山田俊明先生に聞く「人生を変える『本当の感謝』」真我を知ることで“人は心が10割”の理由がわかる!

毎週日曜朝9時半から、FM那覇で放送中の『坂本憲彦のラジオ経営塾』。起業家の専門家、坂本憲彦がはじめての起業で成功するために大切なポイントをお届け。沖縄で起業したい人を応援するラジオ番組です。

今回は、重版も決定した人気の本『人生を変える「本当の感謝」』の著者、山田俊明様をお迎えしています。本当の自分を見つめなおすことで、ビジネスのベースである人間関係のあらゆる悩みを解決する“真我”についてお伝えしています。

こちらの音声は、Podcastよりお聴きいただけます。

動画は、下記のYouTubeよりご覧いただけます。

[surfing_su_youtube_ex url=”https://www.https://www.youtube.com/watch?v=lj9iQAipw9w&feature=youtu.be”]

 

山田 俊明

一般社団法人 SIA心のゼロ経営プロジェクト代表理事 アクスビー株式会社 代表取締役

「これからの経営は時代に左右されるノウハウよりも人間関係の構築が最重要」との信念のもと「真我(本当の自分)」という心の法則をベースとした企業経営や人財育成をサポートする専門コンサルタント。 明治大学経営学部を卒業後、野村證券やIRコンサルティング会社等を経て、40歳で起業し、アクスビー株式会社を設立。真我を体現した経営に取り組んだことで、顧客契約企業は100社を超え、創業12年目に新たに一般社団法人SIA心のゼロ経営プロジェクトを発足。真我を企業経営に普及させていくべく活動に取り組んでいる。 2020年11月 初の著書「人生を変える!本当の感謝」を自由国民社より出版。翌月12月に重版。趣味は下町の大衆酒場めぐりとエアピアノ。

 

自己紹介

中田:今日はスペシャルゲストをお迎えしております。アクスビー株式会社 代表取締役 山田俊明様です。一般社団法人SIA心のゼロ経営プロジェクト代表理事でもいらっしゃいます。そして、今ジュンク堂さんや三省堂さんで人気の本『人生を変える「本当の感謝」』の著者でもいらっしゃいます。よろしくお願いいたします。

 

坂本禰覇山田:よろしくお願いします。

 

中田:人は心が10割ということで、本の帯をご紹介させていただきます。“夫婦、両親、兄弟、上司、部下、同僚、友人など、すべての人間関係のあらゆる悩みが解決する。長年溜まった「心のごみ」を捨て、「本当の自分」に出会う。「自分の心の扱い方」の実践書”。坂本先生も禰覇さんも愛読書ということで、その辺も含めて今日はお話を伺いたいと思います。

 

坂本:山田先生とのお付き合いは7~8年になりますかね。11月に、『人生を変える「本当の感謝」』、心の在り方を解説してくれている本を出版されまして、1か月で重版が決定しました。今非常に売れている本ということで、急遽今回、山田俊明先生にラジオ経営塾にお越しいただき、この辺の経緯をぜひお聞かせいただきたいと思っています。

ではまず自己紹介からお願いいたします。

 

山田:現在アクスビーという会社を経営しています。40歳の時に起業、50歳の時に今回のテーマである“真我”本当の自分というテーマをベースとした事業をスタートし、その体験談を本にさせていただきました。今回の真我は私にとって新しい分野、事業ということになりますが、本を出版していろんな方に感想をいただいているので、これをどんどん世の中に広めていきたいと思っています。このラジオをきっかけに僕のことを知っていただければと思っています。よろしくお願いいたします。

 

人生を変える“本当の感謝”とは

 

坂本:よろしければ本の内容を教えていただけますか。

 

山田:タイトルが『人生を変える「本当の感謝」』ということで、感謝の本は今までいろいろ出されていますが、ここで書かれているのはどちらかというと、頭で捉える感謝ではなくて、心から湧きあがる本当の感謝ということなんです。

じゃあどうやって本当の感謝を体感するのかという時に、“真我”が大きなキーワードになってきます。これは何かというと、この本の監修者、佐藤康行先生がずっとおっしゃっていることなんですが、人間の心は3層構造になっていると。1つ目が顕在意識、頭とか感情とか知識とかというところですね。2つ目が潜在意識、無意識とか過去の記憶、あるいは自分では忘れている知らないくらいの遺伝子の記憶があります。3つ目がそのさらに奥の本当の自分、“真我”です。これを引き出すことによってはじめて本当の感謝が体感できるということを書いています。

なので、みなさんが考えている感謝とは少し違うかもしれません。イメージされる感謝も大事なことなんですけれど、さらにそのより深いところの本当の感謝が今回のテーマなっています。できるだけそれを具体的に、クリアに、どうやって実践するかということを詳しくお伝えした本になっています。

今回一般向けではありますが、もともとは私が起業家、経営者ですのでどちらかというと起業家・経営者に向けてメッセージを書いています。内容も一部経営者のエピソードがあり、それこそ坂本先生のエピソードも体験談の中に出てきます。本当の感謝というのはもちろん普通の人間関係にも影響しますが、会社の経営や起業に深く関係してくるのでそこも今日はお伝えできればと思います。

 

中田:感謝って、仕事でも普段の生活でも大事ということは頭では分かっているんですけどね。

 

山田:学校の道徳的な教科書とか、両親に感謝しなければならないとか、ご先祖様に感謝しなければならないとか、いわゆるそういった教えもそれはそれで素晴らしいんですけれど、実際の自分の本音とギャップが出てきてしまうとかえって辛いという経験もあります。ですから今までの知識での感謝とは、ちょっと違うというところですね。

 

中田:知識での感謝と違う、そして3層構造という話も初めてお聞きになる方が多いと思います。

 

山田:これが本当の感謝っていうのは目に見えないので、こういう場で見せられないというのはあります。一人一人が体感するしかないんですけれど、実際に体感した人が40万人以上います。30年前から佐藤先生が言われていることで、確実にこれは実証されています。しかも今、日本だけではなくて世界中で広まっています。

 

本当の自分を引き出す心の扱い方

中田:その感謝のベースにあるのが“真我”、“心の奥底の本当の自分”とおっしゃっていましたけれど、坂本先生がいつもおっしゃっている“志”、“真志命”にも共通するものがあるかと思います。

 

坂本:実は、山田先生と共著の佐藤先生の講座を私も受けたことがあります。心の底にある本当の自分というものを見つめ直すことで、自分がやりたいことは何なのかが見えてきました。この考えは素晴らしいと思います。皆さんの中に眠っている本来の自分みたいなものですかね、これを引き出す技術がこの本にいっぱい書いてあります。ちなみにその辺、どう引き出すか教えていただけますか。

 

山田:本当の自分って言葉ではいろんな本で言ってきましたが、じゃあどうやってやるの、というところがみなさん疑問で、大きなハードルでした。今回この本の第2章にその方法を書いています。

簡単に説明すると、まず“心のごみ出し”という、悩みや、モヤモヤしているものを全部一回吐き出すワークがあります。ごみ出しって日常生活では皆さん普通にやっていることですが、心の中のごみは放置しているか、溜め込んでいます。そうすると、例えば、パワハラや、車のあおり運転、DVとか、いろんな対外的な衝突に繋がります。しまいこんでいると、鬱とか、自分を責めてしまったり、対内的反応にも表れます。なので、まず吐き出すことが必要です。

吐き出す方法は2つあって、今回この本で紹介しているのは紙に書く方法です。ただの白い紙に思いっきり感情のまま書き出すということです。それを何回かやるだけでかなり心が軽くなります。

そのうえで、次は過去と向き合って、記憶を書き換えるという言い方をしていますが、その過去の出来事のとらえ方を変えていきます。あとは自分と他人の本当にいいと思うところを書き出していくとか、そういったワークをごみ出しの後にいくつかやります。

そして最後に感謝の掘り起こしをしますが、これは両親を対象にやることをおすすめしています。両親じゃなきゃダメということはないんですが、両親は私も含めて皆さんの原点だからです。ですからその原点とちゃんと向き合って、両親に感謝しなきゃいけないという頭からの感謝は捨てて、心の底から湧き上がる感謝を掘り起こしていくというワークです。

これは人によってどうしても時間がかかります。私も父との関係にわだかまりがあって時間がかかりました。でも、感謝の掘り起こしをやることによって、父親への本当の感謝が沸き上がって、父は今亡くなってもういないんですけれど、心の中でちゃんと認められたというのが大きな発見でしたし、それによってはじめて本当の自分を知ることができました。

このような方法を本の第2章でお伝えしています。紙とペンがあれば自宅で簡単にできます。ただ、ちゃんと時間をとるとか、静かな部屋でやるとか、そういう環境条件はあります。難しい場合は今後私の方でもフォローアップセミナーをやっていく予定です。

 

中田:坂本先生、感謝の大事さは分かっても、実際にどうやって向き合えばいいか分からない中で、具体的な方法が示されているこの本の役割は大きいですね。

 

坂本:普段セミナーでお話されている内容が全部盛り込まれているので、この1冊を読んでワークをするだけで、自分が本当にやりたかったことだったり、本来の自分に出会える可能性が増してきます。僕も読ませていただいて素晴らしい本だなと思いました。

 

中田:禰覇さんも読まれたということで、感想をお聞きしたいですね。

 

禰覇:本の中に書かれていることが、自分に話しかけてくれているみたいですごく読み易かったです。自分と向き合うのってちょっと怖いなというのがあって、自分にもできるのかな、変われるのかなというところが私の読み始めたときの気持ちでした。でも、本を読み終えたら温かい気持ちになって、このワークをやったらちょっと世界が開けるかもしれないって思えるようになりました。

 

山田:ありがとうございます。読んでご自身の中で変化があったということを聞いて著者冥利に尽きます。

 

あらゆる人間関係の問題を解決する“満月の法則”

禰覇:“人はみんな満月だ”っていう例えがすごくいいなと思いました。ここもできない、あの人に比べてここも劣っている、ここも直さなきゃ、完璧って何だろう、っていうのがずっとあって、自分は欠点がいっぱいあるなっていう認識だったんですよね。でも、そのままの自分がそもそも満月、欠点ではなくて満月なんだよっていう表現がすごく分かりやすかったです。その辺を詳しく聞けたら嬉しいです。

 

山田:私もそうですけれど、普段どうしても見たものそのままを捉えて、それが一つの真実と思ってしまうところがありますけれど、月でいうと三日月は実態としてはなくて、本当の姿は真ん丸なわけですよね。我々の人間関係もまったく同じことが言えます。自分自身もそうですよね。ちゃんと向き合ったときに見方が変わってくる。例えば、なんか苦手だなって思う人も、ちょっと見方を変えたら素晴らしい方だったということもありますし、自分のここがだめだって思っていたところが、実は長所になってくるということもあります。

自分の中での満月の捉えが非常に重要で、それによって人の見方が変わってきます。結果的に敵がいなくなりますよね。満月の部分はまさに佐藤先生が『満月の法則』という本も別途書かれていて、特に人間関係に重要なところなのでそこはぜひ実生活にも活かしてもらえたらありがたいですね。

 

中田:その捉え方一つで例えばビジネスだとクライアント様との関係とか、社内だと上司と部下の関係とか、すべてがいろいろ変わってきますね。

 

山田:確実に変わってきます。私自身も取引先との関係とか、夫婦関係とか、全部につながっていますから。これがちゃんと実生活で活かせるようになったら人間関係についてはほぼほぼなんの問題も出てこなくなりますね。

 

中田:坂本先生、ビジネスも人と人との関わりの中で日々動いてくるので、この本は言い換えれば究極のビジネス書でもあるということですよね。

 

坂本:僕もこの本は多くの経営者さんとか、起業家さんに読んでほしいと思っています。ビジネスの悩みはほとんどが人間関係だと思うんですよね。社内の問題であったり取引先との問題であったり。営業するにしてもお客様との人間関係ですから、ビジネスは基本全部が人間関係でできあがっています。

親子関係もその根本の部分ですよね。子供が生まれた時に親との関係が最初にできる人間関係ですから、そこをうがった見方というか、否定したりとか、そういう見方で見ていると心にごみが溜まってきます。それをきれいに1個づつ取り除いていきましょうねというのがこの真我の教えで、ぜひ多くの人に読んでほしいと思いますね。

 

中田:今この場にいる禰覇さんが、今からワークをやられるということなので、ビフォーアフターの伝道者になりえるかもしれないですね。

 

禰覇:私も自分がどんな風に変われるか楽しみになりました。

 

山田:自分のちょっとした変化に気づいたらメモをとっておくと、あとから見たときにこんなに変わっているみたいな変化が分かるので、これもまた面白いですし、楽しいですね。

 

中田:お仕事をしながらもちょっと苦しいなとか転換期だなって時に、一つの指南書として手に取っていただきたい1冊かもしれないですね。

 

リスナーの方へメッセージ

坂本:山田さんこれはどういう方に読んでほしいですか?

 

山田:私が起業家、経営者ということもあり、そういった起業家、経営者向けに書いた本ではあります。でも、人間関係は仕事の全てに関係することなので、ビジネスパーソンの方にも読んでいただきたいですね。

 

坂本:お仕事されている方は、ぜひこれ読んでいただけると見直しになると思います。相手に感謝するって普段忘れがちになるんですけれど、そこを根本の部分から見直して、ほんとの良い人間関係を作っていくというところでは、僕が自分で書きたくても書けなかった内容の本なので、うちでも参考図書にさせていただこうと思っています。

 

中田:山田先生、お聞きしたところによると重版が決まったり、セミナーの情報もあるということで最後にお知らせいただいてもよろしいですか。

 

山田:おかげさまで本の重版が決定しまして、来年1月からこの本に書かれていることを実際に体感していただくためのセミナーも東京、大阪、オンラインでやります。本を読んでからでも、読んでいなくても大丈夫ですので、ぜひ参加して体感していただきたいと思っています。

 

中田:このラジオは沖縄の放送局から放送しておりますが、県内だとジュンク堂さんや、アマゾンでも購入できますのでぜひ一度手に取っていただきたいですね。

次週も引き続き山田先生をお迎えして、経営や起業についてお伺いしたいと思います。山田先生、坂本先生、禰覇さんありがとうございました。

 

坂本禰覇山田:ありがとうございました。

次回:【第105回】坂本憲彦のラジオ起業塾「山田俊明先生に聞く「経営と感謝」の関係性とは?想いと心がビジネスの資本となる!」