特徴をベネフィットに変換する方法とは?

あなたの商品やサービスの良さを熱弁しても、

その良さが、なかなか、伝わらない。

そんなこと、ありませんか?

 

 

 

商品やサービスの説明の仕方、表現方法に二つあります。

 

=============

①特徴

②ベネフィット

=============

 

①特徴は諸元、カタログスペック、性能です。

②ベネフィットは、メリット、利便性です。

 

 

多くの方は、「①特徴」をお客様に説明します。

 

 

いい商品であっても、実はお客様には

その良さが伝わりにくいのが、「①特徴」です。

 

 

その理由、なぜなら、わかりますか?

 

 

売り手の拘りが詰まっていることではありますが、

お客様の直接の関心事ではないからです。

 

 

お客様の直接の関心事は、「②ベネフィット」です。

 

 

ですから、お客様に商品やサービスの説明をするなら、

「②ベネフィット」で説明することが必要となります。

 

 

では、「①特徴」をどうやったら、

「②ベネフィット」に書き換えることが

できるでしょう?

 

 

例えば、

「スマホ」を例に取ります。

 

 

「スマホ」の「①特徴」は、何でしょうか?

 

 

色々ありますが、

「PCのようにネット検索ができる」

という性能をここでは例に取ります。

 

 

つまり、「①特徴」は、

「このスマホは、PCのようにネット検索ができる」

となりますし、

少なからず、このように商品説明されています。

 

 

では、これを、どのようにしたら、

「②ベネフィット」に買い替えられるでしょうか?

 

 

やり方は簡単で、次の2つの作業で、

「①特徴」を「②ベネフィット」に買い替えられます。

 

 

・主語を【「商品」から「お客様」に変える】

・【「①特徴」だから・・・】の構文にする(・・・がベネフィットとなる)

 

 

上記のスマホを例にすると、

「このスマホは、PCのようにネット検索ができます

だから、お客様は、知りたいことをすぐにその場で知ることができ、

 便利に使えます

となります。

 

 

「・・・」の部分は、自然な文章になるように、

考えてみてください。

 

 

今日の内容が、

沖縄で起業したあなたの商品やサービスの良さが

正しく伝わるお役に立ちましたら、幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

あなたの商品やサービスを正しく伝える方法とは?

あなたの商品やサービスの魅力を、

正しく伝える方法を知りたいと思いますか?

商品やサービスには

2つの側面があります。

 

①特徴

②ベネフィット

 

 

【①特徴】とは、商品やサービスの性能やスペックを指します。

例:この食材は無添加です。

このエアロバイクは、6段変速です。

このフライパンはフッ素加工です。

 

 

【②ベネフィット】とは、それを利用することで、

お客様が得られるメリットです。内面的な内容が多いです。

例:この食材の料理を食べると、健康によく、老廃物の排出を助けます。

このエアロバイクを利用すると、

負荷を調整できて、トレーニング効果が高ります。

このフライパンは、洗いやすいです。

 

 

多くの場合、商品やサービスの良さを伝えようとすると、

「特徴(①)」を伝えがちです。

 

 

勿論、間違いではないのですが、

その内容では、実は、お客様に魅力が伝わりにくいのです。

 

 

 

お客様が関心を持つのは、ベネフィット(②)です。

「それを利用すると、どこがどういいのか」ということに興味があるのです。

 

 

ですから、

あなたが日頃使っている商品説明の内容は、

「①特徴」だけでなく、

「②ベネフィット」にも言及する必要があります。

 

 

少し理解を深めていただくために・・・

 

 

例えば、

「この食材は、無添加で、健康によく、老廃物の排出を助けます」

という食材を扱っていたとします。

 

 

この文章のどこが「①特徴」で、どこが「②ベネフィット」なのでしょうか?

 

 

「①特徴」無添加

「②ベネフィット」健康によい、老廃物の排出を助ける

 

 

起業したあなたが、

商品やサービスの良さを伝えるときに、

是非、ご参考にしてください。

 

 

沖縄でのあなたの起業の成功を祈念しております。

 

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

あなたが提供しているものは?

あなたがお客様に提供しているものは?

 

 

沖縄で起業を志すあなたにとって、

この質問の答えは、とても大切です。

 

 

あなたが、仮に、

携帯電話ショップを営んでいるとしたら、

「提供しているものは、スマートフォンです」

という回答になりますでしょうか。

 

 

実は、この答え方、

正解でもあり、物足りなくもあります。

 

 

なぜ、そう言えるのか、わかりますか?

 

 

主役(=主語)が異なるからです。

主語が異なると、表現内容が変わるのです。

 

 

売り手が主語の場合

「私が販売しているのは、スマホです」

 

買い手が主語の場合

「お客様がこれを利用すると、

電話だけでなく、どこでもネット検索ができて

時間短縮ができます」

 

 

どのようなことかと言うと、

こんな話、聞いたことありませんか?

 

 

===========================

ある雑貨屋さんにお客様が、ドリルを探しに来ました。

 

話を聞くと、穴の開いた板が欲しいので、

ドリルと板を探しているとのこと。

 

だったら・・・

 

もともと穴の開いている板をお売りしたら、

ドリルを買う必要はなくて、

楽ですよね。

===========================

 

ここで言う「ドリル」「商品」と表現し、

「穴の開いている板なら楽」「ベネフィット」

表現されます。

 

 

お客様が本当に欲しているもの(=目的)は、

ドリルそのものが欲しいというよりも、

ドリルを利用することで得られるメリットです。

 

 

ちょうど、

腹痛の人にとって、

その腹痛が治るなら、

飲み薬でも、

注射でも、

鍼灸でも、

手段は都合のいいものなら何でもいいのです。

 

 

お客様の腹痛が治る(=目的)が、ベネフィット

それを実現させる(=手が、商品

 

 

そう考えると、

あなたの商品は何ですか?

 

 

と言われたときに、

「商品」を答えるのか?

「ベネフィット」を答えるのか?

 

 

それは、その時に求められている答えを

見極めて回答する必要があります。

 

 

 

あなたの商品が、

お客様に最高のベネフィットを提供することを

祈念しております。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

この日数続ければ、新しい習慣が身につきます!

勝つことは、コツコツと

 

 

そのように言われますが、

 

では、

どのくらい、コツコツ続ける必要なのでしょうか?

 

 

新しいことを始めた場合、

それが習慣化されるには、

「21日(3週間)」

と言われます。

 

 

もし、あなたの起業や人生の中で、

かなり優先度の高い内容を

これから身に着けなければならないのであれば、

まずは、21日間の継続を目指してみてください。

 

 

その際、大切なのは

「できなかった日の為の予備日を設ける」

「やる量と時間を、欲張らない」

ということです。

 

 

大切なのは、継続することです。

 

 

21日間続けれなくても、

予備日を使って、まずは

「トータル21日間続けた」

という実績を作ってみてください。

 

 

また、

新しいことをはじめると、

少なからず、今まで使っていないエネルギーや筋肉を

使うようになります。

 

それは、自分の自覚以上に

負担がかかっているのです。

 

だから、欲張ると21日間も続かなくなります。

適切な量と時間で継続しましょう。

 

 

 

その21日が経った後、次のステージが

あなたの目の前に広がります。

 

 

沖縄でのあなたの起業を、

心から応援しております。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業家が持つべきマインドセットとは?

 

 

せっかく起業するなら、絶対に成功したい!!

 

あなたはきっと、そう思って、

この沖縄で起業を志していることでしょう。

 

 

では、「成功する起業のポイントは?」

 

 

実は、起業家が成功するために必要なことは

挙げればキリがありませんが、

 

 

この動画では、坂本憲彦先生は、

「起業家のマインドセット」

に焦点を当てて、教えてくれています。

 

5分程度の動画ですが、

あなたの沖縄の起業の成功に役立てていただけましたら

幸いです。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長期的な事業をつくる起業アイデアの見つけ方

 

「起業したいけど、どんなビジネスで起業していいか、わからない」

「どんなビジネスを立ち上げらた、いいのだろう?」

 

そんなように思うことありませんか?

 

 

沖縄県の場合、土地柄的に、

飲食店やお店などで起業をする方が

少なからずいらっしゃるようですが、

 

一方で、

 

どんなことで起業するか、

なかなか、そのアイディアが出なくて

お悩みの方も多いようです。

 

 

では、そのお悩みは、

どのように解消したら、良いのでしょうか?

 

 

坂本憲彦先生は、この動画の中で、

・一般論

・坂本先生の持論

・場合によっては、避けるべき考え方

を、この順番で語られています。

 

「坂本先生の持論」は、

先日出版された本でも、

セミナーや講演でも、

一貫して教えらえていることです。

 

 

 

この動画の内容が、

沖縄で起業するあなたのアイディア出しに

お役に立ちましたら、幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

3日坊主でも成功できる方法とは

起業をするために、新しいことに取り組んでも、

どうしても、3日坊主で終わってしまう。。。

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

 

起業を志した当初は

騎虎之勢で勉強したり、

ワークに取り組んだりしますが、

 

「今の仕事が忙しい」

「プライベートの用事で忙しい」

「やり方がわからず、行き詰ってしまう」

などの理由で、

 

3日坊主になってしまうことが、

少なからずあるようです。

 

 

ところで・・・

 

 

3日坊主って、そんなに悪いことなのでしょうか?

 

 

確かに、毎日コツコツ続けられたら、

それに越したことはありませんし、

 

そのようなことを実行できる方は、

非常に尊敬に値します。

 

 

ですが、3日坊主でも、

それ相応に成長する方法があるのです。

 

 

【3日坊主を毎日続けてみる】

 

 

1週間7日の間に、

4敗してもいいので、3勝をキープする。

 

 

それを毎週繰り返すと、

1年間(52週)で、

「 3日間 × 52週 = 156日 」

も、自己研鑽にあてることができます。

 

 

それだけ、起業の為に自己研鑽ができれば、

あなたに想像以上の未来が待っていることも

期待してもいいですよね。

 

 

沖縄でのあなたの起業の成功を

心から応援しております。

 

 

今日もここまで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

 

好条件がそろっていても、失敗する起業家とは?

「どうして、このビジネス、失敗したの?」

 

他の誰かの失敗を見て、

そう思うこと、ありませんか?

 

 

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中、著者の坂本憲彦先生は、そのことについて、

教えられています。

 

それは、

坂本先生ご自身が携わった英語のビジネスを

例として挙げています。

 

 

オンラインで英語を学ぶというものでしたが、

今も当時も、英語を学びたい人は多く、

市場規模は申し分ありません。

 

坂本先生が当時されていた事業の

ビジネスパートナーも、

英語の業界に対するインフルエンサーでした。

 

リソースも充実していて、

各分野のスペシャリストが

揃っていました。

 

英語の講師役の方も、

有名な方で、コンテンツの価値は

とても高いものでした。

 

そして、そのビジネスを行ったのは、

坂本先生ご自身でして、

それまでにいくつかの事業を成功させていた

実業家で、経験も勢いもありました。

 

 

こんな好条件が揃っていると、

成功することが間違いないと思いませんか?

 

 

結果を申しますと・・・

 

1年で失敗したそうです。

 

 

なぜ?

 

 

坂本先生は、

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中で、次のように書かれています。

 

 

=======================

私自身が「英語」という商品に、

まったく興味を持てていなかったのです。

(P.35)

=======================

 

 

そんな理由で?

 

と思われるかもしれませんが、

 

好条件に恵まれたビジネスであっても、

結局は、そんな理由で失敗するそうです。

 

「好きこそ、ものの上手なれ」

ということわざがありますが、

ビジネスも同じようです。

 

 

ビジネスを成功させる上で不可欠なのは、

「改善」

と言われます。

 

坂本先生をはじめ

成功する起業家は、

すべからく、300回以上の改善を行っているそうです。

 

しかし、その「改善」は、

ものすごくパワーのかかることでして、

気が乗らないことに対しては、

「改善」の実行ができないそうです。

 

 

もちろん、

市場に受け入れられそう、とか、

儲かりそう、とか、

可能性がありそう、とか、

そういうものも大切ですが、

 

それだけでやっても、

うまくはいかないという事例です。

 

 

あなたもせっかく起業をするのであれば、

あなたが「本当にやりたいこと」から

まず考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

沖縄で起業を志す

あなたの成功を応援しております。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

カベにぶつかったら・・・

 

起業家にとって、避けて通ることができないもの。

 

 

 

それはカベにぶち当たることです。

 

 

あなたは、カベにぶち当たったとき、どうしますか?

 

 

意外なほど多くの方が、

うまくいかない今の手段に拘っているそうです。

 

 

もちろん、今やっていることの質を上げれば、

望んでいる成果を得ることができることもあります。

 

 

しかし一方で、

 

 

その手段に拘っているあまり、

カベを超えることがいつまでもできずにいる人がいるのも

また事実なのです。

 

 

 

他の人にアドバイスを求めることも、必要かもしれません。

 

別の視点から考えてみるのも、必要かもしれません。

 

今の手段と全く別の方法を試してみると、効果があるかもしれません。

 

 

 

手段に拘らず、

成果、結果に拘ることが、

起業家として成功するのに、大切な心掛けです。

 

 

 

是非、沖縄で成功する起業家を目指すときの

ご参考にしてください。

 

 

あなたの起業の成功を応援しております。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

起業デビューしたての起業家が売上アップの為に、まずやることは?

売上をもっと上げたいなら、

構成している要素を知ることが大切です。

 

 

 

坂本憲彦先生は、重版の決まった

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中で、このように教えられています。

 

【集客数 × 商品単価 × 販売成約率】

 

さて、、、

 

起業デビューしたての起業家が、この3つの要素を上げるときに、

どんな順番で上げるのが、やりやすいでしょうか?

 

少し補足しますと、、、

 

「集客数」

「商品単価」

「販売成約率」

のそれぞれを決めるものは、

次の通りです。

 

・集客数   ⇒ 誰に

・商品単価  ⇒ 何を

・販売成約率 ⇒ USP

 

 

なぜなら・・・

 

======================

 

【集客数は「誰に」に強く影響される】

あなたの商品を「誰に」提供するのか?

 

それが広く受け入れられるようであれば、

集客数はやり方次第で

大きな数字にすることができるでしょうし、

 

コアなファンを狙った場合は

集客数はそれほどは見込めないので、

商品単価や販売成約率で

バランスを取る選択が必要です。

 

======================

 

【商品単価は「何を」に強く影響される】

 

あなたの提供する商品が高い原価が

かかるものであったり、

非常の手間のかかるものであったり、

競合との相場も高額なものであった場合は、

商品単価は高くなるのがセオリーです。

 

もちろんそのセオリーを崩して販売する

という方法もありますが、

その場合は集客数や販売成約率に

注力しなければ売上げは下がってしまいます。

 

======================

 

【販売成約率は「USP」に強く影響される】

 

販売成約率はさまざまな要因で変化しますが、

もっとも大きな影響力を持つのは、

あなたの商品の「USP」です。

 

なぜなら

お客様が購入を決める決定的な決め手は、

その商品が持つ独自性に他ならないからです。

 

USPが弱ければ、

販売成約率は下がる傾向になりますので、

集客数を多くしたり

商品単価を高く設定しなければ、

望む売上げを達成することは難しくなるでしょう。

 

======================

 

ところで、、、

 

この3つの要素の中で、

起業デビューしたての起業家が着手しやすいのは、

いったい何でしょうか?

 

 

坂本憲彦先生は、「販売成約率」と教えられます。

 

と言いますのも・・・・

 

集客数を上げるためには、

広告費などの費用がかさむことが多く、

一度に大きなアップをするためには

経費がかかることも多いでしょう。

 

また

商品単価を上げることは簡単にできますが、

それによってお客様が購入を

控えすぎてしまうのであれば本末転倒ですし、

 

お客様に感謝されながら

継続したお付き合いをするためには、

理由のない値上げは

信用を失うことにもなりかねません。

 

ですので、

まずは興味を持ってくれたお客様に、

いかにして商品を購入してもらうか

考えるのが良いでしょう。

 

そのためには、

USPを磨き、

あなた自身があなたの商品の独自性を

じゅうぶんに理解し、

お客様に説明できるようにしていくこと

求められます。

 

USPとは、

「独自のウリ」

とか、

「お客様に選ばれる理由」
とか、

色々な表現のされ方があります。

 

坂本先生は、このように言われます。

「その人自身が今まで生きてきた軌跡そのもの」

あなたの語る、あなたの生きてきた軌跡が

USPとなるのです。

 

いかがでしょうか?

 

もし、その具体的なことを知りたいのであれば、

例えば、コチラはいかがでしょうか?

 

【第4回】立志プレゼンテーションTOKYO

 

志ある起業家が、

その生きてきた軌跡の中から

「なぜ、そのビジネスをやろうと思ったのか?」

「どんなお客様に貢献したいのか?」

「諦められない理由は?」

ということを語る企画です。

 

 

生きてきた軌跡がUSPだということを

如実に教えてくれるイベントです。

 

 

ご興味がありましたら、ぜひご参加下さい。

 

 

今回の内容が、あなたの沖縄での起業の成功のお役に立ちましたら幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。