起業家がお客様との会話で最も注意しなければならないこととは?

起業家を悩ませることは、

お客様との会話の中にもあるようでして・・・・・

 

 

 

ある理髪店でのこと。

 

 

店員「髪、どうされますか?」

 

客 「短くしてください」

 

店員「何センチくらい、切りますか?」

 

客 「?」

 

店員「だから!!何センチくらい、切りますか?!」

 

 

このお客様は、このお店のことを

どう思うでしょうか?

 

 

会話を振り返ると、

どうやら、

店員さんは「何センチ切ったらいいか」を知りたかったそうですが、

 

お客様は、「何センチ切ればいいか」という考えがなく、

「こんな感じの髪形にしたいな」程度に思っておりました。

 

「何センチ切ればいいか」という質問に対して、

その答えを持たないお客様との会話は、

お客様が答えやすいように質問をすべきです。

 

 

この場合、

「どんな髪形にされたいですか?」

という、お客様の要望にピッタリの質問とか、

 

「○センチ切ると、分け目がなくなって、髪が立つようになります」

というように、イメージを与えるとか、

 

もっとわかりやすく、

イメージ写真を見せて、選んでもらうとか、

 

 

やり方は色々、あるはずです。

 

 

相手を自分に当てはめようとする方がラクですが、

その結果は、望ましくならない方が多いです。

 

 

お客様満足度は損なわれ、

そのうちに、よほどの安売りをするしか

生き残る方法はなくなります。

 

 

自分の伝えたいことが伝わらない。

思い通りの会話が成り立たない。

 

 

それは、

誰が悪いという犯人捜しをしたり、

他の誰かのせいにするよりも、

まず自分ができることを、探す方が、

けた違いに生産的です。

 

 

あなたが起業家として成功したいなら、

是非、覚えておいていただきたいことです。

 

 

あなたの沖縄での起業の成功を

心から応援しております。

 

 

今日も、読んでくれてありがとうございました。

起業家が逆境を突破するためのヒント

「もうムリ」

「できない」

起業をすると、時には、

そう思うようなことがあるのですが・・・

 

 

それを何とかする方法、ご存じですか?

 

 

例えば・・・・・

 

 

想像してみてください。

 

あなたがバスケットボールの監督だとして・・・・・

 

 

相手が

「超攻撃方」のチームだとします。

 

 

点の取り合いを挑んだら

明らかに負ける。

 

 

あなたが監督ならどうしますか?

 

 

根性で負けない?

守備力アップ?

敢えて点の取り合いを挑む?

 

 

戦い方の一つとして

「相手の攻撃回数を減らす」

という戦い方があります。

 

 

例えば、

バスケットボールのルールに

「24秒以内にシュートを打たなければならない」

というルールがあります。

 

 

自分たちが攻撃の場合、

24秒ギリギリまで

シュートを打たない。

 

 

これが決め事となります。

 

 

仮に半分の12秒でシュートを打つとすると

単純計算で、

相手の攻撃回数が増えてしまいます。

 

 

それを半分に減らすことで

勝負できる領域が見えてきます。

 

 

得点力が相手にかなわず、

守備力を上げようにも限界があります。

 

 

そんなとき、

「何かできることないか」

という観点で考えると、

 

戦い方が見えてくることがあります。

 

 

実際、

多くのバスケットボールの試合でも、

攻撃型の強豪チームが

負けてしまうことが多々ありますが、

 

 

その理由は、

「点の取り合いで負けた」

ということよりも、

 

「いつもの試合よりも

点が取れていない」

ことが多いのです。

 

 

この戦い方は、

相手の良さを消してしまい、

結果、勝手が違うと思わせるには十分です。

 

 

起業の世界で、

この

「何かできることないか」

という観点は大切です。

 

 

あなたが起業を志した瞬間から、

想い通りに行かない条件は、

たくさん出てきます。

 

 

家族の反対

周囲の反対

同業他社の存在

思わぬ法律改正

海外企業からの台頭

などなど。

 

 

むしろ、あなたの起業を

妨げるものだらけで、

それらが手を変え品を変え、

次から次へとやってくることの方が

多いです。

 

 

そんな中でも

「何とかできないか」

という考え方は

 

あなたがここ沖縄県で

起業を成功させる上で

不可欠な考え方です。

 

計画や戦術、戦略を考える際、

是非、この観点を外さないで

起業を楽しんでください。

 

 

あなたの沖縄県での起業の成功を

心から応援しております。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

開発秘話を持つ起業家にオススメ

あなたの商品やサービスの魅力を伝えて、

お客様に

「欲しいな」

と思って頂く方法、ご存じですか?

 

 

 

起業家にとって、その方法は、

売上を左右するほどのものなのですが、

 

 

例えば、こんな方法があります・・・・・

 

 

 

 

あるバーでは、

メニューにパスタが並んでいます。

 

 

 

その理由を尋ねると・・・

 

 

 

「自分が、パスタが好きで、

 お酒と一緒に、おいしいパスタが楽しめるお店を

 創るのが夢でした。

 

 以前、勉強のために働いていたバーでも、

 フードメニューの一つに、

 パスタはあったのですが、

 

 レトルトのもので、

 それをお客様に出すのには、

 納得していませんでした。

 

 そこで、イタリアンレストランで

 修行のために働きました。

 

 そこで自分が納得できるパスタを創ることが

 できるようになったので、

 このお店を創って、

 フードメニューにパスタを入れているんです」

 

 

これは、開発秘話にあたりますが、

このお店の方の想いが伝わる話です。

 

 

あなたの商品やサービスは、

どのような経緯でできたものでしょうか?

 

 

メニューにパスタを載せているだけよりも、

この開発秘話を添える方が、

より魅力が伝わります。

 

 

あなたが起業した際に、

その開発秘話をお持ちであれば、

お客様に伝えてみてください。

 

 

お客様にとって、

「これ、いいな」

「欲しいな」

と感じていただけるものになります。

 

 

あなたが起業家として

成功するために、

是非、役立ててください。

 

 

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

 

起業家が持つ拘りとは

「氷には拘っています。」

 

 

あるバーで、バーテンダーさんが

語ってくれました。

 

 

溶けにくい氷と

溶けやすい氷を

使い分けていて、

 

ゆっくりと味わって楽しみたいお酒には前者、

炭酸を使っているお酒も前者、

水割りのようなお酒の場合は後者、

 

とのことでした。

 

 

客という立場で見ると

知らないことが多々ありますが、

 

 

実際、その話を聞いたところ

こちらが意識していないだけで、

とても深く、拘りをもって、

一杯のグラスのお酒を提供してくれているようです。

 

 

あなたがこれから、

ここ沖縄で起業をする場合、

 

きっと、

何か拘っていることがあると思います。

 

その拘りこそ、

あなたがお客様に対して想っている想いの現れなのですが、

 

それをお客様に伝えて、

知っていただかないと、

 

もったいないですよね。

 

 

もちろん、

その拘りが深ければ深いほど、

あなたがお客様に提供する満足度は高く、

結果、お客様の評価や対価は高くなります。

 

起業家として

あなたが成功するためのヒントとして

是非、知っておいていただきたいことでした。

 

 

あなたの沖縄での起業を

心から応援しております。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

AIが、あなたの起業に与える影響とは?

AI

 

近年、急激に市民権を得てきたこの言葉は、

沖縄で起業をする私たちにとっても、

ないがしろにできないテーマの一つです。

 

 

AIの発展・発達が

私たちの暮らしを、より豊かにしてくれるという期待が

高まる一方で、

 

私たちの仕事をAIが奪うという懸念もまた、

高まっていると言われます。

 

 

振り返ると、たとえば、、、

 

 

ゆいレールで利用する電子マネー「OKICA」、

その先駆けである「Suica」、

 

これらの台頭で、今となっては、

改札口で切符を切る職員の方はいなくなりました。

 

 

当初は、組合との折り合いが

なかなかつかず、

導入が遅れたということもありましたが、

 

今となっては、

それが当たり前になっています。

 

 

これから、ますますAIが発達すると、

もっともっと便利になっていくでしょう。

 

 

例えば農業。

 

 

今までは、農家の方の

長い経験の中で培った感覚的なもので、

天気を読んだり、

農作物の状態を管理していたりました。

 

 

それらは、

職人気質の修練と経験の賜物であり、

そのおかげで、私たちの暮らしが支えられてきました。

 

 

一方で、

AIの活用方法で、

人工衛星で、天候を予測したり、

センサーで、農作物を管理したり

できるようになりました、

 

 

マンパワーや、経験則、カンなどといったものと比べ、

一定水準以上の質の成果が、

繰り返されるようになります。

 

 

農家の方が、これによって、全員、

いなくなるとは思いませんが、

 

今まで農家の方々がされていたご苦労は、

AIにとって代わると言われます。

 

 

では、私たち人間の役割は、

どこにあるのでしょうか?

 

 

AI時代に突入している今、

私たち起業家が選ぶビジネスは、

実はAIが競合になってしまう可能性もあるのです。

 

 

もちろん、AIを否定しているわけではありません。

むしろ、その出現は歓迎していますし、

将来を期待しています。

 

 

私たち起業家に大切なことは、

一見すると脅威であるAIと

上手に共存することです。

 

 

AIは仕事を奪う黒船なのではなく、

私たちがやるべきことに、

より専念ができるように、サポートしてくれる存在なのです。

 

 

AIのおかげで、時間も労力も

本来やるべきことに費やすことができるようになります。

 

 

さて、あなたが起業家として、

「やるべきこと」とは一体、

どんなことでしょうか?

 

 

 

今回の内容が、

沖縄で起業を志すあなたのお役に立ちましたら、

幸いです。

 

 

今日も読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

起業家が受け取る仕事の報酬は?

仕事の報酬は?

 

 

お金?

昇進?

名声?

 

 

どれも間違いではないのですが、

今回は、

沖縄で起業をするあなたのお役に立つ内容をご紹介します。

 

 

沖縄でサービス業をしている方が

言われていました。

 

 

仕事の報酬は、お客様の「ありがとう」。

 

 

それは、

ただ「ありがとう」と

5文字を言われただけのことではないのです。

 

 

その方曰く・・・

 

 

10名のお客様に対応したら、

”やって当たり前”

と思われているから、

”ありがとう”

とは、言われなくて当たり前。

 

むしろ、

期待が大きいので、

不平やクレームの方が多い。

 

だけど、

1名の方が、

気づいてくれて、

言ってくれる”ありがとう”が、

とても嬉しい。

 

その人の一言が、

次のお客様への接客の活力となる。。。

 

 

起業家には、

「金銭的なゆとりができる」

「お金が儲かる」

というイメージがついて回ると思います。

 

 

もちろん、それは、

仕事の報酬と言えるのですが、

 

それは、起業家が求めるものではなく、

結果的にもたらされるものです。

 

 

それよりも、

本当に求めるのは、

そんなお客様の感謝なのです。

 

 

あなたが起業した結果、

あなたがお客様からたくさんの感謝をされることを

祈念しております。

 

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

起業家が学ぶべき「芸能人の商品力」

2018年沖縄国際映画祭の最終日

レッドカーペットが始まる直前に・・・・・

 

 

「落雷なので、一時中断します」

 

 

とのアナウンス。

 

 

実際は、少し時間を置いて再開されました。

 

 

多くのファンが、

目当ての芸人さんや、

映画俳優さんが通るのを、

雨の中、待っていました。

 

 

芸人さんや、俳優さんって、

すごいと思いませんか?

 

 

雨の中でも、その人の登場を待たせてしまう

そして、

歩くだけで、多くの方を魅了してしまうのです。

 

 

レッドカーペットを歩いた際、

ファンと一緒に撮ってあげた写真や、

ファンにしてあげたサインが、

そのファンの方の今後の一生に

大きな影響を与えることさえ、あるのです。

 

 

起業家を志すあなたにとっても、

このことは、大きな教訓であり、

大切なことを教えてくれているのかもしれません。

 

 

それは、

あなたのビジネスとの出会いが、

お客様の人生に大きな影響を与えることもあるのです。

 

 

あなたの仕事がお客様に与える影響力

それこそがあなたの提供する商品なのです。

 

 

あなたの起業が、お客様に歓迎される日を

私たちも、心から待ち望んでいます。

 

 

今日も最後まで読んでくれまして、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

『君の名は。』が教える起業家の成功法則

売れるシナリオの型は、

起業したあなたのビジネスを成功に導いてくれます。

 

 

その事例として、今回は・・・・・

 

 

 

 

 

2018年の沖縄の国際映画祭は、

4月19日から22日です。

 

桜坂映画大学では、

『君の名は。』

を上映しておりました。

 

映画祭開催時現在で、

日本の歴代興行収入は、4位だそうです。

 

それほど大ヒットした映画ですので、

色々な方が、

その理由を色々と分析をしております。

 

起業家という観点で、

一つ、そのヒット理由をご紹介します。

 

【ヒーローズジャーニー】

という言葉、ご存じでしょうか?

 

これは、

シナリオの作り方の型の一つで、

この型に沿って作成したら、売れる

と言われているものです。

 

マンガでも、映画でも、小説でも、商品でも、

それは共通しているようです。

 

かなり雑な言い方ですが、

簡単に言うと、

「山あり 谷あり」を、

「落差激しく」

「なるべくたくさん」作る

ということになります。

 

『君の名は。』の場合は、こんな感じです。

 

※少しだけ、ネタばれ注意

 

■1:山へ

主役の男女二人の入れ替わりがはじまる。

最初は戸惑いながらも、徐々にその生活になれ、

少しずつ楽しみすら感じるようになる。

 

■2:山から谷へ(急落下)

何の前触れもなく、それが終わる。

 

■3:谷から山へ(時間をかけて登る)

大切なものを失ったので、それを取り戻しに。

取り戻せそうな瞬間に・・・

 

■4:山から谷へ(急落下)

絶望的な結果に終わる。

 

■5:谷から山へ(時間をかけて登る)

絶望的な結果を変えるために、主人公が動き出す・・・

その結果・・・・・

 

 

山→谷→山→谷→山→

を繰り返しながら、

あたかも株式チャートのように、

徐々にハッピーエンドに向かっていく。

 

 

これが、(大雑把に言って)

【ヒーローズジャーニー】

です。

 

 

売れている映画はもちろん、マンガも、

この型にはまっているものが多いです。

 

有名なのは

『スターウォーズ』

ですね。

 

そして、この型にはめて、

あなたの商品をプロモーションしたり、

セールスレターを書くと、

あなたのビジネスは、お客様の心を掴みます。

 

 

起業家が精魂込めて作ったビジネスをヒットさせるための

ご参考として。

 

 

あなたの沖縄での起業を応援しております。

 

 

今日も最後までお読みくださいまして、

ありがとうございました。

 

間違いだらけの強み論!?

「強み」について、

誤解されていることが多いようです。

 

 

あなたが起業して、

長くビジネスを楽しむ上で、

不可欠なことがあります。

 

 

それは、

あなたの「強み」を発揮できるビジネスをするべき

ということです。

 

 

 

と言いますのも・・・・・

 

 

 

「あなたの弱点の克服は、自己満足でしかなく、

 あなたの強みの活用こそ、社会貢献になる」

 

 

そのように言われることがあります。

あなたも共感をする内容ではないでしょうか?

 

 

さて、ここで言われている

「強み」について、考えてみましょう。

 

 

普通に日常会話の中で使う言葉ですが、

ビジネスにおける「強み」の意味を

よく理解していないと、

あなたの強みをビジネスで発揮できません。

 

 

起業やビジネスで言う「強み」とは、

あなたにできて、

他社、他人にできないこと

(or あなたにはカンタンにできるけど、

同じことを、他社や他人はなかなかできないこと

です。

 

 

よく誤解されることが多いのですが、

「強み」とは、

ストイックに鍛錬を積んで身に着けるもの。

 

 

そんな誤解があるようです。

 

 

確かに、ストイックな姿勢には、

見ていて、好感や尊敬の念を抱きますが、

 

当の本人は、

「欲しがりません、勝つまでは」的な時間は、

苦しいものです。

 

 

ビジネスで成功するための「強み」とは、

他の人が苦労していることを、

なぜか、あなたはカンタンにできてしまう。

 

 

「強み」をビジネスに生かすということは、

お客様が幸せになるのは当然のこと、

起業したあなたも幸せになれるものなのです。

 

 

是非、あなたの強みを見つけてください。

 

 

今回の内容が、

あなたの起業のお役に立ちましたら幸いです。

 

 

今回も最後まで読んでくれまして、

ありがとうございました。

 

 

 

起業を成功に導く3つの要素とは?

「これがそろったら、あなたの起業は成功する!」

 

そんな感じのものがあったら、

知りたいと思いませんか?

 

 

やりたいことが市場に受け入れられる方法とは

という記事でご紹介しました通り、

 

あなたのやりたいことが

ビジネスとして成立させるためには、

「あること」が必要です。

 

 

その「あること」とは

「コアコンセプト」

のことなのですが、

 

 

これは、3つの要素から構成されます。

 

 

「誰に」・・・お客様、ニーズ

「何を」・・・商品、ベネフィット

「USP」・・・数ある競合の中からお客様があなたを選ぶ理由

 

 

この3つについて、

明確であり、

それぞれに整合性が取れている

そのビジネスは成功します。

 

 

沖縄で起業を志すにあたり、

多くの方が不安に感じることは、

「ビジネスとして成り立つのか?」

「お客様がちゃんとつくのか?」

ということですが、

 

その不安は、

このコアコンセプトによって、解消されます。

 

 

それぞれの項目については、

また、別の機会にご紹介いたしますが、

まずは、ここでは

「コアコンセプトは、3つの要素からできている」

ということを、ご理解いただきたいと思います。

 

 

あなたの起業の成功を応援しております。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。