立志iTサポーター養成講座説明会

立志iTサポーター養成講座とは??

IT化が急速に進む一方、ITがニガテな方は大変な世の中になっています。。
特に事業主ともなれば、パソコン無しでは事業がままならない環境にまでなっています。

立志iTサポーターは「パソコンがニガテな個人事業主」や「IT担当者がひとりもいない小規模企業」様を、
少しでもパソコン、ITを活用して頂けるようにサポートしていくお仕事です。
ITサポーターとして10年以上現場サポートしてきた、講師村松のノウハウを余すことなく詰め込んだ講座です。
ITサポートは、パソコンを使用する全ての経営者、ビジネスマンに感謝されるサービスです。
そして、ITサポートはお客様と信頼関係を築くために、とても最適なサービスです。
ITサポートをキッカケ信頼関係を築くことで、さらにお仕事を頂くことが可能です。

みなさんのビジネスの発展としてITサポートサービスを取り入れてみませんか??

 


 

どんな方が受講できるの??

養成講座はどなたでも受講できます
特に、こんな方が立志iTサポーターに向いています。

  • パソコン仕事が好きな方
     
  • 新しいITツールがあると使ってみたくなる方
     
  • コミュニティケーションが好きな方
     
  • 辛抱強い方
     


特にこんな方にオススメです!!

  • 自分のサービスが売れずにお困りの方
     
  • フロントサービスが無くてお困りの方
     
  • AIやロボットに奪われない安定した事業を始めたい方
     
  • パソコンスキルを使った副業したい方
     
  • 本業と別のサイドビジネス(副業)が出来ます
     

 

どんなコトが学べるの??

      テクニカルな部分からコミュニケーションの部分まで網羅されたカリキュラムをお伝えしていきます

 

 

最後に

 IT進化の猛スピードで進む中、困っている方は本当にたくさんいます。
 私も今まで延べ5000件以上の相談に乗ってきましたが、本当に多くの方から感謝の言葉を頂き、本当にやりがいのある仕事だと思っています。
 そしてITサポートは、これからの時代もずっと必要とされるサービスであり、事業としても安定したものであると考えています。
 
 ITのサポートという事業は、みなさんの周りの経営者の助けになるだけではなく、
 みなさんご自身の事業にも必ずプラスになる事業です。
 私もこの事業を新たなチャレンジとして全力投球しておりますので、
 ぜひ1度、説明会を聞きに来て頂けると嬉しいです。
 よろしくお願いします。
 

立志iTサポーター養成講座フロントセミナー

【日時】

2月13日(火)14:00-15:30
2月27日(火)10:00-11:30
3月8日(金)10:00-11:30
3月23日(土)20:00-21:30
4月12日(金)10:00-11:30
4月20日(土)20:00-21:30
5月10日(金)10:00-11:30
5月18日(土)20:00-21:30
6月14日(金)10:00-11:30
6月22日(土)10:00-11:30

【参加費】
一般 無料
立志財団会員 無料

【会場】

●オンライン
zoomというテレビ会議システムを使って実施いたします。
パソコン、スマホがあれば、自宅からご参加いただけます。
※参加型のセミナーですので、マイク、カメラをオンにしてのご参加をお願いいたします。

 

講師プロフィール

坂本 憲彦


1975年、和歌山県生まれ。
一般財団法人 立志財団 理事長。
株式会社ナレッジアクション代表取締役。
2019年 第1回未来創造企業認定企業。

下関市立大学を卒業後、西日本シティ銀行に入行。6年間、法人・個人向けの融資や営業を担当する。30歳で独立し、ビジネススクール、速読講座、飲食店、貸会議室などを立ち上げ、年商5億円まで成長させる。銀行員時代から20年以上にわたり、1万人以上の起業家の指導を続けている。

自社開催の起業セミナーは500回以上開催し、延べ1万人以上が参加。富士ゼロックスやメットライフ生命、商工会議所、倫理法人会などの法人向けにもセミナーを開催しており、パソナ創業者南部靖之氏とともに講演実績もある。

「すべての人を真に導く」を真の使命として、志ある起業家の育成に全力をかけて邁進している。起業家育成の活動の一環として2017年9月、一般財団法人 立志財団を設立。2017年12月には実務教育出版より書籍『6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する』を出版し、1.1万部のベストセラーとなる。
 

村松 裕基


1986年、静岡県生まれ。
合同会社eees 代表社員。

静岡県浜松市出身。地元の理系大学を卒業後、システムエンジニアとしてヤマハ楽器の下請け会社に入社。電子楽器のシステム開発に携わる。
しかしリーマンショックの影響で25歳で会社をリストラされる。その時の経験から「自分自身で生き抜ける力」を身に着けるため、心機一転損保ジャパンに営業職として入社。
そこで、パソコン、ITが苦手な営業職の同僚を目の当たりにして「IT格差」の現実を知る。

28歳で独立をし「ITが苦手な方の専門のサポート」を立ち上げる。
今まで、延べ5000名以上の方のITサポート・コンサルティングをに尽力してきた。

「この世からIT格差を無くす」を経営理念として、ITが苦手な中小企業、個人事業主のサポートを、地元静岡県を中心に名古屋~東京まで幅広く行っている。