1. TOP
  2. ベールを脱いだ「有名マジシャンの人気の秘密」

ベールを脱いだ「有名マジシャンの人気の秘密」

 2020/04/06 ビジネス 独立・起業
この記事は約 5 分で読めます。 47 Views

こんにちは。立志財団の森川です。
今回も、那覇市からお届けしております。

 
あなたは
「サーストン」
という方のお名前を
聞かれたことは、ありますか?

ハワード・サーストン。
19世紀後半から20世紀にかけて活躍した、
アメリカを代表するマジシャンのお一人です。

 

"Thurston, Devil Telling Him Secrets Magic Poster #2" Print, 9"x12"

 

そのサーストン氏が、
全米を代表するマジシャンになれたのは、
「ある理由」がありました。

それは、
天才的な技術でもなければ、
卓越したトークでもありません。

財力にものを言わせて
たくさんの最新の手品のネタを
仕入れたわけでもありません。

才能や財力ではなく、
誰もが気持ちさえあれば無料でできる、
「たった一つのあること」が、
サーストン氏をして、全米有数のマジシャンにしました。

 
その「あること」とは、いったい何だか、
あなたは、わかりますか?

 
他のマジシャンは、舞台に上がる前に、
客席を見て、こんな風に(↓)思っているようです。

「間抜けそうな顔ぶれがそろっているな。
 こんな連中ならば、たぶらかすのは、朝飯前だ」

 
一方、サーストン氏は、そうではないようです。

「私の舞台を見に来てくれているすべてのお客様に感謝する。
 そのおかげで、私は日々、暮らしている。
 今日も最高のステージをお届けしたい」

 
同じマジシャンであっても、マインドセットが異なれば、
実績や人気に差が出るのは当然です。

 
これだけ見ると、
「そんなの、当たり前じゃないか!」
と感じる方も、いらっしゃると思います。

 
ただ、
月々のノルマに追われながら、
営業や販売のお仕事をされている方や、
起業家や経営者の方が、

このお話を、自分のこととして、
捉えた時、いかがでしょうか?

 
ある方が、こんなお話(↓)をしてくれました。

「サーストン氏のようなマインドセットで、
 仕事をしていたかどうか、振り返ると、
 正直反省させられる。

 だからこそ、サーストン氏のように、
 顧客に対して、どうあるべきか、
 常々、自分で確認すべきだよね」

 
目の前のお客様は、
ノルマのための見込みでもなければ、
獲得すべきリードでもありません。

売り手の都合を押し付けて、
買わせる対象では、まったくありません。

サーストン氏のような気持ちで
お客様を見ることができるようになった時、
ビジネスがまた一つ、
次にステージに上がったそうです。

 
私自身、とても勉強になり、
とても反省もしたお話でした。

何かの参考になればと思いまして、
ご紹介をさせていただきました。

今回の内容が、
あなたのビジネスのお役に立ちましたら、
幸いです。

 

 
――――――――
■安全でオススメなイベント・セミナーを厳選しました!
――――――――
コロナの影響もありますが、
安全で厳選したセミナーやイベントの情報をお届けします。

仕事や学びを止めてしまうことは、
一番、経済にとってよくないことです。

こういった状況だからこそ、継続的に学んでいきましょう。

オンラインで参加できる講座や少人数制のイベント・セミナーもありますので、
お気軽にご参加ください。

 
●【無料】起業や経営の成功事例・最新ノウハウをお届けする
立志財団YouTubeチャンネル

●サラリーマン、OLから起業を考えている方にオススメ
「はじめての起業 成功の秘訣セミナー」

●個人事業主やこれから経営者になる後継者の方にオススメ
「起業3年目からの会社経営セミナー」

●補助金や創業融資を活用して起業される方にオススメ
「はじめての創業補助金・創業融資・優遇税制セミナー」

●事業計画を毎月、起業家同士で改善して、成果につなげる
「立志実践会」

●お金の増やし方と守り方をゲームで楽しく学ぶ
「マネープランナー講座」

●レジェンド創業者から経営の秘訣を学ぶ
「創業者倫理塾」

●「6つの不安がなくなれば あなたの起業は絶対成功する」
特別読書会

●海外ビジネスに興味ある方、海外進出を考えている方にオススメ
「グローバルリーダー交流会」

―――――――――

 
【編集後記】

立志財団では、現在「1on1」が推奨されています。

「1on1」とは、
財団会員が1対1でお話をする機会です。

内容は何でもいいのですが、
お互いのビジネスの話や、
将来的にやりたいことなどが、
話題として多いです。

志を持ってビジネスに臨んでいる方に
お話を伺うと、
やる気や元気を頂けます。

どうしても、ビジネスのお話は、
「商談」という形が多いのですが、
「1on1」もまた、とても貴重な時間です。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

あなたのビジネスの成功を、
心から祈念しております。

\ SNSでシェアしよう! /

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

執筆者紹介 執筆者一覧

ザ・ミッション編集部

ザ・ミッション編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ時代のビジネスで泣く人、笑う人

  • 会社に勤めながら副業を成功させられる方法とは

  • 一回り以上年下の女性に怒鳴られたアラフィフの話

  • 営業経験ゼロの起業家が、初年度から前年の収入を大きく超えられた理由とは

関連記事

  • 第28回 意外に見落としがちなリサーチの盲点

  • コワーキングスペース運営の方法と起業に必要なもの

  • 10年間起業できなかった私が海外ビジネスをはじめた3つの理由

  • 起業で成功するために、志とあわせて考えたいこと

  • 愛と技術で「できない」を「できた!」に

  • 成功する人の行動、習慣、特徴について