【VRシステム開発】川崎 仁史


1984年9月生まれ、神奈川県横浜市出身
CanR 代表 (→HP

小学校時代、体育の鉄棒で、できなくて悔しい思いをしてから、「できない」と「できた」が人生のテーマになる。
スムーズにできるプログラミングやジャグリング(けん玉、お手玉)を楽しみ、できなくて悔しかった英語やカラオケを頑張ってできるようにしてきた。

VRによって「できない」を「できた!」を変える会社を設立。
けん玉のみならず、色々な分野の「できない」を「できた!」に変えていく。