沖縄でお店を出して成功する秘訣は?

お店のルールを作るのは?

 

 

沖縄で店舗を出して、起業家として成功したい

と考える方は、

少なからずいらっしゃいます。

 

今までご紹介したコアコンセプト

不可欠ですが、

 

自分軸と言う点で、

もう少し掘り下げてみましょう。

 

 

それが、冒頭の

お店のルールを作るのは?

という質問です。

 

 

もちろん、お客様は大切です。

 

時には、神様扱いしたくなるくらい、

大切です。

 

 

ですが、本当にいいお店を作りたい場合は、

お客様の言いなりになり、

お客様を神様扱いしてはいけません。

 

少なくとも、ルールを作るのは、

お店のオーナーのあなたです。

 

 

例えば、

飲食店を作ったとします。

 

あなたが提供するのは、

温かい料理でもありますし、

おいしいお酒でもあるのですが、

それだけではありません。

 

その場で過ごす時間そのものが、

お客様にとっての

お金を支払うべき商品であり、サービスです。

 

それを作るのは、あなたです。

 

ですから、

あなたの自分軸に合わないお客様が、

見向きもしないお店であっても、

 

あなたの自分軸に合うお客様にとって、

生活の一部になるようなお店であれば、

それが正解です。

 

 

お店のルールを作るのは、あなたです。

 

※人の意見に耳を傾ける謙虚さは必要です。

ただ、その上で、取り入れるかどうでないかを

自分軸を基準に、自分で考えるのが、

必要です。

 

 

せっかく起業するのですから、

ぜひ、自分が大好きなお店を作ってください。

 

 

沖縄でのあなたの起業の成功を、

祈念しております。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

M-1グランプリ2019ファイナリストに見る、売れるヒントとは?

お笑い芸人の登竜門、人気番組のM-1グランプリ

 

2019年は、ミルクボーイさんの衝撃的な爆笑漫才が、

圧倒的な大差で、勝ちました。

 

多くの方が、登場した芸人さんの、

人生賭けた真剣なお笑いに、

手に汗握りながら、大笑いしていたことでしょう。

 

お笑い芸人さんも、

「お笑い」と言うベネフィットを、

お客様に提供するサービス業に従事する

立派なビジネスパーソンです。

 

そんなサービスパーソンも、

ビジネスである以上、

「売れる公式」

があるようでして・・・

 

そして、それは、私たち沖縄の起業家が、

好きなことで起業して成功するための

大きなヒントになります。

 

その「売れる公式」とは・・・?

 

名司会として、名漫才師として、

そしてM-1グランプリの仕掛人として、

一世を風靡した島田紳助さんが、

紳竜の研究』という動画の中で、

話していることがあります。

 

2007年3月NSC(吉本総合芸能学院)で

ただ一度だけ開催された

紳助さんの特別限定授業の中で

教えられたことでした。

 

それは、

「X = 自分の戦力、どんな笑いができるのか」

「Y = 世の中の笑いの流れ、時代によって変わってきた笑いの流れ」

をわかること。

 

M-1グランプリで勝ち上がるようなお笑い芸人さんは、

ただ単に面白いことをいうのではなく、

上記の公式に当てはめることができる人たちだそうです。

 

これがわからないから、面白いことを言っても、

勝ち上がれない。

 

たまに一発屋と言われる人がいますが、

それは、たまたまで、

Xである自分の戦力のことも自覚なければ、

Yの動きを見極められないから、

流れについていけず、すぐに忘れられてしまう。

 

XYとは、そのようなものだそうです。

 

さて・・・

 

2019年の大会までのお笑いの流れを見ると、

お笑い界のYが、何となく見えてきます。

 

そしてそれは、そのまま、

お笑い界を超えた、世の中の流れのヒントがあります。

 

ちょうど、M-1グランプリのサイトに、

「大会の歴史」

というページがあります。

 

これを見ると、過去15代の歴代優勝者や、

歴代ファイナリストが、一覧できます。

 

そして、その審査員の方々の現役時代を見ると、

ざっくりとしたYが見えてきます。

 

以前は、

まくしたてるような掛け合いで、

ツッコミがボケをきつく否定したり、

ぶったりしていたのが主流でした。

 

いわゆる、ドツキ漫才ですね。

 

もちろん、今の時代でもドツキ漫才をされる方もいますし、

笑いも取れていますし、人気もありますが、

今の時代の主流ではありません。

 

むしろ、今は、

ツッコミが優しかったり、

否定をしなかったりします。

 

2004年大会で、

はじめて南海キャンディーズさんが出てきて、

審査員のカウスさんが、

「優しいね」と山里さんに対してコメントしていたのが、

時代の流れが変わったあたりでしょうか。

(笑いの素人の考えですので、違う場合はご了承下さい)

 

2019年大会も、決勝に残った3組は、

ツッコミの方が、Yに則っているように

見受けられました。

 

優勝したミルクボーイさんは、

ツッコミの内海さんが、

ボケの駒場さんを、一つも否定していません。

 

ただの会話を、豊かなボキャブラリーで、

大きな笑いに変えています。

 

昔のドツキ漫才の面影は、ありませんでした。

 

残りの2組も、かまいたちさんも、

ボケの山内さんを、

ツッコミの濱家さんが否定しようとしていますが、

結局、ボケの山内さんに押し切られてしまいます。

 

ツッコミ > ボケ

というような、従来のドツキ漫才とは、異なる掛け合いで、

笑いを取りまくりました。

 

ぺこぱさんは、もっと象徴的で、

「新しいツッコミ」と紹介されていた通り、

ボケのシュウペイさんを、

ツッコミの松陰寺さんが、肯定するという、

斬新ながら、今のYをそのままのスタイルで、

多くのファンが応援していた和牛さんを抑えて、

ファイナリストになりました。

 

もちろん、オールドスタイルでは、

絶対に勝てないか、

というと、決してそうではないと思いますが、

 

勝ち組に入るのであれば、

Xを知るのは当然のことながら、

それをYに合わせる方が、

勝率は圧倒的に上がります。

 

そうは言っても、自分は、今、

一流と言えるような実績は、まだ、

出せてないしな・・・

と思われる方、いらっしゃるかもしれません。

 

仮にあなたが今、一流でないと感じていたとしても、

一流になるための方法も、『紳竜の研究』で、

教えられています。

(才能×努力のお話です)

 

本当に、とても勉強になる動画でした。

 

余談ですが・・・

 

この島田紳助さんの言われるXYのことは、

起業やビジネスと言う観点では、

立志財団理事長の坂本先生は、

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の中で、

「自分軸」「市場軸」「コアコンセプト」

と言う言葉で、説明をされています。

 

ご自分の自分軸を磨き続けながら、

時代に合わせるために市場軸の動きにも、

耳をそばだててみてください。

 

あなたの沖縄での起業・副業の成功を祈念しております。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

新しい収益の柱を作ることに成功したKFCさんの妙手

「あること」をしただけで、

売上が急に上がる!

 

 

ビジネスの世界では、よくあることです。

 

それを分析をすると、

コアコンセプトがバチっと磨かれていたり、

市場軸にうまく当てはまったりと、

色々な要因があります。

 

沖縄で起業や副業を成功させたい場合、

それらの要因をできるだけ勉強して、

自分の引き出しとして蓄えて、

自分のビジネスで活用することが、

大きな後押しとなります。

 

 

そんな観点から、今回ご紹介をするケースは・・・

 

 

ケンタッキーフライドチキンさんを

取り上げます。

 

「ケンタッキーフライドチキン=クリスマス」

というくらい、クリスマスの定番商品ですが、

 

逆に言うと、クリスマス以外は、

売上に苦戦をしているということになります。

 

それを、あることをしただけで、

12月以外の売上も上がるようになったそうです。

 

その「あること」、わかりますか?

 

それは・・・・・

 

【500円ランチをはじめた】

 

お得感のあるメニューを

手ごろなワンコインでいただける

 

そんな取り組みが功を奏して、

12月以外の売上も作れるようになったそうです。

 

これは、

「市場軸」とか「販売戦略」というテーマになります。

 

それまでも、

”ちょい飲み”需要を取り込むために

ビールとのセットを発売したり、

水曜日限定でオリジナルチキンを9ピース1,500円で

販売するといった施策で

クリスマス需要以外の掘り起こそうとしてきました。

 

ですが、いずれも善戦はしたものの、

期待以上の効果は、なかなか、

得られなかったそうです。

 

それが今回、

ワンコインでおいしくお得感のあるランチ

を提供することでヒットしたのです。

 

ケンタッキーフライドチキンさんの自分軸が、

市場軸と合致したものですね。

 

具体的に申しますと、

市場は、ファーストフードには、やはり、

・早い

・安い

・おいしい

という3つを求めるのですが、

それをうまく取り込めたいい事例だと拝見しております。

 

 

上記の内容が、

あなたが沖縄で起業、副業で成功するための、

一助になりましたら、幸いです。

 

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄ではじめて起業するときのお悩み解決のセミナー(1月12日)

沖縄で起業したけど、何からはじめたらいいか、

わからない・・・

 

 

そんなお悩み、ありませんか?

 

本屋さんや、インターネットで調べてみると、

色々な情報が出てきます。

 

どの情報も、決して、間違いではないのですが、

ゼロからスタートするときに、

「何を」「どの手順で」始めたらいいか、

なかなか、整理がつかなかったりします。

 

今回は、そんなお悩みにお答えできればと思いまして、

立志財団 沖縄志部で、こんな企画(↓)をご用意しました。

 

「はじめての起業 成功の秘訣セミナー @オンライン」

 

講師は、立志財団 理事長の坂本憲彦先生です。

 

坂本先生は、

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の著者で、

 

 

沖縄でも、ジュンク堂書店様のご厚意で、

過去5回、トークイベントをしていただいております。

 

※前回の様子はコチラ

⇒ https://risshi.or.jp/okinawa/archives/1143

 

ご興味ありましたら、ご参加ください。

 

【趣旨】

①はじめての起業で成功する方法

②はじめて起業するときに、何をすべきか

③Q&A

 

 

【日時】

2020年1月12日(日)

10~12時予定

 

 

【場所】

てぃるる 研修室3

http://www.tiruru.or.jp/

 

この会場にて、当方がご用意した

オンラインセミナーを受講いただきます。

 

 

【持ち物】

筆記用具

ノート

 

 

【費用】

500円(実費)

※以下の方は無料でご参加いただけます。

・立志財団会員様

・桜坂市民大学様受講生様

 

 

【お申込み】

コチラから、お申込み下さい。

http://urx2.nu/S73c

 

 

【FAQ】

Q1:

起業に興味ありますが、

まだ起業していませんが、

参加しても大丈夫でしょうか?

A1:

はい。問題ありません。

大歓迎です。

 

Q2:

起業に興味ありますが、

ビジネスアイディアがまだ

ありませんが、大丈夫でしょうか?

A2:

はい。見つけるためのワークもあります。

ぜひ、これをきっかけに、

あなたのビジネスアイディアを見つけてください。

 

Q3:

主催は?

A3:

立志財団沖縄志部です。

「起業家教育で人々を幸せに」

を実現するための財団法人の沖縄志部です。

コチラ(↓)から、サイトに入れます。

https://risshi.or.jp/

また、こちらのサイトでも、

情報発信をしております。

http://risshi.or.jp/mission/category/podcast/

 

Q4:

立志財団沖縄志部の実績は?

A4:

毎週日曜日に、エフエム那覇様で、

ラジオ番組を持たせてもらっております。

◆ラジオ起業塾

沖縄で起業したい人を応援します「坂本憲彦のラジオ起業塾」

他にも、大手書店様でのトークイベントや、

桜坂市民大学様での講座などのご縁を

いただいております。

 

Q5:

参加申し込みをした後、

急用で行けなくなるかもしれません。

キャンセル料は発生しますか?

A5:

いいえ。発生いたしません。

 

その他、ご不明な点がありましたら、

メールにて、ご連絡ください。

okinawa@risshi.or.jp

 

 

 

会場で、お会いできることを楽しみにしております。

沖縄で起業して成功したいなら、売れるべくして売れる企画を創る

沖縄で起業したい人を応援します!

 

桜坂市民大学様のご厚意で、今期56期も、

「はじめての起業・副業 成功の秘訣講座」

を設けさせて頂きました。

 

桜坂市民大学様、受講生の皆様、

ありがとうございました。

 

5回目の最後は、

コアコンセプトについての総論でした。

 

コアコンセプトとは、

売れるべくして売れるビジネス企画

です。

 

「誰に」(お客様、お客様のニーズ)

「何を」(あなたの商品やサービス、ベネフィット)

「USP」(独自の売り、選ばれる理由)

の3つの要素を明確にして、整合性と持たせ、

確立するまで修正し続けていくことで、

 

このコアコンセプトは磨かれ、

あなたのビジネスは売れるべくして売れるようになります。

 

 

上記の「明確に」

と言うことの一例をご紹介します。

 

例えば・・・

 

あなたが、エアコン掃除のビジネスで起業したとします。

 

集客が思うようにいかない場合、

このコアコンセプトを磨いて、

行列のできるエアコン掃除屋さんにするには、

どうしたらいいでしょうか?

 

ヒントは、

「誰に」「何を」「USP」

を明確にする(=具体的にする、絞る)ことです。

 

こんな感じだといかがでしょうか?

 

◆before

・誰に ⇒ 近隣のご家庭

・何を ⇒ エアコンの掃除

・USP  ⇒ 熟練の腕

 

これ(↑)でも、いいと思いますが、

こんな感じ(↓)に、少しアレンジしては、

いかがでしょうか?

 

◆after

・誰に ⇒ 近隣のご家庭で、赤ちゃんや妊婦さんのいるご家庭

アレルギーに悩む方がいるご家庭

・何を ⇒ エアコンの掃除を通して作られるキレイな空気の空間

・USP  ⇒ 熟練までの長い経験の中で、専門家だけが知りえる知識を提供

例:エアコンが汚れない使い方のアドバイス

例:赤ちゃんの部屋に置くべきエアコンについてのアドバイス

 

ポイントは、明確にする(=具体的にする、絞る)ことですが、

方向性としては、

「お金を出してでも、その商品やサービスを求める人は誰か」

を考えることです。

 

仮にこのコアコンセプトがいいものだとすると、

広がりを見せることができます。

 

つまり、

ご家庭だけでなく、

保育園、幼稚園、産婦人科、病院、小児歯科などでも、

需要がありそうな感じがしませんか?

 

上記はあくまで仮説なので、

実際にうまく行くかどうかは、やってみないとわかりません。

 

しかし、

売れるべくして売れるビジネス企画を仕立て上げてから、

ビジネスを発進した方が、

やみくもに発進するよりも、

勝率が高いような気がしませんか?

 

これがコアコンセプトです。

5回の講座でご紹介した内容です。

 

きっとあなたの起業や副業の成功のお役に立ちます。

 

ご縁をいただいた桜坂市民大学様と、

受講された皆様、

ありがとうございました。

実績も経験もゼロの起業ルーキーのあなたが沖縄で選ばれる理由とは?

沖縄で起業して、成功するには、

ライバル達と比較されても、

あなたが選ばれる必要があります。

 

 

その「選ばれる」理由を、USPと言います。

Unique Selling Propositionの略ですね。

 

桜坂市民大学様でお届けしている講座の内容です。

 

今まで

専門化(ニッチ)

掛け合わせ

の2つをご紹介しました。

 

今回は、3つ目の「想い」について、

ご紹介します。

 

想いとは、

あなたがあなたのビジネスに対している想い

です。

 

それは、

「金儲けがしたい」とか、

「有名になりたい」とかでは

ありません。

 

「こんな方のお役に立ちたい」

「こんな感じに社会貢献したい」

など、

聞いていて、共感を呼ぶものです。

 

振り返ると、あなたは、

何のために、そのビジネスで起業したいと

思いついたのでしょうか?

 

それが想いです。

 

実績も経験も人脈も知名度も、

今のあなたにはないかもしれません。

 

ですが、この想いだけは、

オンリーワンです。

 

この想いに共感したお客様は、

実績ナンバーワンでもない、

実力ナンバーワンでもないあなたに期待しているのは、

あなたと一緒に成長することなのです。

 

あなたが、お客様やビジネスに対して抱いている想いは

どんなものですか?

 

 

それがあなたのUSPになります。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

 

イチバンではない強みの生かし方

せっかく、この沖縄で起業したのだから、

絶対に成功したい!

そのカギを握るものは、差別化(USP)!!

 

そのようなお話を聞いたこと、

ある方、多いのではないでしょうか?

 

もちろん、その通りですが、

では、

「どうやって、差別化するのか?」

「どのようにしたら、USPを創ることができるのか?」

ということについて、ご存知ですか?

 

いくつかある「USPの創り方」の二つ目は、

「掛け合わせ」

です。

 

「掛け合わせ」とは、

あなたの強みを掛け合わせることです。

 

と、言いますのも・・・

 

「USP≒強み」

です。

 

確かに、あなたの強みはUSPとなり、

差別化につながります。

 

ですが、こんなお悩み、ありませんか?

 

自分の強い分野で、他にもっとすごい人がいる。

だから、強みが差別化につながらない。

 

そんなとき、こんな工夫をしてみてください。

 

例えば・・・

 

沖縄には、数多くのタクシー会社様があります。

 

なかなか選ばれるのが難しいのですが、

こんな工夫をしてみては、いかがでしょうか?

 

「海外観光客向け」

 

あなたの強み① その観光客の方の母国語も話せる

あなたの強み② 沖縄の観光地に精通

あなたの強み③ 運転が上手

 

この3つを掛け合わせることで、

たった一つの強みとなり、

差別化につながるUSPとなります。

 

ポイントは、

・一つ一つの強みがNo.1である必要はない

・掛け合わせの結果、お客様が幸せになる

という点です。

 

是非、あなたのビジネスが差別化される

優れたUSPをお探しください。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

ニッチ市場で一人勝ちする沖縄の起業テクニック

沖縄県で起業し、成功するためには、

独自の売り(USP/差別化)が必要。

 

 

そのように言われます。

 

 

前回の桜坂市民大学様56期(第4回/全5回)で、

ご紹介した内容です。

 

差別化の仕方はいろいろありますが、

比較的カンタンで、

なのに効果が高い方法のいくつかを

ご紹介いたしました。

 

そのうちの一つが

「専門」

です。

 

例えば、こんなお話があります。

 

ある仕出し弁当屋さんが、

あることをしただけで、

繁盛店に生まれ変わりました。

 

お弁当の内容も、

味も金額も、

変えておりません。

 

さて、何を変えたでしょうか?

 

答えは・・・・・

 

専門化です。

何の専門になったかというと、

「葬儀専門の仕出し弁当屋さん」

です。

 

今でこそ、

葬儀専門も少し増えてきたそうですが、

 

このお店が葬儀専門になった時には、

まだ、葬儀専門がなかったそうです。

 

葬儀専門になりましたところ、

お客様が、

葬儀の時に仕出し弁当屋さんを探したら、

必ず、このお店が目に留まります。

 

〇〇専門としたら、

その瞬間から、ニッチビジネスになります。

 

ニッチビジネスとは、

狭い市場で一人勝ちする戦略です。

 

仕出し弁当屋ビジネスでいうと、

仕出し弁当市場のお客様は、

色々多岐に渡ります。

 

・社内のお昼ご飯

・家族のピクニック

・運動会

・葬儀

などなど。

 

葬儀専門とした瞬間に、

それ以外の市場を捨てる覚悟は必要ですが、

 

逆に言うと、

その市場で一人勝ちできる可能性が高くなります。

 

その市場規模が十分で、

他にその専門の競合がなければ、

十分な収入につながります。

 

今日は、USPの作り方の一つとして、

専門となる方法をご紹介しました。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

競合ひしめく沖縄県の起業で成功する方法とは?

なぜ、あのお店だけ、行列できているの?

 

那覇市で、そう思う光景を目にしたこと、

ありませんか?

 

競合が多くひしめく中で、

一人勝ちしているお店が、

数あるライバルたちを差し置いて、

お客様から選ばれる理由は?

 

その答えを「USP」と言います。

 

今回の桜坂市民大学様の講義(第4回/全5回)

内容でした。

 

Unique Selling Propositionの頭文字を

取ったもので、

 

「独自の売り」

「差別化」

「あなただけがお客様に提供できる価値」

「数あるライバルからあなたがお客様から選ばれる理由」

などと、言い換えることができます。

 

これは、コアコンセプトの構成要素の一つです。

 

「誰に」(お客様、ニーズ、悩み)

「何を」(商品、解決方法、価値)

「USP」

の3つで構成されているビジネス企画が、

コアコンセプトです。

 

USPがなければ、価格以外で、

選ばれることがないので、

このUSPは、沖縄で起業を成功させるのに、

不可欠なものです。

 

USPの作り方の入門編として、

下記の3つが挙げられます。

 

①専門

②掛け合わせ

③想い

 

これらを上手に使うことで、

あなたのビジネスは、

ライバルたちとの差別化が可能になります。

 

 

今日も、最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

沖縄で起業して成功する方法@ジュンク堂書店様のトークイベント

沖縄で起業する人を応援します。

 

 

ジュンク堂書店那覇店様にて、

トークイベントをさせて頂きました。

 

登壇は、立志財団 理事長の坂本憲彦先生です。

 

『6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する』

の内容について、ご紹介いただくイベントでした。

 

ご参加された方のご質問をいただきながら、

沖縄で起業を成功させるためのポイント

ご紹介しました。

 

例えば・・・

 

①自分でできるビジネスのネタの出し方

②それをビジネスに仕立て上げる方法

③同じビジネスをしているライバル達から選ばれる方法

などをご紹介いただきました。

 

 

 

今回もご縁をいただきまして、

ジュンク堂書店様、ありがとうございました。

 

また、ご参加いただきました皆様、

ありがとうございました。

 

 

次回は来年予定です。

次の機会もよろしくお願いいたします。