうな事象であっても、

まわりまわってきた何が原因である

というものですね。

 

こんな感じ(↓)みたいですね。

 

1:風が吹くと砂ぼこりが舞う

2:砂ぼこりが目に入って失明する人が増える

3:失明した人は三味線引きになる

4:三味線の売れ行きが伸びる

5:三味線の皮に使われるネコが減る

6:ネコが減るのでネズミが増える

7:ネズミが増えるので、桶がかじられる

8:桶を買う人が増えるので、桶屋が儲かる

 

沖縄県で言えば、

「三味線(=ネコの皮)」ではなく

「三線(=ヘビの皮)」ですから、

ネズミの代わりに、カエルが増えるというところでしょうか。。。

 

 

ちなみに・・・

 

この「風が吹けば桶屋が儲かる」というのは、

起源は、江戸時代の『東海道中膝栗毛』だという説が

強いようですね。

 

 

さて、これは、いろいろなところで見らえる現状でして、

例えば・・・

 

 

「2月になると、沖縄県では、

 ホテルのサービスパーソンの力量が試される」

 

 

どんなことか、わかりますか?

1:2月になると、プロ野球のキャンプが沖縄ではじまる

  (2018年は9球団が、来沖されています)

2:ファンが応援のために、来沖される

3:公共の移動手段よりもレンタカーが使われる

4:沖縄県のレンタカーがすべからく、利用される

5:雨が降るとキャンプは中止になる

6:その時、ファンは観光をしようとする

7:ホテルのサービスパーソンに「オススメは?」と

  ファンが質問する

8:多くのサービスパーソンはメジャーな場所をオススメする

9:そこにファンが殺到するため、大渋滞になり、楽しめず、不満が募る

10:それを見越したサービスパーソンは、

   「メジャーでないけど、楽しめるオススメスポット」を紹介

11:そこは空いていて、ファンが楽しめる

12:雨の日を楽しめたファンは、

   教えてくれたサービスパーソンを高く評価する

 

 

これは、あるホテルの方が教えてくれたお話です。

 

メジャーな場所ももちろん、ステキな場所ではありますが、

そこだけが沖縄県の良さだというわけでは、ありません。

 

 

せっかく来沖しても、雨でキャンプが中心になれば

ファンの方といえども、ガッカリする気持ちになってしまいます。

 

その「ガッカリ」を、「沖縄、楽しい!!」に変えるために、

車の渋滞状況も鑑みた、技ありのサービスパーソンは

宿泊客の方から愛されるようです。

 

 

この話で大切なのは

「形にとらわれるのではなく、

 その時に、どのような判断(=オススメスポットを紹介)するのが

 お客様にとって、一番喜ばれるか」

ということから、発想しているということです。

 

 

今回の内容が、

あなたの起業にとって、お役に立ちましたら幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれまして

ありがとうございました。

 

起業は「やりたいこと」でスタートすべき3つの理由

あなたが、はじめて起業をするのなら、

成功のために、

気を付けていただいた方がいいことは、

いくつかあるのですが、

 

その中の一つに、

「自分が本当にやりたいことで

 起業するのが望ましい」

ということがあります。

 

 

本記事では、

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

から、

その3つの理由を、ご紹介します。

 

(本書をお持ちの方は、P.32~詳細が書かれておりますので

合わせてご覧ください)

 

 

1:「商いは飽きない」

 

自分の好きなことは、いつまでやっていても飽きが来ない。

誰にでも、そのようなものの1つや2つは、あるものです。

 

「はじめての起業」の場合は特に、

「気が乗らないけど、儲かりそうだから」

という選択をした場合、

 

お金は、ある程度、稼ぐことができるかもしれませんが、

増えるのは通帳残高だけではなく、

あなたのストレス指数も比例関数的に増えていきます。

 

決して健全とは言い難い精神状態で

どれだけのいい仕事ができるでしょうか?

 

それよりも、

あなたがやっていて楽しく、

それでいてお客様にも貢献できていること。

 

それがビジネスになれば、

他ならぬあなた自身が気持ちよく、

いい仕事ができるようになります。

 

結果、末永く愛され続ける

ビジネスを継続することができるのです。

 

 

2:成長が必然的に早くなる

 

やりたいことですから、

当然、知識の吸収にも貪欲になれます。

 

また、お客様の気持ちも

すぐに十分に理解ができるのではないでしょうか?

 

逆のケースを想像してみてください。

 

好きになれないビジネスを、儲かるために仕方なく

続けているとしたら。

 

知識の吸収は、睡魔を呼ぶ大学講義のように

ある意味苦行のようであり、

 

また、お客様の気持ちを知ろうとしても

「なんでこんなことにお金を払うの?」

とすら感じてしまうのではないでしょうか?

 

どちらの選択肢が、

ビジネスパーソンとして

成長が早いか、

一目瞭然ですよね。

 

 

3:勝つコツは、コツコツと

 

一夜漬けで試験を乗り切れたのは、

学生の時のテストまでで、

受験勉強になると、

コツコツと勉強してきた毎日の努力が

合格の唯一の方法です。

 

仕事も全く同じで、

仮に、大きな成果に恵まれても、

一発屋で終わる起業フレッシャーズは

少なくないようです。

 

ちょうど、宝くじで億万長者になった人が、

その数年後、破産してしまっているのに

似ているかもしれません。

 

一攫千金的な儲け方も、

間違いではかもしれませんが、

「はじめての起業」で

「楽しく幸せに成功したい」のであれば、

コツコツと積み重ねた、あなたの種まきの一切は、

宮大工の丁寧な基礎工事のように、

長くあなたのビジネスを成功に導いてくれます。

 

コツコツやることは、いいことだ

と頭でわかってはいても、

それが苦になることだと、心が拒絶します。

 

「言われなくても、気が付いたらやっていた」

「継続することが苦ではない」

というものが、コツコツ勝つコツのようです。

 

是非、あなたの起業は

「あなたがやりたいこと」

からスタートしてください。

 

 

あなたの成功を応援しております。

「儲かりそう」という動機からの脱却

「起業したい!!」

 

そう思ってはみたものの、

いざ、最初の一歩を踏み出そうにも、

何をしていいか、わからない。。。。。

 

そんなこと、ありませんか?

 

これは、いわゆる

「アイディアは何もないけど起業はしたい。

ビジネスアイディアはどうやったら見つかるのか?」

という状態です。

 

ビジネスアイディアの見つけ方のアドバイスを

教えられることはありますが、

逆に、「こんな選び方は要注意」というアドバイスは、

ありそうで、なかなかありません。

 

 

「こんな選び方は要注意」とは、どんな選び方かと申しますと・・・

 

 

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

では、次のように書かれております。

 

===============================

(P.30)

自分がやりたいものではないものを、

単にブームだからといって、

自分のビジネスの主軸にする。

 

ついついやりがちですが、

これはまったくお勧めできないビジネススタイルとなります。

===============================

 

その理由は、

(仮に儲かっていたとしても)やっている本人が

気持ちの上で、苦しくなってくるからです。

 

 

中学校や高校の時、同じ学年に、

こんな感じの人(↓)いませんでしたか?

 

「仲のいい友人が入るから」

という理由で一緒に入った部活が、

やっていて、その友人ほど楽しめず、

いつの間にか辞めてしまっている。。。

 

 

なんとなく気持ちはわかりますし、

部活であれば、

別の部に入り直して、

打ち込めば、最初の選択は帳消しになります。

 

 

ただ、これが、

「起業」となると、話は大きく変わります。

 

 

「つまらないから辞める」

「しんどいから辞める」

というのは、なかなか難しいのが実情です。

 

 

「本当は、たいして気乗りしないけど、

儲かるから、仕方なしにやっています」

となると、

お金のために苦しい時間を切り売りしているような、

「起業」の醍醐味を大きく損なっている起業家ライフになってしまします。

 

 

「儲かる」というのは、

ビジネスでは大切です。

 

 

しかし、

「儲かれば何でもいい」

というよりも、

「自分が好きなことで、なおかつ儲かること」

が、最も望ましい起業の形です。

 

 

あなたがこれから起業を志しているのであれば、

是非

「儲かりそう」という視点に加えて、

「自分が好きなこと」「得意なこと」という視点もまた、

併せ持ってくださいね。

 

 

この記事も最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

お役に立ちましたら幸いです。

出版記念トークイベントのご案内 「はじめての起業 成功の秘訣セミナー」

坂本先生が、沖縄県で、
出版記念のトークイベントに立たれます。

 

===========================

実務教育出版刊
『6つの不安がなくなればあなたの起業は 絶対成功する』
発売記念 著者・坂本憲彦さんトークイベント

https://honto.jp/store/news/detail_041000024619.html…

===========================

 

沖縄県にお住いの方も、
沖縄県にご旅行を予定されている方も、
これを機会に沖縄県に遊びに行こうと思われた方も、
是非、ご来場ください。

 

【日時】2018年3月24日(土) 15:00~
【場所】ジュンク堂書店 那覇様にて
https://honto.jp/store/detail_1570050_14HB320.html
(ゆいレール美栄橋駅から、すぐです)

 

ご著書の中で教えれている
成功する起業の秘訣だけでなく、

本には書ききれなった秘策までも、

この日は、沖縄県の起業家のために
お話くださいます。

 

ご縁のある方は、
お越し頂けますと、うれしく思います。

また、お知り合いの方へのご案内も
していただけましたら幸いです。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。