あなたの過去に、ライバルとの差別化のヒントがある

供給多寡の中、

あなたが沖縄のお客様に選ばれるために、

必要なもの。

 

 

それがUSP(Unique Selling Proposition)です。

独自の売り

差別化、

などと同じ意味です。

 

その創り方をご紹介しております。

 

前回は、

「〇〇専門にする」

ということを、ご紹介しました。

 

今回は、

「圧倒的な実績」

をご紹介します。

 

あなたの過去を振り返ってみてください。

 

あなたのビジネスに関連することで、

・何かの大会で賞を頂いた

・誰よりも長く経験している

・多くのお客様から感謝されている

・地域で唯一のライセンスを持っている

など、他の方がマネできないもの、ありませんか?

 

それは、そのまま、

あなたのUSPとなり得ます。

 

他のライバル達が持っていない実績、それは、

お客様があなたを選びたくなる理由です。

 

あなたの過去の努力が最大限に報われるときと言っても、

いいのかもしれませんね。

 

ただ1点、ご注意ください。

 

あなたの実績が、

お客様にとって「すごいな」「信頼に値するな」と

感じることでなければなりません。

 

ご注意下さい。

 

 

今回の内容が、

あなたを指名買いするお客様で行列ができる未来創りに

役立ちましたら幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

お客様に選ばれる理由の創り方

選ばれるための理由を、

どうやったら、創れますか?

 

 

選ばれる理由は、

USPとか、

差別化とか、

独自の売りとか、

言われます。

 

その創り方ですが、代表例をご紹介します。

 

【〇〇専門】

とする。

 

 

例えば・・・

 

今、カウンセラーと呼ばれる方は、

数多くいらっしゃるそうです。

 

弁護士さんや行政書士さんと同じように、

供給が増えたため、

需要とのバランスが崩れているそうです。

 

いわゆる供給多寡です。

 

ですから、普通にカウンセラーを名乗っても、

クライアントは集まらないようです。

 

そんな中、

信頼あるカウンセラーとして、

多くのクライアントの方々から

ご依頼が集まるカウンセラーさんがいます。

 

三木ヒロシさんです。

 

三木さんは、カウンセラーですが、

「パニック障害の専門」

のカウンセラーさんとして、

ご活躍されています。

 

「〇〇専門」とすることで、

〇〇以外の方は、

お客様にならなくなるのではないですか?

 

そのように思われる方がいらっしゃいます。

 

それについては、以下のことを、

ご理解下さい。

 

1:対象を絞っても、一定以上の需要がある対象に対して、「〇〇専門」とする

 

逆に言うと、

「〇〇専門」とすることで、この世で3人しかお客様がいなくなり、それだけでは食べていけない、

というような選び方は、ビジネスとしては、正しくない可能性が高いです。

 

2:「〇〇専門」と名乗るだけではなく、何をしたら、「〇〇専門」と名乗れるかを明確にする

 

上記の三木さんの例で申しますと、

「パニック障害専門」と名乗るために、

「往診もします」とメニューに加えたそうです。

 

リサーチをすると、パニック障害を扱うカウンセラーは、何人もいらしたそうですが、すべて来院を前提としていたそうです。

 

ところが、パニック障害の方は、家から出ることが困難だったりすることが多いようです。

 

と言うことは、他の方が誰一人やっていなくても、パニック障害のクライアント様の為にできることとして、往診もメニューに加えたそうです。

 

「〇〇専門」を名乗るとは、そのようなことなのです。

 

その三木さんの詳しいお話は、

コチラ(↓)から、聞くことができます。

 

【ポッドキャスト】

「第28回 意外に見落としがちなリサーチの盲点」

 

 

今回の内容が、あなたの起業、副業の成功のお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

なぜあのお店だけ、日差しの強い暑い日にも関わらず、行列ができるのか?

沖縄で起業、副業を成功させるうえで、

これがあったら、成功確率がとても高まる!

 

 

その一つが、USPです。

 

 

USPとは、「Unique Selling Proposition」の略で、

「独自の売り」

「独自性」

「差別化」

「数あるライバルたちの中から、お客様があなたを指名する理由」

などと言われます。

 

市場には商品があふれているというのは、

今に始まったことではありません。

 

この成熟市場の中で選ばれるためには、

価格を安くするだけではありません。

 

価格以外に、価値を感じて頂けることがあれば、

そこに魅力を感じて、指名買いしていただけます。

 

 

那覇市で顕著なのは、

近年増えたラーメン屋さんがあります。

 

ドラッグストアと一緒に、

ここ数年で一気に増えたのですが、

正客は、海外からの観光客の方々です。

 

それらの方の需要を見込んで、

出店が増えました。

 

そのラーメン屋さんは、

どのお店も、繁盛していて満席なのですが、

あるお店だけは、行列ができていたりします。

 

どのお店も押しなべておいしく、

どのお店も価格もだいたい同じ。

店舗の雰囲気もきれいさも接客も甲乙つけがたい。

 

そんな中で、行列ができるのはなぜか?

夏の暑い日の昼の日最中にも関わらず、です。

 

 

この答えがUSPです。

 

このUSPは、人為的に創り上げることができます。

 

第3回の講義では、

このUSPの創り方がテーマです。

 

この内容を通して、

あなたの沖縄での起業、副業が成功しましたら、

幸いです。

 

なお、上記のラーメン屋さんの答えは、

「海外のアーティストが、

SNSで紹介したことがきっかけで話題になった」

ことらしいです。

(お聞したお話です)

 

どうせ沖縄にいって、

沖縄独自(or日本独自)のおいしいものを食べるなら・・・

 

この「どうせ食べるなら」と言う感情があるために、

数あるお店の中でも、

「せっかくならば、あの人が行ったお店にしよう」

となりやすいようです。

 

上記のUSPは、人為的に創ったものではなく、

ある意味、そのアーティストさんのご厚意によるものですが、

(もちろん、そのお店で満足されたからだと思います)

USPは待つものではなく、創り上げるものです。

 

 

この講義を通して、一緒に創り上げていきましょう。

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

内容をご紹介します【桜坂市民大学】【57期】第3回/全5回

沖縄で起業したい方を応援します!

 

桜坂市民大学様で、ご縁をいただいております

「はじめての起業・副業 成功の秘訣講座」

 

全5回のうちの3回目の内容をご紹介します。

①なぜあのお店だけ、日差しの強い暑い日にも関わらず、行列ができるのか?

②お客様の選ばれる理由の創り方

③あなたの過去に、ライバルとの差別化のヒントがある

④平凡でも、オンリーワンのUSPを創れる方法

⑤起業家ルーキーでも、ベテランを差し置いて、お客様に選ばれる方法とは

 

沖縄でのあなたの起業・副業の成功を応援しております。

那覇市での買い物で見つけた、すごい差別化!

上の写真は、

沖縄県のある優良大手小売店さんで

買い物したときについてきた段ボールです。

 

これ、何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

正解は、コチラ(↓)です。

 

 

上から見ると、こんな感じ(↓)です。

 

 

瓶の飲料を買ったときに、

持ち運びの時に割れないような工夫です。

 

これはお店の方が下さいました。

 

これ、すごくないですか?

2つの意味で。

 

1つは、顧客心理の中でも、

なかなか表に出にくいものを、

的確にとらえています。

 

今回で言いますと、

買い物客の

「瓶を割ってしまうかも」

と思う不安を払拭しています。

 

あなたの近くのスーパーや

小売店では、

そんな不安に対して、

何かしてくれていますか?

 

あったとしても、

決して多くはないのではないでしょうか?

 

顧客の不安の中でも、

なかなか売り手にはわかりにくいものを

的確にとらえて対応している点が、

1つ目の「すごい点」です。

 

もう一つは、

これによって、他店との差別化を

なしている点です。

 

感情価値と言う言葉がありますが、

商品の価値(実質価値と言います)は、

いいものを安くすることで、

他社との差別化になりますが、

 

小売店などでは特に、

商品そのもので大きな差が付くことは難しく、

そうなると金額勝負の価格競争になりがちです。

 

もちろん、小売店もスーパーも、

それを覚悟しての、ビジネスなのですが、

 

このようにちょっとした、

感情に訴えるものがあれば、

それは、大きな差につながります。

 

これ、何がすごいかと言うと、

商品や金額によらないところ(気遣い)で

差がついています。

 

気遣いは、気持ちがあればできることで、

ほぼ無料です。

 

かかったとしても大して、費用が発生していません。

 

しかし、この感情価値が与える効果は、

それこそ、お金で買えないものになりえます。

 

 

那覇市での買い物で、

こんな気づきがありましたので、

今回はご紹介いたしました。

 

あなたのビジネスのお役に立ちましたら、

幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうございました。

 

読谷村で垣間見れた2ステップマーケティング

ビジネスはすべからく、社会貢献(or人助け)であるべし!

 

立志財団沖縄志部では、そのように考え、

沖縄で起業したい方を応援しております。

 

私たちがすべての答えを持ち得ているのではなく、

折に触れ縁に触れ、学びや気づきを頂きながら、

ご縁のある方々と起業家として成長していきたいと

考えております。

 

私事ではありますが、先日、読谷村の座喜味城跡

お邪魔しました。

 

ライトアップを見たかったからです。

こんな感じ(↓↓↓)でした。

 

 

 

座喜味城は、

「築城家として名高い護佐丸が築いた先進的な建築技術と、

見事な曲線が美しい『続日本100名城』に選ばれた世界遺産」

と謳われています。

 

 

世界遺産だから、入場料が必要かな、と思っていってみると、

なんと、無料で入れます。

 

そして、それはライトアップの時も同じです。

 

観光する側からすると、ありがたいお話ですが、

ビジネスという観点で考えると、「?」となります。

 

何の意味があるの?

 

いかがでしょうか?

あなたは、どう思いますか?

 

以下、記載するのは、あくまで分析と推察でして、

読谷村の方に裏どりをしたわけではありませんので、

「一つの意見」と言う形でお読みください。

 

普通に考えたら、世界遺産だから、

入場料を請求してもよさそうなものを。

 

更に、費用をかけて、ライトアップまでして。

 

一体、なぜでしょうか?

 

 

 

 

これは、

「2ステップマーケティング」

であり、

「フロントエンド・バックエンド」

の考え方を知っていると、よく理解できます。

 

フロントエンドは、集客用商品。

バックエンドは、本命商品。

 

フロントエンドは、集客が主となるため、

利益は(場合によっては)度外視になることすら、あります。

 

バックエンドは、利益が主となりますゆえ、

単価が高額です。

 

そこで、

先のフロントエンドで集客できたお客様に集中的に

販売していくものです。

 

 

上記の座喜味城のことに当てはめると、

「無料で入れる世界遺産」

「無料のライトアップ」

は、フロントエンドです。

 

無料だから、多くの方来やすいです。

そして、一度来た人を、見込み客と考えているようです。

 

※「読谷村=自治体」であるため、

本記事で言うところの「見込み客」とは、

「読谷村で消費をする人」となります。

 

実際、こんなキャンペーン(↓↓↓)もありました。

 

dav

 

インスタにハッシュタグをつけて投稿すると、

プレゼントが頂けるというキャンペーンです。

 

この「インスタ+ハッシュタグ」は、

今のご時世ですと、とても強力です。

 

「インスタ+ハッシュタグ」は、

投稿する方は無料で投稿でき、

その結果、自尊心を満たすことができます。

 

投稿される読谷村さんから言うと、

お客様が、誰に言われることもなく、

広告を出してくれているということになります。

 

 

読谷村さんは、リゾートホテルも多く抱える

観光地。

 

プロ野球のキャンプなども行われます。

 

しかも、日本で最大人口の村だそうです。

 

 

そんな、ポテンシャルのある読谷村さんの

2ステップマーケティング(と思われる取り組み)を

ご紹介しました。

 

 

今回の内容がお役に立ちましたら幸いです。

 

今日も読んでくれて、ありがとうございました。

英語が話せないのにNYでセールスを成功させた起業家の話

起業や副業の成功に、必要なものは?

 

 

実力?

経験?

才能?

企画?

スキル?

ノウハウ?

プラン?

 

それらも大切ですが、

他にも大切なものがあります。

 

きっと、これがなければ、

どんな才能やプランがあっても、

起業も副業も実現ができません。

 

その大切なものとは?

 

コチラ(↓)でご紹介しております。

 

【沖縄で起業する人を応援します!

 坂本憲彦のラジオ起業塾】

200216 「英語が話せないのにNYでセールスを成功させた起業家の話」

※2020年2月16日のオンエア分です。

 

登場されるのは、

英語が話せないのに、

営業の経験がないのに、

そもそも人と話すのも億劫なのに、

個展をしたいという動機だけで

NYに突撃された本田さんです。

 

本田さんが、NYで個展をするのにたどり着いた秘訣を

教えていただきました。

 

ちなみに、本田さんは、こんな方(↓)です。

Luck&Harmony

https://www.instagram.com/luck_and_harmony/

 

https://www.youtube.com/channel/UCZ2HXWCFughu5p0je0CPURA

 

 

 

あなたの起業の成功のお役に立ちましたら、

幸いです。

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

【勉強会のご案内(4月4日)】沖縄で起業するには、自分の好きなことで起業する

ここ沖縄で起業をしたい!

 

 

だけど・・・

 

「やり方がわからない」

「独りでは、できなさそう」

「一緒にやる仲間が欲しい」

 

 

ゼロから学びながら、

一緒に起業や副業をやってみたい仲間もできる。

 

 

立志財団沖縄志部で行っている勉強会で、

そのような場をご提供しております。

 

 

勉強会の詳細は、下記になります。

ご興味ありましたら、ぜひご参加ください。

 

 

桜坂市民大学様を受講された方は、

 フォローアップセミナーとしてご利用下さい。

 

 

【趣旨】

①お手本となるビジネスのご紹介

 

②好きなことのビジネス化の計画

 

③Q&A

 

 

 

【日時】

2020年4月4日(土)

13~15時予定

 

 

【場所】

リンクライフさんのレンタルスペースを

お借りしております。

住所:那覇市銘苅1-19-33
最寄:沖縄都市モノレール古島駅から徒歩1分
   (西口からアクロス古島方面に歩いてすぐ)

 

https://www.spacemarket.com/spaces/wbhyxnex_gx1dybt

 

 

【持ち物】

筆記用具

ノート

 

 

【費用】

500円(実費)

※以下の方は無料でご参加いただけます。

・立志財団会員様

・桜坂市民大学様受講生様

 

 

【お申込み】

コチラから、お申込み下さい。

https://www.kokuchpro.com/event/57a38307be0b2499932614185d609563/

 

 

【FAQ】

Q1:

起業に興味ありますが、

まだ起業していませんが、

参加しても大丈夫でしょうか?

A1:

はい。問題ありません。

大歓迎です。

 

Q2:

起業に興味ありますが、

ビジネスアイディアがまだ

ありませんが、大丈夫でしょうか?

A2:

はい。見つけるためのワークもあります。

ぜひ、これをきっかけに、

あなたのビジネスアイディアを見つけてください。

 

Q3:

主催は?

A3:

立志財団沖縄志部です。

「起業家教育で人々を幸せに」

を実現するための財団法人の沖縄志部です。

コチラ(↓)から、サイトに入れます。

https://risshi.or.jp/

また、こちらのサイトでも、

情報発信をしております。

http://risshi.or.jp/mission/category/podcast/

 

Q4:

立志財団沖縄志部の実績は?

A4:

毎週日曜日に、エフエム那覇様で、

ラジオ番組を持たせてもらっております。

◆ラジオ起業塾

沖縄で起業したい人を応援します「坂本憲彦のラジオ起業塾」

他にも、大手書店様でのトークイベントや、

桜坂市民大学様での講座などのご縁を

いただいております。

 

Q5:

参加申し込みをした後、

急用で行けなくなるかもしれません。

キャンセル料は発生しますか?

A5:

いいえ。発生いたしません。

 

その他、ご不明な点がありましたら、

メールにて、ご連絡ください。

okinawa@risshi.or.jp

 

 

 

会場で、お会いできることを楽しみにしております。

【読書会報告】【2月8日】起業副業で、やりたいことを見つける方法

ここ沖縄で、やりたいことで起業したい!

だけど、その「やりたいこと」が何なのか、わからない。。。

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

実は、やりたいことは、今、たまたまわからないだけで、

本当は、すでにあなたの中に蓄積されていたりします。

 

玉石混合かもしれませんが、

「やりたいこと」の数だけいえば、

起業や副業を諦める必要がないくらい、

豊富なダイヤの原石がその中に少なからずあるのです。

 

あなたすら見落としている、

あなたの起業・副業を成功させるためのダイヤの原石を

あなたの手に取り戻す方法があります。

 

その方法が教えられているのが、コチラ(↓)

6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する

 

 

 

その方法は、

お金をかけることもなく、

自分を偽ることもなく、

誰かに意味なく否定や批判をされることもなく、

かなり高い確率で、

あなたの起業の夢を後追ししてくれるものです。

 

「ブレインダンプ」

と言われる方法がそれにあたります。

 

ブレインダンプとは、

とにかく制限時間中は、休まず手を動かし続けて、

書き続けることです。

 

必要なものは、次の3つです。

「ペン」「紙」「ストップウォッチ」

 

やり方は、以下の手順です。

手順1:テーマを決めます。

今回の例で言いますと、

「やりたいこと」

「好きなこと」

「得意なこと」

「長く続けられていること」

などです。

手順2:制限時間を決めます。

5分でも10分でも結構です。

この後紹介しますが、

制限時間中は手を動かし続けていただきます。

ですから、「できそうだ」と思える時間を

制限時間としましょう。

ちなみに、達人は33分33秒される方が多いようです。

手順3:制限時間中手を止めずに書き続ける

テーマに沿って、

頭に浮かんだことをそのまま書き続けます。

同じことしか思いつかなければ、

それだけを書き続けてOKです。

わからなければ、「わからない」と書いてもOKです。

この時に

「売れそうかな?」

「人に笑われないかな?」

「こんなこと書いていいのかな?」

と言うことは、まったく考えなくてOKです。

誰に見せるわけでもありません。

思いついたものだけを、

思いついた順番に書いていくことが正解です。

手順4:何度も繰り返す

 

これによって、あなたの中に眠るダイヤの原石が紙の上に現れます。

 

取捨選択や考えることは、その後からでも十分間に合います。

 

あなたの起業や副業アイディアを決めることにお役に立ちましたら、幸いです。

 

沖縄で起業をしてみたい!副業に挑戦してみたい!

そんな方を応援しております。