1. TOP
  2. ミッションの見つけ方

ミッションの見つけ方

起業実践コラム
この記事は約 4 分で読めます。 1,631 Views

こんにちは、坂本憲彦です。

今日はミッションの見つけ方について
お話します。

先日、ある方からこんな問い合わせをいただきました。

「坂本さんのお話を聞いて、
 ミッションがビジネスに大事なのは分かりました。
 でも、どうやってミッションを見つければいいのか、
 分かりません。
 ミッションの見つけ方を教えてほしいです

ミッションはビジネスにおいて、
本当に大切です。

起業家・経営者にとっては一番大事と言っても過言ではありません。

ただ、自分のミッションが見つからないとか、
分からないという方が多いのも事実です。

そこで、今日は、ミッションの見つけ方をお話させていただきます。

ミッションはどのように見つければいいのでしょうか?

多くの方が悩むところだと思います。

私も自分のミッションを見つけるのに、
10年近くの時間を費やしてきました。

また、その間に行ったセミナーは数知れず。

ミッションに関連したセミナーだけでも
おそらく数百万円以上は投資しています。

また、この10年の中で、
起業家として様々な経験をしてきました。

3つの会社を経営してきて、
よかったことも経験しましたが、
従業員や顧客、ビジネスパートナーからの
反発なども経験してきました。

そういった、様々な経験を通じて、
ミッションが形作られてきました。

そこで、今日は、
ミッションを見つけるために大切な3つのポイントについて
解説します。

この3つを意識するだけでも、
あなたのミッションはずいぶんと明確になってくると思います。

じっくりと読み進めてみてくださいね。

まずは一つ目のポイントですが、

一つ目は、

「どんな未来が欲しいのかを明確にする」

です。

自分が何が欲しいのか?
何を望んでいるのか?

これをすべて明確にしていくことが大事です。

紙に書き出してもいいですし、
ビジョンマップなどを書いてみてもいいでしょう。

とにかく、自分が将来欲しいものを
書き出していきます。

そうすることで、自分の欲求が明確になってきます。

そして、大事なのは、
その中で一番、欲しいものは何か?
と考えることです。

お金が一番なのか、
健康が一番なのか、
愛が一番なのか、
貢献が一番なのか、

一つしか叶えられないとしたら、
一番欲しいのは何なのかを感じてみてください。

そして、ミッションを見つけるための
2つ目の重要なポイントです。

それは、

「過去の経験を見つめなおす」

ことです。

あなたの過去にどんな出来事があったのかを
すべて、生まれた時から書き出していきます。

そして、その出来事が起こったときに
どんな感情をもったのかを書き出していきます。

人は過去の出来事から学び
未来の行動を変化させていきます。

あなたの意思決定に、
過去の出来事は大きな影響を与えています。

特に、大きく感情が動いた出来事は、
自分のミッションに大きな影響を与えています。

ぜひ、過去を見つめ直してみてください。

そして、最後の3つ目のポイントは、

「過去と未来をつなぐ」

ことです。

あなたの理想の未来は、
かならずあなたの過去の経験から来ています。

たとえば、過去にとても不自由な経験をした人は、
未来で、自由であることを望みます。

この過去と未来がつながれば、
今、自分が何をなすべきか?

自分が何をするためにこの世に生を受けたのかが、
分かります。

ぜひ、自分の過去と未来をつないで、
ミッションを見つけていってくださいね。

ミッションがあなたのビジネスや人生の
すべての中心になります。

それでは。

ありがとうございました!

坂本憲彦

\ SNSでシェアしよう! /

起業と経営を学ぶ 立志大学校の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

起業と経営を学ぶ 立志大学校の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

執筆者紹介 執筆者一覧

ザ・ミッション編集部

ザ・ミッション編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • オリオンビールが人気のストロング系をやめたことで消費者から応援される理由になった訳とは?!

  • ドラッガー「経営者の条件」から学ぶ成果を上げるための5つのポイント+αを解説!

  • 山田俊明先生に聞く「経営と感謝」の関係性とは?想いと心がビジネスの資本となる!

  • 山田俊明先生に聞く「人生を変える『本当の感謝』」真我を知ることで“人は心が10割”の理由がわかる!

関連記事

  • 500年の老舗企業の中心軸は・・・

  • ストレスやプレッシャーに負けない方法

  • 経営者が経営理念を浸透させるには

  • ビジネスに影響する雇用基準

  • 私の大切な日

  • 感動で相手の心を動かす方法