1. TOP
  2. おかしな人が、私を紹介しています。

おかしな人が、私を紹介しています。

 2016/11/30 起業実践コラム
この記事は約 7 分で読めます。 1,242 Views

私が親密に付き合わせてもらっているビジネス仲間に
一風変わった人がいます。
 
 
その人に
 
「本業は何ですか?」
 
と聞くと、本人ですら、
 
「うーん、、、一体、なんなんだろうね?」
 
と、首をかしげてしまうのです。
 
 
 
というのも、その人は
 
 
「株式トレーダーであり、
 セミナー講師であり、
 著者であり、
 経営者でもあり、
 コンサルタントでもある」
 
 
という人だからです。
 
 
彼はイグゼロさんというニックネームなのですが
様々な活動をしつつ、ネット上では顔も出していないので、
 
「本当は、実在していないんじゃないのか?」
 
という憶測が飛び交うほどです。
 
 
私は実際に何回も会ったことがあるので
実在しているのは知っているのですが、
やっていることは、よく分かっていません。
 
 
そんな彼なのですが、私のミッションや
私のやっていることには100%賛同をしてくれていて、
 
 
「今度、ぜひ一緒にコラボセミナーもやろう!」
 
 
と、ずっと言ってくれていたのですが、
今回、それが実現することになりました。
 
 
それもあって、今回、
イグゼロさんが私について紹介文を書いてくれました。
 
 
他のビジネスマンから見ると、私はどんな風にうつるのか?
ということも知れて、とてもよかったです。
 
 
彼はライターでもあるので、紹介文を読むだけでも
ライティングの勉強にもなると思うので、
ぜひ読んでみてください。
 
 
以下が、イグゼロさんの書いた紹介文です。
 
 
  
   ▼     ▼     ▼
 
 
【 立ち向かうのは、常識という名のドラゴン 】
 
私の友達の中には、
 
「え?なんでそんなにイバラの道を歩むの!?」
 
と、目を丸くするような人が何人もいる。
 
 
そんなドエm・・・いや、ストイックな友達の中でも
特に、抜きんでて すごい人がいる。
 
 
彼の名前は、坂本憲彦。
ふだんは「ノリノリ」と呼んでいるんだけれど、
この人のイバラの道が、ちょっとクレイジーだ。
 
 
どんなイバラの道か?というと、
彼の歩んでいるのは、
 
 
「ビジネスの常識をくつがえす」
 
 
という道。
  
 
 
当たり前なんだけれど、ビジネスは
現在のブームとか市場に合っているものの方が
当たりやすい。
 
 
そして、資金が多い方が有利で、
資金が少ない人と多い人がガチでぶつかったら
多い人の方が、たいてい市場を占拠する。
 
 
さらに、いわゆる「見込み客」は
多ければ多いほどいい。
 
 
 
上記に書いたような「常識」のもと、
 
 
「今、どんなものが市場でウケるのか?」
 
「どこから資金調達しようか?」
 
「見込み客をたくさん集客するためには?」
 
 
ということに頭を悩ませて、
やっと売り上げが立ち、利益をひねり出せる、
というのが、ほとんどの事業者の現実だ。
 
 
 
しかし、それを突き詰めていくと、どうなるのか?
というと。
 
 
 
ビジネスをやっている本人自身が
本当にやりたいことを置き忘れて、
 
「市場」
 
「資金」
 
「見込み客」
 
「売り上げ」
 
に振り回されて、最終的には
 
 
「こんなところに
 たどり着きたいワケじゃなかった」
 
 
と、燃え尽きてしまうわけだ。
 
 
 
何を隠そう、坂本ノリノリ自身も、
過去にそういった「ビジネスの常識」を追って
虚無感にさいなまれた人の一人。
 
 
 
3つの会社を同時に経営し、
その顧客数、売り上げ、利益、規模のすべてを
拡大させてゆく中で、
 
 
「これが本当に私のやりたかったことなのか?」
 
 
「お客様や、従業員、そしてその家族を
 幸せにしていると、胸を張って言えるだろうか?」
 
 
と、「ビジネスの常識」という名のドラゴンに
魂まで食われてしまいそうになった寸前に、
自分のビジネスの方針を変えた。 
 
 
 
 
現在、彼は、
市場や、資金、見込み客というところではなく、
 
 
「まずは、ビジネスをやる人が本当にやりたいこと」
 
 
を、ビジネスのスタート地点にして
そこからビジネスを成功させる教育者として活動をしている。
 
 
 
 
これって、まさに
 
 
「圧倒的軍勢に立ち向かう少数部隊」
 
とか、
 
「帝国軍に立ち向かうレジスタンス」
 
とか、
 
「巨大なドラゴンに立ち向かう勇者」
 
 
的なノリなんだよね。
  
 
 
いくらノリノリでも、そのノリで大丈夫なのか?
と心配するレベル。
 
 
 
 
なんだけれど。
 
 
彼は現在、その無謀な挑戦を
成功させ続けている。
 
 
彼の教えを受けた生徒さんたちは、
 
 
「何が好きなのか、自分でもわからなかった状態から
 本当に自分の好きなことを見つけ」
 
 
「それをビジネスにして」
 
 
「自分の思いを理解してくれるお客様に囲まれながら」
 
 
「継続的、安定的な収益をあげる」
 
 
という奇跡を、次々と現実のものにしている。
 
 
 
 
そんな奇跡が起こせるのは、
彼が夢物語だけを語る扇動者ではなく、
きちんとしたビジネスの経験と理論に裏付けされた
教えをほどこすからに他ならない。
 
 
 
でも、彼は決して生徒さんに対して
 
 
「そんなの、ビジネスにならないよ」
 
 
「もっと、冷静にビジネスにしようよ」
 
 
なんてことは、決して言わない。
 
 
 
まずは、本人のやりたいこと。
 
 
そこを大切に大切にしながら、
本人の情熱の炎を大きくしながら、
ビジネスとして、生徒さんと一緒に組み立ててゆく。
 
 
 
そうしないと、ビジネスをやっている本人にも、
お客様にも、真のハッピーは訪れないことを
誰よりも深く分かっているから。
 
 
 
 
 
 
私としては、そんな彼の無謀な
 
「ドラゴンとの戦い」
 
に、元気をもらっている一人として、
なにかお手伝いをしたい。
 
 
 
ということで。
 
 
 
今回、彼、坂本憲彦さんと一緒に
コラボセミナーを開催させてもらうことにしました。
 
 
 
テーマは、私たち二人が実体験を存分に語れる
「お客様との付き合い方」について。
 
 
数だけ集める集客ではなく、
本当に自分の良さを分かってくれるお客様を引き寄せ、
お互いに感謝しあいながら安定ビジネスを作る方法。
 
 
題して、
 
「あなたに理想的なお客様を引き寄せる方法」。
 
 
 
通常は、坂本ノリノリも私も
1回のセミナーで数万円はいただくのですが、
今回は、思いを伝えたい!ということで
 
「ダブル講師なのに、価格が安い」
 
という、不思議設定でお届けします。
 
 
日程は、12月4日のお昼過ぎから。
場所は東京でやります。
 
 
詳細やお申し込みは、こちらからできるので、
 
「トレンド市場、大資本、大見込み客」
 
というビジネスの常識とは違う成功の道を知りたい方は
ぜひ、いらしてくださいね!
 
では!
 ↓
http://sakamotonorihiko.info/lpp/hikiyose

\ SNSでシェアしよう! /

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

執筆者紹介 執筆者一覧

ザ・ミッション編集部

ザ・ミッション編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • テレワーク営業の強さのポイントは「集客とセールスの仕組み化」

  • テレワークから学ぶ「信頼関係の構築と向かうべき目標共有の大切さ」

  • 東洋哲学の専門家 横山成人が語る「人間学がなぜ経営者に必要なのか?」

  • 東洋哲学の専門家 横山成人が語る「孫子から学ぶ経営論」

関連記事

  • ストレスやプレッシャーに負けない方法

  • 500年の老舗企業の中心軸は・・・

  • 売上倍増、本好きの販売員の想いで始まった文庫X とは

  • 【コミュニティ作り】がビジネスを変える

  • ライバルが一瞬で消え去る競合戦略

  • 【松下幸之助の教え】37歳で本当の使命を知る