【起業勉強会報告】売れるための営業術!!

売れるための営業術!!

 

 

今回の勉強会の内容でした。

簡単にご紹介いたします。

 

 

どれだけ、

いい商品であって、

優れたサービスであっても、

売れるための力があなたになければ、

お客様が手に取ることは、ありません。

 

お客様に届かなければ、

この世に存在しないことと、

残念ながら、同じになります。

 

 

ですから、

あなたの商品・サービスは、

お客様に届けなければなりません。

 

 

そのために最低限必要なことを、

6つにまとめて、ご紹介している

起業勉強会の6回目の開催報告です。

 

 

【テーマ】

営業

 

シリーズで全6回です。

1st  ⇒ 自分軸(10月)

2nd ⇒ リサーチ(11月)

3rd ⇒ コアコンセプト1回目(12月)

4th ⇒ コアコンセプト2回目(1月)

5th ⇒ マーケティング(2月)

6th ⇒ セールス(3月) ★今回★

 

 

【内容】

ビジネスを魚釣りに例えると、

魚を釣るスキルがセールス

魚群の上に船をつけることがマーケティング

となります。

 

「営業」という言葉には、

多くの方は、あまりよくないイメージを

持っています。

 

「押し売りされそう」

「ノルマのために、無理にでも売りそう」

「売れなかったら自腹を切ってそう」

などなど。

 

ちょうど、相手の都合も考えずに、

ズカズカと突撃する芸能レポーターのような、

印象を抱いている方が多いようです。

 

それは、売り方のわからない営業職の方々が、

繰り広げた営業の名残です。

 

売れるためには、

「お客様の知りたいこと」を

「お客様の知りたい順番」で

お伝えすることが大切です。

 

そのために「購買心理」を学ぶことが

売れるためには必要です。

 

カンタンにご紹介すると、

「購買心理」とは、

 

1:無知

2:知る

3:興味持つ

4:詳しく知りたい

5:検討する

6:購入を決断する

 

というような流れになります。

 

この心理に応じて、

お客様が知りたいことは変わってきますので、

それに応じたことを

お伝えするのが、大切です。

 

 

次回は、

「起業に役立つ読書会(仮)」

です。

 

 

次回は、4月14日(日)9:00~12:00@てぃるるです。

 

詳細は別途ご案内します。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

USPとなる理由とは

あなたの生きてきた軌跡がUSPになるという内容を

ご紹介しました。

 

それについて、補足をします。

 

これが利用できないことがあります。

 

それは、あなたが、今のビジネスを選んだ理由が

「ただ単に儲かりそうだから、好きでもないことをやっている」

場合です。

 

あなたの生きてきた軌跡がUSPとしての効果を持つのは、

あなたが、ご自分のビジネスを少なからず大切に思っているからです。

 

例えば、以下の二人のうち、どちらとお付き合いしたいでしょうか?

 

===================================

・自分は子供のころから、比較何でも卒なくこなすことができました。

勉強をしなくても理解は早く、クラスの上位5%には、必ず入っていました。

大学も六大学にストレートで入り、テニスサークルの副部長として、

楽しく毎日を過ごしていました。

アルバイトもガテン系のキツイものではなく、塾の講師で

夏の暑い日も涼しい教室で汗をかくことなく、生徒に教えていました。

心なしか、女子生徒から特に、慕われていたようです。

そんな自分が就職したのが、大手一部上場企業。

入社早々、花形部署であるマーケティング部に配属になりました。

仕事は面白く、もともと才能もあったのでしょう、やればやるほど、

頭角を現すように目覚ましい結果を出してきました。

そんな自分がある時、金儲けのヒントとして、ビビっときたのが、コチラ。

あなたの肩こりを治す、この塗り薬です。

持ち前のマーケティングスキルと、この商品を掛け合わせて、

金儲けをしています。

この私のお眼鏡にかなった、金のにおいのする商品です。

効果もきっと間違いありません。

===================================

・両親は小さいながらも町工場を経営していました。

商品の大量受注をするようなことはなく、売上は堅実でした。

決して大きくは儲けないけど、

従業員の皆さんと自分たち家族が食べていける程度の

実入りはありました。

父は社長を兼任する職人、母はその父を支える事務職。

二人は、いつも遅くまで働いていました。

私にとって印象的なのは、二人がいつも、自分の肩を、

逆の手で揉んだりさすったりしている姿です。

子供心に、二人とも肩が凝っているんだなと感じました。

時には、自分も二人の肩もみをしていましたし、そんなときには、

喜んでくれました。

贅沢はできませんでしたが、幸せな毎日でした。

私は今、そんな故郷から状況して、一人、東京で働いています。

父の跡を継がず、製薬会社で働くという自分の道を選んだ私を、

両親はさみしさ半分で、応援してくれています。

たまにしか帰省できない毎日ですが、仕事帰りにふと、

電車の窓から街を見ると、

家を灯している電気が見えます。

その家一つひとつに、大切な家族の毎日があるんだろうなと思うと、

自分が両親の肩もみをしていたことを懐かしく思い出しました。

そんなとき、ちょうど、自分が肩もみをしていたのと同じような効果のある

塗り薬ができたらいいなと思いまして、開発したのが、この薬です。

===================================

 

後者の方が、親近感を感じると思います。

 

お客様の心に響くのは、金儲け以外にも、

そのビジネスをやる大切な理由がある時です。

 

誤解のないように申しますと、

金儲けはビジネスである以上、必要です。

 

それは、ビジネスである以上、義務です。

しかし、義務ではあっても、目的ではありません。

 

利益を出すのと合わせて、

「なぜ、あなたが、そのビジネスをやりたいと思ったのか?」

という理由やきっかけが、

 

利益と関係ない所で、人生の大切な一つの出来事として

あなたの中にある時に、

 

あなたの人生の軌跡は、USPになり得ます。

 

 

===============================

 

今日のまとめ

・あなたが生きてきた軌跡をUSPにする場合、

 

あなたがそのビジネスをやろうと思った理由や

きっかけがそのままUSPになり得ます。

 

==============================