1. TOP
  2. Webとデザインの力で好きなことを全力でやり続ける!

Webとデザインの力で好きなことを全力でやり続ける!

 2020/04/17 起業ストーリー
この記事は約 8 分で読めます。 303 Views

毎日頑張って働いているけれど、満たされない。

本当に自分がやりたいことを全力でやれていない。

そんな気持ちを抱えて生きている方は多いのではないでしょうか?

想いを100%表現するWebとデザインの専門家である鈴木智夫氏は、かつてはやりたいことをあきらめていたけれど、葛藤を乗り越えて今では全力でやりたいことを仕事にできるようになりました。

本日は「Webとデザインの力で好きなことを全力でやり続ける!」と題しまして、同じように悩んでいる人たちを助けていく志をお話していただきます。

好きなことを全力でやり続ける方法


あなたは好きなことを全力で出来ていますか?

こんなに頑張っているのに給料がこれだけって何かおかしい。

そつなく仕事も出来ていて人間関係も悪くない。

でも、何かがおかしい。私がやりたいのはこれじゃない。

そんな感覚がずっと消えないのは、なぜ?

この話は僕の実体験をベースにしたものですが、好きなことに全力で取り組めていないというのが、日本を取り巻く課題ではないかと考えています。

そんな昨今ですが、一方で私がサポートさせて頂いたクライアントの方では、好きなことを全力でやり続けている人もいます。

一例をお出ししますと

・ダブルワークで忙しく勉強の時間も無かったが専業で取り組める環境になれた。

・本当に自分のやりたいことが好きなことだと確認できて行動が加速した。

等々、今まで出来ないとあきらめていたことが全力で出来るようになった、と言っていただいております。

なので今日は、なぜ好きなことを全力でやれてワクワクすることが出来るのか、その秘訣をお話しします。

やりたいことをあきらめた過去の自分


解決策、その秘訣は自分の想いを100%ホームページで表現することです。

想いを100%ホームページで表現することで、好きなことを全力でやれるようになる・・・そう信じてそれにこだわっています。

ではなぜ、想いを100%ホームページで表現することにこだわるのか。これは僕の過去にルーツがあります。

僕のスタートはひどい小児喘息でした。

保育園にはほぼ行けず、4,5歳くらいの記憶では、何で僕ばっかりこんなに辛いの?楽になりたいな、なんて思ったのをうっすら覚えています。

なので、小さい頃はもっぱら家や病院のベッドで絵を描いて過ごしていました。
そのおかげか、絵や図画工作が得意で市や県の賞を何度ももらい、それがすごく自信になりました。

なので、美術・藝術の道に進みたかったのですが、家庭の経済環境が苦しく父と母はいつも家計のやりくりでケンカをしていました。

それで、食える道を選ばなければならないと自分で勝手に先回りして、親にちゃんと相談したわけでもなく、この芸術の道は選べないとあきらめました。

食える道といえば、理系の道。そう思い進みました。

もし今、あのときの自分に何か言ってやれるとしたら・・・

なんであきらめたんだ。なんで表現しなかったんだ。

なんでそれでもやりたいって表現し続けなかったんだって言ってやりたいです。

それから、メーカーのエンジニアを3年やって、その後システム開発会社のプログラマーとシステムエンジニアを10年ほどやりました。

「ロジカルな方法をつかって問題解決をするのも以外と楽しく得意かもなぁ。」

なんて、日々自分を鼓舞して生活していたんですが、でも実際はそれ以外に生きていく道がないかのような、追い込まれた気持ちで過ごしていました。

Webとデザインで好きなことを全力でやり続けられる自分に


そんな折り、幸か不幸か会社が倒産。

表現する仕事がずっと気になっていましたが、エンジニアでは表現する仕事がずっとできませんでした。
そして自分じゃなくても替えが利く仕事だと思っていました。

なので、もうやりたいことをやろう、今度こそやりたいことをやろうと思って、デザインの学校で学びました。
寝食を忘れるくらい没頭してずっと心の奥で望んでいた、素晴らしい学びの時を過ごしました。

自分で勝手にあきらめて、自分を殺して親を恨んでしんどかったけど、デザインでビジュアル表現するということにチャレンジして救われました。

その後はWeb制作会社で、「Webエンジニア兼Webデザイナー」として7年間修行して独立したんですが、幼い頃あきらめた、絵を描くワクワク感を取り戻すことができました。

そして生きる術として身につけていた、エンジニアリングもWeb制作として活かせるようになり、Webとデザインという自己表現力が身につきました。

そして、Webとデザインで、好きなことを全力でやり続けられる自分になりました。

だからWebとデザインの力こそが、好きなことを全力でやり続ける表現力となる!

そう信じています。

実際にどんなことが起こったかご紹介します。

ある方は集客に苦戦していて、ダブルワークでまた時間が無くなるとかなり混乱されていました。
それで一緒にホームページを作りまして、2年ほど経つのですが、直近一ヶ月で50件以上の新規申し込み問い合わせがあったそうです。

「カウンセリングに集中できる環境になりました。」と嬉しそうに話して下さいました。

またとある方も、集客に悩まれていたんですが「私の考えを丁寧にわかりやすくホームページに反映してくれました。
運用開始後、2ヶ月でバックエンド商品が売れました。」と言っていただき、「ホームページを構築して腹がくくれました。
初めて有料でカウンセリングをしたのですが、喜んでいただけて自信になりました。」と嬉しそうに報告してくれました。

そういった、想いを100%伝えきるホームページこそが、「あなたにお願いしたい!」の声を生む。

そして好きなことを全力でやり続けられる結果を生む。

そう信じています。

Webの力で大人も子も幸せな社会を創る


今、そんな活動をしている私ですが、そんな私の人生の目的は「好きなことを全力でやれる世の中を創る」ことです。

好きなことを全力でやってワクワクしながらビジネス的にも納得の収入と時間を手に入れる。

そのための方法はたくさんあると思いますが、想いを100%表現することができるホームページ、Web集客という方法でサポートしています。

好きなことを全力でやる!その先に見ているのは、様々なソースを結びつけ関連付けるというWebの力・特性を使って創る未来です。

子ども達は好きなことを無邪気に全力でチャレンジできる未来。

大人は好きなことを全力でやってワクワク活き活き暮らしていける未来。

そして世界はそれぞれが自分の得意なこと、好きなことを全力でやって社会貢献しながら、お互い協力しあって幸せに暮らしていける未来。

これを様々なソースを関連付けWebの力・特性を使って創っていきたいと考えています。

両親の追体験と、二人から受け継いだ力


なぜ、好きなことを全力でやり続けることができる世の中を創りたいのか。
このルーツは、父母から受け継いだものがあります。

母は、豊かではない農家の7人兄弟の末っ子として生まれました。

本当は美容師になりたかったんですが、家計のために好きなことをあきらめて、中学卒業後は高校には行けず、ずっと働いていました。

ずっと自分のやりたいことを押し殺して子供達のために自分の時間を使ってくれました。
僕はそんな母が大好きでした。

そして今、自分の時間が使えるようになってからは、書道や絵手紙を人に教えるなどのクリエイティブな活動をしています。
そして人は何歳からでも好きなことを全力でやれば、本来の天才性を発揮できる、と教えてくれています。

父は家具職人の修行をした後、営業にまわりました。

生活は苦しかったのに、好きなことをやる人でした。
鉄砲を撃ちにいったり、スキューバダイビングをやったり、僕はそんな経済力のない父が大嫌いでした。

ですがカウンセリングを受けて、当時は叶いませんでしたが、「好きな道に進んでいいんだよ」って一度だけ言ってくれたのを思い出しました。

そして、当時は嫌だったけれども、「そんな生き方も良いよね」って最後言えたんです。
そしたら不思議な安心感に包まれて、ビジネスがどんどん進んでいくようになりました。

そして僕は今思えば、病気や貧困という理由から好きなことが出来ずに苦しかったという母から繋がる追体験をし、それでもめぐりめぐって好きなことをやる幸せを知るという父から繋がる追体験をし、それを父から受け継いだ職人というエンジニアリング、営業というマーケティング力、そして母から受け継いだクリエイティブ力の力を使って、父のように好きな道に進んで良いんだよって応援し、好きなことをあきらめていた母を助けたい、そう考えています。

だから、好きなことを全力でやれる世の中を創っていきたい、それを実現する一つの方法がWebとデザインで想いを100%ホームページで表現することだと信じています。

あなたの想いを全力で表現し応援した人を助けながら納得の収入と時間を手に入れる方法があります。

もしも皆さんが立てた志を形にし、表現するというところで何かを託されているのであれば、そのための大切なポイントをホームページや無料動画講座等でお伝えしています。

是非、ご覧になってみて下さい。

好きなことを全力でやれる未来をあなたに。

\ SNSでシェアしよう! /

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

執筆者紹介 執筆者一覧

岡崎智紀

岡崎智紀

1992年生まれ。岐阜県美濃加茂市出身。2014年静岡大学卒業。

あらゆる人の感性を発揮させることを目指し、文章化が得意ではない起業家やフリーランスのために取材・執筆を行なっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • コミュニティビジネス作り5つの必須ポイント

  • 経営者の必読本20選

  • 人脈の広げ方。人脈ある経営者とは?

  • 成功する人の時間管理10選

関連記事

  • 中小企業をルーチンワークから解放し生産性を向上させる

  • 住宅営業コーチの起業ストーリー

  • 「貢献機会」が充実人生を創る ~誠実なサラリーマンが自分らしく成功する秘訣~

  • 「ビジネスを飛躍的に伸ばすコミュニティ作り」今泉知久氏

  • 感動とワクワクで生きよう!~人生の終わりに後悔しない生き方~

  • 成長が実感できる環境を造る 筋トレ営業コーチ 島田皓一氏