1. TOP
  2. 「会社を発展させる為経営者が経営理念を浸透させるにはどうしたらよいのか」

「会社を発展させる為経営者が経営理念を浸透させるにはどうしたらよいのか」

 2016/09/03 立志財団 CHANNEL
この記事は約 4 分で読めます。 1,241 Views

「会社を発展させる為経営者が経営理念を浸透させるにはどうしたらよいのか」

~志から事業を作る~ THE MISSION CHANNEL とは

ビジネスで成功したいと思っているすべての人に向けて
長期的に発展し続けるビジネスをどのように作っていけばいいのか?自分も家族もお客様も幸せになるビジネスの作り方をお伝えします。
ぜひ、チャンネル登録していただきまして、
志から、長期的に発展し続けるビジネスの作り方を学んでくださいね!
↓↓↓
チェンネル登録はこちら

●はじめに

こんにちは、坂本です。
経営理念を浸透させるには、ということでお話していきます。
経営理念をつくったけれども、なかなか浸透しない、ということが多いと思います。経営者の方は、つくった経営理念をただのお題目にしてはいけません。浸透させることによって、自分の会社がひとつの価値観でまとまって、行動していくことができます。

 

●経営理念を浸透させるにはどうするか

一番大事なのは、経営者自身が経営理念をしっかりと理解して、経営者自身が経営理念に沿って行動していくということです。
経営理念というものを、社員を縛るためにつくるものだと勘違いされている方がいますが、決してそういうものではありません。誰が一番経営理念を守らないといけないかというと、言わずもがな、経営者自身です。まず、経営者自身が、すべての意思決定を経営理念に基づいて行っていくということです。経営者が守っていないのに、部下が守るはずはありませんので、社員に浸透させる前に、まずは自分自身が経営理念に沿って意思決定できているかどうか、を意識してください。

 

●経営理念を何度も何度も話す

経営理念に基づいて意思決定をしているということを、いろんな場で言っていく必要があります。何度も言っていく必要があります。これは福島正伸先生という、コンサルタントの先生のお話ですが、あるクライアントの方が相談に来られて、経営理念がなかなか浸透しないと言われました。「あなた、何回ぐらい言いましたか」「100回ぐらい言いました」「100回ですか?1日100回言われてるんですか」「いやいや、今までに100回ぐらいです」ということで、それぐらいではなかなか浸透しませんね、と言われたということです。
経営理念というのは、口を酸っぱく、飽きるぐらいまで、飽きても飽きても言っていく。それぐらいしないと、会社の中に浸透していくことはありません。

 

●部下にも考えさせる

自分の信念に沿った経営理念ができれば、経営者自身が何度も言っていく必要がありますし、経営者自身がそれを守って行動していく、ということが非常に大事です。部下に何か判断させるときも、経営理念に基づいて判断させる、部下自身に考えさせる、ということが大事です。「俺の意見はこうだ」と言ってしまうと、経営理念をつくった意味がなくなってしまいます。

 

●常に経営理念を目にする状態にする

名刺に経営理念を入れたり、電話の応答のときに自動音声のときに、必ず経営理念を言ってから答えるとか、経営理念を言ってから会社名を言うとか、メモ用紙の下のところに経営理念を印刷するとか、常に経営理念に接するようにありとあらゆる施策をしていって、ようやく浸透してくるので、経営理念の浸透は3年ぐらいかけてやっていくということが大事です。経営者は、それが3年かけてでもやりたいことかどうか、ということが大事です。

経営理念が浸透して、ひとつの価値観で動ける会社になってくれたら、全員の方向性が一致するので、大きな力となります。

\ SNSでシェアしよう! /

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

立志起業のススメ|はじめての起業・創業・独立のノウハウと成功事例のサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

執筆者紹介 執筆者一覧

坂本 憲彦

坂本 憲彦

プロフィール

【坂本憲彦のミッション】
「私の人生の目的は、
すべての人を真に導くことである」

ビジネストレーナー。
株式会社ナレッジアクション代表取締役。
坂本立志塾代表。

1975年和歌山県生まれ。
下関市立大学を卒業後、西日本シティ銀行に勤務。
6年間、法人・個人向けの融資・営業業務に携わる。
30歳のときに、子供の頃の夢だった起業をするために、
一念発起して東京に上京。

まったくのゼロの状態から、不動産教育事業、ビジネススクール事業、
能力開発講座、飲食業など複数の事業を立ち上げ、
グループ会社を含め最大年商5億円、スタッフ30名(外部委託を含む)を達成する。

また、スピーカーとして、起業家・経営者向けのセミナー・講演を300回以上行う。

77業種、2000名以上の起業家・経営者の方にコンサルティングを行い、成功に導いている。

2013年よりフジサンケイビジネスアイ (日本工業新聞社)が主催する
中小企業支援団体のイノベーションズアイで支援機関として活動する。

2017年に出版予定。
また、志をもった人同士がつながり新たなビジネスを生み出していく団体、
立志財団をこの秋に設立予定。

立志財団 設立準備委員会公式サイト
http://risshi-entre.org

●執筆活動:フジサンケイビジネスアイにコラムを連載「新時代の働き方」など

●講演実績:木更津商工会議所、富士ゼロックス、倫理法人会、アリコジャパンなど

●影響を受けた文献・講座・考え方
「感奮語録」行徳哲男
「松下幸之助経営塾」PHP出版
「究極の経営者養成講座」福島正伸
「真我開発講座」佐藤康行
「Date With Destiny」アンソニー・ロビンズ
「シンプル・プレゼン」ガー・レイノルズ
「THE NEW STRATEGY of jay Abraham」ジェイ・エイブラハム
「BCUビジネスクリエイターユニバーシティ」高城永地・野口洋一
「理想の職場デザイナー養成塾」原田隆史
「7つの習慣」フランクリン・コビー
「原則中心」ジェームス・スキナー
「元型心理学」エドウィン・コパード
「バースデイ・サイエンス」佐奈由紀子
「whyから始めよう」サイモン・シネック
「新30年ビジョン」孫正義
「ザ・ゴール」エリヤフ・ゴールドラット
「すごい会議」大橋禅太郎
「鳥貴族「280円均一」の経営哲学」大倉忠司
「勝ち組の人材マネジメント」毛利英昭
「経営計画は1冊の手帳にまとめなさい」小山昇
「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」ハワード・ビーハー
「正負の法則」ジョン・F・ディマティーニ
「ビジョナリー・カンパニー2・4」ジム・コリンズ
「こころを磨く言葉」安岡正篤

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたのビジネスを変える3冊の本

  • 本当にやりたいことを見つける方法

  • 弱点だらけの起業家でも、成功できる秘訣とは!?

  • 成功する起業のコツは、「弱さを克服しない」こと

関連記事

  • もっと柔らかく生きよう

  • 起業で失敗する経営者の8つの特徴

  • 起業して失敗する経営者には8つの特徴があった。ビジネスで成功するために理解しよう。

  • ビジネスでお金を稼ぐために、ビジネスの本質を知って行う方法とは

  • その仕事に自分が納得できるかどうか

  • ビジョンをつくるためのポイントと、ミッションとの違い